contents

16/11/30

【ルックバックBGT 2016】リオ2016オリンピック ゴードン・ベンソン

2017年アンカーカタログには、ブリヂストン アンカーがサポートする選手たちの、2016年度の活躍の記事が記載されています。
2016年より、男子トライアスロンにて、ゴードン・ベンソン選手(イギリス)のバイク、RS9をサポートしています。


(2016/05/14 Triathlon Yokohama)


ゴードン選手は今年、リオ2016オリンピックに出場。イギリス「第3の男(Third man)」としてのチーム選考でした。というのも、イギリスの男子3名枠のうち、2名分は、兄弟で金/銀を狙うアリスター・ブラウンリー選手と、弟のジョナサン・ブラウンリー選手のものでした。


つまり、その兄弟勝利をサポートする選手であるという立場が、明白な中での五輪選考でした。珍しい状況です。


リオ2016オリンピックでのトライアスロン男子は、8月18日に行われました。そしてブラウンリー兄弟は、兄が史上初の金メダル連覇、そして弟が銀メダルというこれ以上にない結果となり、ゴードンは途中棄権となりました。ゴードンは、こう振り返っています。


St Moritz//Bridgestone

gordon bensonさん(@gordonleeds)が投稿した写真 -

「チームのサポートのために選ばれていましたし、ボクは彼らが金と銀を獲得できるように、できることを全力で行いました。スイムでサポートし、バイクパートでも彼らを守るという役目がありました。先の横浜で、スイムを3位で上がれたのも、そのひとつでした。自分の中で、そのスイムとバイクの実力を上げられたという結果は、とても大切なものとなりました。



(2016/05/14 Triathlon Yokohama)

当日は、ランキングが下だったため、後方からのスタートとなりました。ビーチスタートで出遅れ、スイムでは前に出ることは出来ませんでした。そしてその後、バイクパートで攻めて順位を上げたのですが、途中路面が荒れていることを忘れた場面がいくつかあり、そのうちに転倒してしまいました。これはボクのミスでした。とても残念です。

ただ、ブラウンリー兄弟は、念願の金と銀メダルを手に入れました。そしてボクはこのレースに向けて自分の実力を高められたことも、誇りに思っています。これからは、スイムをさらにアグレッシブにしていきたいと思います。そして、自分のためにレースすることで、次の東京に向けて、しっかりと積み上げていきたいと思います」

これからのゴードン選手の活躍、2017の活躍に、期待です。

GBR frame by @ratio_c, all set for Rio now and it's cool to be riding the Union Jack as well as wearing it for @TeamGB

gordon bensonさん(@gordonleeds)が投稿した写真 -


【ゴードン選手関連記事のご紹介】

STRENGTH IN NUMBERS: TRAINING WITH GORDON BENSON
 数字で読み解く強さ: ゴードン・ベンソンとのトレーニング

https://www.redbulletin.com/us/us/bullevard/an-inside-look-at-triathlete-gordon-bensons-training-secrets