contents

17/01/25

【CX W杯ホーヘルハイデ】沢田、エリートクラス初のW杯参戦で51位

今週末、1月29日に控えたシクロクロス世界選手権を前に、オランダ・ホーヘルハイデでのW杯レースに出場した沢田時。日本最強という実力が、欧州レベルでどれぐらいの順位なのかを確かめました。

その結果、51位。沢田のレポートです。

ーーーーーーーーーーーー

大会名: UCI Cyclo-cross World Cup -Hoogerheide
開催日:   2017年1月22日
開催場所:  オランダ・ホーヘルハイデ
カテゴリー: エリート
リザルト: 51位(+4:16)
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

いよいよヨーロッパ遠征が始まった。
こちらで参戦するレースは2戦。ルクセンブルクで開催される世界選手権と、その前週に開催されるオランダでのワールドカップ最終戦である。

日本では味わえないコースの難易度とレース強度に少しでも体を慣らしておくために、世界戦の前に一度ワールドカップを走っておける意味は大きい。Hoogerheideは僕が高校生の時に初めて走った海外のレースであり、今年で5回目の参戦となる。そのためコースの特徴はよく理解しているが、今年は例年になく天候が良いために泥の路面は出現せずに、硬く地面が締まった超ハイスピードコースに仕上がっていた。
とは言っても完全なドライコンディションではなく、いくつかのコーナーは芝がめくれて非常に滑りやすくなっている。日本では突入スピードを落として丁寧にクリアすれば良いコーナーも、こちらのレースでは躊躇なく突っ込んでいかなければあっという間に置いていかれてしまう。もちろん転倒すれば身体、機材ともに大きなダメージを負うが、リスク覚悟で攻めていくしかない。

初めてのエリートクラスでのワールドカップ参戦。もっと殺気立った雰囲気かと思っていたが、意外にもスタート前には談笑してリラックスしている選手も多い。これまで僕が走ってきたジュニア、U23のクラスと比べると選手全員が国際レースに慣れていることがよく分かった。
僕自身も緊張を感じることなく、ほぼ最後尾の位置からスタート。第1コーナーではアウト側にいたため、前の選手に大きく詰まることはなく順調にコースイン。コーナー、そして直線ともにずっとアタックをかけているかのようなハイペース。僅かなミスで開いた前走者との差を埋めるのはとても難しいが、ミスを恐れてスピードを落とすのはもっと良くない。

順位は抜かれた分は抜き返すといった感じで、なかなか大きくジャンプアップはできないが、集中して走ることができていた。去年のHoogerheideでは1周目のあまりのハイペースに身体が対応できずに2周目から脚が止まってしまったが、今年はしっかりと対策を練ってトレーニングを積んできているために身体はキツイながらもレッドゾーンにはならずにきちんと動く。
特にコースの最後の長い階段セクションで集団から遅れると、その後の長いホームストレートを単独で走ることになってしまうため、スピードが上がらず脚も大きく消耗してしまうことになる。しかしこの階段セクションと、バイクに飛び乗ってすぐに全力で加速するこちらの選手の走りに対応できていたことに、自身の成長を感じた。

レース序盤は40番台の5人パックで展開できていたが、滑りやすいコーナーで僅かに開いた差を詰めることができずにこのパックから脱落してしまう。単独で走り続けるのが一番良くないので、後ろのパックが追いついてくるのを一旦待ってからレースを進めていく。身体はとてもキツイが、集中できていてレースを楽しむことができている。ゴールまで同じパックの選手と争いながら、51位でフィニッシュとなった。

ほぼミスなく力を出し切っての51位という順位に改めてワールドカップのレベルの高さを感じた。エリート初戦で完走できたことは嬉しいが、やはりもっと上の位置でレースを進めてみたいという欲が出てくる。世界戦では一つでも前の順位、パックで走れるようにしっかりと準備していきたいと思います。

日本チャンピオンジャージを着ていることは、ヨーロッパでは本当に価値のあることなんどとも感じました。ファンからの注目、そして応援の数は凄かったです。
もっともっと走りで目立てる選手になっていきたいと思います。

日本からの応援、ありがとうございました!
今週末の世界戦も宜しくお願い致します。

BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM
沢田 時

*沢田時 使用機材

バイク  ANCHOR CX6 http://www.anchor-bikes.com/bikes/cx6ceq.html

コンポーネンツ SHIMANO DURA-ACE Di2 9070シリーズ 
シューズ    SHIMANO S-PHYRE XC9

ヘルメット   Kabuto ゼナード スペシャル・チームカラー
グローブ    Kabuto SFG-1(ブラックレッド)

ウエア     Wave One クロススーツ
         
サングラス   OAKLEY  Jawbreaker(PRIZM ROAD)
        
サプリメント  SAVAS(株式会社明治)
         レース前:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
              SAVASスポーツウォーター 
         レース後:リカバリーメーカーゼリー

ヘッドバンド  HALO グラフィック プルオーバータイプ(Polka dot Black)