contents

16/12/08

【ルックバックBGT 2016】椿大志 -- シーズンを通しチームに尽くした走り


チームの一員として、その役割を確かに果たしてきた椿大志。全日本選手権での引きは、同じように力強かった井上の影に隠れがちでしたが、粛々とした序盤から混沌の後半に向け、チーム全体のエンジンとなりました。

今年は、その役目を担うことに徹した椿。チームが表彰台に絡んだレースでは、椿が早めから上げていることが多くありました。自分のリザルト以上に、チームの勝利のために。今年チームが経験した数々の晴れやかな思いは、椿の脚にもよるものでした。



●2016シーズンの自分を振り返って

チームの一員としての役割をこなした1年でした。チームとしていい成績出せたレースで、少しだけでも力になれたかなという事が結構思い出せるので。

ただ、自分の個人の成績としては落第点かなと思います。全然勝負に絡むこともなかったので。ただ、自分として強くなった部分があるので、来年に繋げられればと思います。



●2016シーズン、最も心に残った出来事

ロード、TTの全日本タイトル、ツール・ド・グアドループ総合優勝といろいろありますが、なかでも和郎さんの今年いっぱいでの選手引退が印象に残っています。

和郎さんを身近で見てきて自分が選手としてどういう人になりたいか、どう立ち居振る舞うか、いろいろ考え(反省?)しました。


●今シーズンのチームを振り返って

チームが一つになってレースに挑んでいく、強いチームなのではなかったかと思います。
みんながそれぞれ強い分野を持っていて、作戦の幅もいろいろ持てました。



●2017年チームに向けアドバイス

皆の持ち味とキャラが生かせる戦術と雰囲気を作って、ファンも沢山つくような活動もしたらいいと思います。



<今年気に入っている写真トップ3>



理由:今年、唯一着に絡んだレースの1コマ。(全日本選手権TT)



理由:いろいろあってやっと勝てたから。(ツール・ド・グアドループ)



理由:特に無し。(全日本選手権ロード)

 椿大志