contents

16/06/24

【2016 全日本選手権】6/23(木)大雨と大風と調整の一日

レース名:第85回全日本自転車競技選手権大会ロード・レース


6月23日(木)。会場の伊豆大島入り直後、午前8時。外は大荒れ。大雨が降ったり大風が吹いたり、乗ると消耗しそうなコンディションです。



移動/調整日の午前中、チームはそれぞれ仮眠したり、荷解きしたり、ボンヤリしたりしています。



荷物の中から、ダミアンが『毒』と呼ぶ、こんなのを発見。



それでも明日はタイムトライアル決勝当日。出場する西薗良太と椿大志は、なんとなくそわそわしてもいます。今日のお昼というか腹ごなしの食事は、持ってきた炊飯器で炊いたあつあつご飯と、なんとなくのレトルトでホームパーティ系。自炊もレースのうちです。


その合間にバイクを準備し、



ようやく雨がおさまり風も落ち着いた午後から、それぞれ練習に出かけます。

タイムトライアル出場の2名は、コースの下見と最終調整を。



(椿大志)


(西薗良太)


ロードレース組は、軽いコース下見の後、50kmほどの伊豆大島一周ライドを行い、フェリー移動で固まったカラダをほぐします。



(左:鈴木龍、右:内間康平)


その合間に中山メカニックは、タイムトライアルのバイクチェックを行います。サドル位置とハンドル位置、それからパッドの高さ。これらポジショニングには制限があり、これを超えていないことを確認して、今日の大まかな作業は終わります。



明日はタイムトライアル決勝。午後1時22分が椿のスタート、西薗は午後2時38分のスタートです。天候は、このまま不安定な状態が続くようです。明日のタイムトライアルのコースは、基本海沿いのストレートな、1周=11.2kmコースを3周走ります。


明日も乱れ吹くだろう海風を、BGTライダー2人は、味方につけられるでしょうか。