contents

17/03/31

【ツール・ド・とちぎ】01ステージ: 西薗のアタック叶わず

レース名 : ツール・ド・とちぎ 第1ステージ
カテゴリー : UCI アジアツアー 2.2
開催地 : 日光市〜足利市
開催日 : 2017年3月31日(金)
距離 : 106.1m
平均時速:46.7km/h


All photos: Hideaki Takagi


4月を目前にして、冬の再来かと思われるほどの低い気温。参加選手たちは防寒ウェアを着ての参戦となったツール・ド・とちぎ第1ステージ。総距離106kmのコースに訪れた総観客数は、なんと18,000人となりました。



41km地点、一つ目のKOM(山岳賞)過ぎたあたりで13名の逃げが決まります。主力チームのメンバーも揃った、逃げ切る力を持ち合わせた逃げグループです。ブリヂストン アンカー サイクリングチームからは、鈴木龍と西薗良太がいます。後ろのメイン集団から最高で2分45秒の差をつけ、そのまま勝ち逃げとなっていきました。



その逃げグループの中でも、激しい攻防が重ねられ、ゴールまで7kmほどの地点で西薗が逃げ出します。力強い単独逃げでしたが、しかしながら各チームの精鋭集団とも言えるこの先頭集団は、2kmほどで西薗を吸収。



結局ゴール直前で、牽制し合う集団の隙をついて飛び出したサルバドール・グアルディオラ・トーラ選手(チーム右京)が4秒差で先頭ゴール。2位争いのスプリントでは、鈴木はこれまでのような鋭さを見せられず、6位でゴール。勝利へと着実な動きをとったBGTチームでしたが、タイミングの歯車がうまくかみ合わず、残念な結果となった第1ステージでした。

「鈴木本来の力が発揮できなかったスプリントでした。今日はそれなりのプレッシャーがあったのかもしれません」(水谷監督)。

明日の第2ステージは、太陽も覗き、気温も上がりそうです。選手の動きも、レース展開も、激しいものとなるでしょう。

【リザルト】
ツール・ド・とちぎ 第1ステージ
2017/3/31 1st Stage Nikko - Ashikaga

1 サルバドール・グアルディオ ラ・トーラ(チーム右京)2:16'04"
2 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) +0:04
3 ベンジャミン・ヒル (アタッキ・チーム・グスト) +0:04
8 鈴木龍 (ブリヂストン アンカー サイクリングチーム) +0:04
12 西薗良太 (ブリヂストン アンカー サイクリングチーム) +0:04
43 石橋学 (ブリヂストン アンカー サイクリングチーム) +2:54
45 初山翔 (ブリヂストン アンカー サイクリングチーム) +2:54
55 大久保陣 (ブリヂストン アンカー サイクリングチーム) +3:02
67 ダミアン・モニエ (ブリヂストン アンカー サイクリングチーム) +3:02