contents

16/06/06

【2016 ツアーオブジャパン】08 東京ステージ 内間康平 3位入賞

レース名:ツアーオブジャパン 2016 第8ステージ 東京
日付:2016年6月5日(日)
開催地:日比谷シティ前→大井埠頭周回コース
距離:<パレード1.2㎞> + <14.7㎞ + 7.0㎞ x 14周 = 112.7㎞>



内間康平が、南信州ステージに続き、東京ステージの観客も沸かせました。全力のゴールスプリントから、堂々の3位入賞です。 総観客128,000人の前での、優勝争いゴールスプリント。惜しい結果となりましたが、勝利に絡む素晴らしい走りを、東京ステージを走る内間は、常に見せ続けてくれました。



ファンと触れ合う会場も作られる、日比谷公園からスタートし、大井ふ頭を周回するという東京ステージのコースレイアウト。日比谷公園からのパレードランが終わり正式スタートを迎えると、すぐにアタック合戦となります。


積極的にチームで協力しアタックをかけたブリヂストン アンカー サイクリングチーム。「今日は絶対にやってやる」という気持ちで望んだ今日の東京ステージ、大井埠頭の周回コースに入る頃には、10名ほどの集団が逃げ始め、ここに内間康平は入っています。



「集団のペースは速いものでした。10名はみなその辺りがわかっている人たちなので、積極的に先頭交代をしながら協力し合いました」



そのまま10名の速い先頭が、最終周回直前にさらにペースを上げ、ライダーをふるい落としにかかります。長く伸びながら、残ったのは6名、集団との差は1分弱。速度を上げていた集団ですが、このコースでは30秒以上の差は難しいと読んだのか、ペースを落とします。



そしてゴール前1km、この6名が左右に振れながら、前後に動きながら明確に牽制し合い、ゴールスプリントのタイミングを狙っています。そして500m前、内間が頭を下に向け、全身を使ってペダルを踏み始めます。


しかしこのスプリントに的確に2名のライダーが反応、内間の直後に付きながら進み、そこから3名でも最後のゴールスプリントとなりました。内間は残念ながら3位となりましたが、それでも出しきったという表情を見て取れました。



(写真:TOJ2016レポート第8東京ステージより http://www.toj.co.jp/2016/?tid=100118 )


TOJを終わったチーム員も、それぞれに個別の想いはあるでしょうが、全体的に悪くない表情です。確かな結果を残せたわけではないですが、昨年よりも海外勢を脅威に感じなくなっていること。そして積極的にレースを作りあげる「攻めの走り」に、後半は徹し続けてきたこと。これら2つが、今夏のTOJ、チームを通した感想です。


このTOJで見せたチームの「攻め」の姿勢、これがブリヂストン アンカー サイクリングチームの、基本です。

BGTチーム、次のレースはツール・ド・熊野です。

【リザルト】
ツアーオブジャパン 第8 最終ステージ 東京
開催日:6月5日(日)
距離: 112.7㎞

1 サム・クローム(アヴァンティ アイソウェイ スポーツ)2:17:29
2 アルヴィン・モアゼミ(ピシュガマン サイクリングチーム)+0:00
3 内間康平(ブリヂストン アンカーサイクリングチーム)+0:00

20 西薗良太(ブリヂストン アンカーサイクリングチーム)+0:19
24 井上和郎(ブリヂストン アンカーサイクリングチーム)+0:19
37 トマ・ルバ(ブリヂストン アンカーサイクリングチーム)+0:19
47 ダミアン・モニエ(ブリヂストン アンカーサイクリングチーム)+0:19
49 初山翔(ブリヂストン アンカーサイクリングチーム)+0:19

チーム総合 ブリヂストン アンカー サイクリングチーム 3位 +4:23