contents

16/09/26

【MTB CJ#5 妙高大会】沢田時 レポート

CJ第5戦、妙高大会を優勝した、沢田時のレースレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大会名: CJ#5 妙高大会
開催日:   2016年9月24日
開催場所:  新潟県 妙高市 杉ノ原スキー場
カテゴリー: エリート男子
リザルト: 優勝
天 候:   曇り
コースコンディション: マッド

たった一回勝っただけでは満足できない。そう想い続けてこの2週間を過ごしてきた。
白馬での復帰戦で完璧な走りができたことで、怪我をしてからここまでの時間の使い方が間違っていないことを証明できた。そのこともあって今回はかなり落ち着いた気持ちでレースに挑むことができたと思う。より高い数値での練習をこなせていることも自信になった。白馬の前よりさらにハードな練習をしてきた自分が負けるはずがない。

唯一の不安材料はレース3日前に風邪を引いてしまったことで、鼻が詰まっている程度の症状ではあるがレースに悪影響があることは否めない。たとえライバル選手が強力であっても、追い込み切らないギリギリのペース配分を守ることがいつも以上に重要であった。

前日まで降り続いた雨の影響でコースはかなりのマッドコンディション。マッドタイヤの選択も考えたが、ライン取りを間違えなければ細めのドライタイヤで走れると判断。少しでもタイヤのグリップ力を得るために空気圧は1.5気圧まで下げた。

このコースはスタートしてから最初のシングルトラックに入るまでの距離が長く道幅が広いので、位置取り争いが落ち着かずにオーバーペースになりやすい。登り終わりで先頭に立てていればいいので、落ち着いてスタートして5番手ほどの位置につける。

コースは登りも下りも予想以上に泥でぬかるんでいて滑りやすい。タイヤ選択を間違えたかと不安になったが、後ろから観察しているとマッドタイヤを履いている選手であってもそれほどグリップを得られていないことが分かったので、とにかく少しでも泥の影響が少ないラインを見つけることに集中する。一番泥が深い区間で一気に4人を追い抜いて先頭に立ち、フィード前の最も長い登りに入る。少しペースを上げるとすぐに集団から抜け出すことができた。登り終わりで後ろを確認すると少し離れて平林選手がついてきていて、3番手以降の選手とは大きく差が開いていた。今日も前回と同様に平林選手との一騎打ちになることを把握した。泥の下りで一気に平林選手が差を詰めて追いついてくる。少し自分が泥に対して慎重になりすぎていることもあるが、平林選手が自信を持って下り区間を攻めてきていることが伝わってきた。

2周目に入って再び登りで引き離したが、ハイスピードで滑りやすい下り区間でまた差を詰められる。4周目まで同じような展開が続くが、体力的に余裕があってミスが少ない走りができているのは自分の方であるので、勝負どころさえ間違えなければ絶対に勝てるはず。レースを進めるにつれて泥の影響が少ないライン取りを新たに見つけ、自分の走りもスムースになってきた。平林選手がタイム差を詰めてくるのはコース中盤のシングルトラックのみであることが分かってきたので、勝つためにはこの区間で追いつかれないほどのタイム差を得ることが必要であると考えた。

そして5周目、まさにそのシングルトラックで後ろを走る平林選手が転倒。この勝負どころを逃すわけにはいかないので、一気にペースを上げて20秒のタイム差をつけてラスト2周へ入る。自分としてもミスが許されずプレッシャーがかかる状況であるが、前戦で勝っていることもあり落ち着いて走り続けることができていた。レースの先頭を走っている状況を心から楽しめた。そのまま逃げ切り、復帰2戦目を連勝で飾ることができた。

白馬ほど完璧なレース展開ではなかったが、勝てたことはとても嬉しい。前回はドライ、今回はマッドと全く違うコースコンディションであったが、今回は特にシクロクロスの経験が生きたレースであったと思う。

次戦に向けてはまずはしっかりと身体を回復させて風邪も完治させ、さらに練習を積んで自信を持って2週間後の一里野大会に臨みたいと思います。

応援とサポート、ありがとうございました。

BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM
沢田 時