contents

16/10/23

【2016ジャパンカップ】クリテリウム/井上がスプリント賞を獲得

レース名:2016 ジャパンカップ・クリテリウム JAPAN CUP CRITERIUM
開催日:2016年10月22日(土)
開催地:栃木県宇都宮市大通り周回コース
距離:33.75km(2.25km x 15周)

ブリヂストン アンカー サイクリングチーム 出場選手:
一丸尚伍、井上和郎、内間康平、西薗良太、初山翔


本日から始まったジャパンカップ。栃木県宇都宮市を舞台とする、実質上日本最高の観客数を誇るロードレース・イベントです。


2日間に渡るレースの1日目は、宇都宮駅からまっすぐ伸びる目抜き通りの特設コース2.25km、全15回周回するクリテリウム。コース脇には例年以上に観客が鈴なりです。「あなたも観戦かい? 観客が毎年増えてくんだよね」と、そこらで地元の方々にも声をかけられます。フレンドリーな土地柄でもあります。餃子もやっぱり美味しい。



ブリヂストン アンカー サイクリングチームにとっても、大切なレースです。本日のクリテリウムは、先に国体トラック競技、1kmTTで優勝した一丸尚伍をスプリンターに「着を狙う」(表彰台に乗る)という作戦です。



一丸尚伍(一番後ろ)



初山翔のジャパンカップ特別カラー RS9。特別なジャージには特別なカラーリングのバイクが似合います。



レースは序盤から、海外チームのトレック・セガフレードチームがコントロールしている感じです。昨年にこのクリテリウムで別府史之選手が優勝しており、今年も連覇を狙ってくるはず。



次第にスピードが上がり、4周目、8周目、12周目と3回設けられたスプリント賞を目前に、新城幸也選手(ランプレ・メリダ)がアタックし、それにもう一人の選手が乗り、後方から集団が追走します。

その追走集団のスピードに、今日もやはり前に出て引きがちだった井上が乗ってさらに加速、ひとりで前のふたりに追いつきます。



「後ろから追走がかかったんで、そのタイミングに乗って3人になって。そのままゴール前もタイミングよくモガけそうだったんで、新城選手には申し訳ないなと思いながらも獲りに行きました。せっかくですからね」

と、先に発表した引退を彩るスプリント賞を獲得します。しかしその後は今日もチームを引きました。前から撮った今日の写真にも、井上はよく写っています。



その後レースはトレック・セガフレードが、なかでも今大会で引退を表明しているファビアン・カンチェラーラ選手が積極的に前を引き、チーム一丸となって別府選手を勝たせる戦略に。それに答えた別府選手はそのままチームに守られるようにしてゴールスプリントへ、そのスピードを更に加速させ優勝。昨年に続きクリテリウム連覇となりました。

一丸は、周囲のアタックに翻弄される形となり、脚を活かしきるタイミングを逃してしまったとコメントしています。


そして表彰式です。井上は昨日の引退発表・花束贈呈に引き続き、スプリント賞の表彰にて、ステージに登壇。司会の栗村修さんに祝福されます。


栗村さん:見事なスプリントでした。

井上:いやー、「持って」ましたね、ボク。

栗村さん:あら、自分で言っちゃった。

井上:本当は狙う気なくて。新城選手逃げてましたし、他のチームも追走しているのも見えたんで。でももしかしたら、って。だったらオレ行っちゃうぞ、と思って行きました。

栗村さん:世界のロードレース界では、(アルベルト・)コンタドールが引退を撤回して、ホアキン・ロドリゲスも引退を撤回してます。どうですか、この流れ?

井上:辞めるの辞めるってことですか?(笑) なんか、あの、契約金積んで頂ければ。(会場笑)



というところで表彰式も終わり井上は、そのままジャパンカップを応援に来ているアンカーツアーのパーティ会場でご挨拶、まずは軽く本日の乾杯の音頭をとりました。



明日はもちろん、「山岳賞を狙ってます」と井上。


【リザルト】2016 ジャパンカップ クリテリウム 2016/10/22

*クリテリウム
1 別府史之(トレック・セガフレード)0:43:04
2 ジョン・アベラストゥリ(チーム右京)+0:00
3 マヌエーレ・モーリ(ランプレ・メリダ)+0:00
32 一丸尚伍(ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム)+0:04
51 井上和郎(ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム)+0:14
60 初山翔(ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム)+0:31
67 内間康平(ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム)+0:31
77 西薗良太(ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム)+2:25

*スプリント賞
4周回目 井上和郎(ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム)