contents

16/06/24

【2016 全日本選手権】6/22 伊豆大島に大移動


レース名:第85回全日本自転車競技選手権大会ロード・レース
日付:
  2016年6月24日(金)タイムトライアル2016全日本選手権
  2016年6月26日(日)ロードレース2016全日本選手権
開催地: 東京都大島町 伊豆大島

ブリヂストン アンカー サイクリングチーム(BGT)参加選手:
 ロード:井上和郎、内間康平、鈴木龍、椿大志、初山翔、西薗良太
 タイムトライアル:椿大志、西薗良太



(内間康平)


2016年ロード全日本選手権の開催です。6月24日(金)にはタイムトライアル競技、26日(日)にはロードレース競技の全日本選手権が行われます。



会場となるのは東京都、伊豆大島。来たる2020年東京五輪にあやかっての東京都全日本開催なのでは、というまことしやかな噂(ウワサです)。この島で走る車は品川ナンバーですが、東京・竹芝桟橋からのフェリーには、車は載せられないのです。



ということで、レース機材一式をまとめ、チームカーなく手持ちでのフェリー大移動となりました。これは他のチームも同様。現地ではレンタカーを借り、戦うという、海外遠征とほぼ同じ条件でのレースとなります。実際、アジアツアーを回る時と同じ装備です。



(井上和郎)


20時集合、21時積み込み、22時出航、24時消灯。



5時45分着岸、6時に豪雨。

船から降りるたった一つの出口から、すべてのチームが自転車と機材をびしょ濡れになりながら降ろします。7時に宿に到着。今回の宿はブリヂストン アンカー サイクリングチーム、BGTのみの貸し切りなので、気持ち的には大変気楽です。



全日本選手権優勝、ナショナルチャンピオンの称号は、ロードレースで身を立てんと思うものなら、誰もが手に入れたいタイトルです。一日の走りで勝負が決まるワンデーレースは、日々続くステージレースとは異なり「明日がんばろう」ができません。

それだけに、選手たちの緊張は、日々高まります。



左から:中山メカニック、水谷監督、安見マッサー、内間康平、井上和郎、西薗良太、椿大志、鈴木龍、初山翔