contents

17/05/18

【2017パラサイクリング選手権 トラック】初めての屋外、初めての雨


レース名:2017日本パラサイクリング選手権・トラック大会
開催日:2017年5月13日(土)
開催地:宮城県自転車競技場

Photo: Junya YAMAUCHI

ブリヂストン アンカーの自転車に乗り世界を目指すパラサイクリングの選手たち。その彼らが日本パラサイクリング選手権・トラック大会に出場しました。開催地は宮城県自転車競技場、男女エリートクラスのトラック全日本選手権と場所と時期を同じくしての開催となりました。

日本パラサイクリング選手権が行われたのは、5月13日(土)。ブリヂストン アンカーの仲間から出場したのは先にもご紹介した、相園健太郎選手、川本翔大選手、藤井美穂選手の3名。

それぞれのリザルトとコメントを紹介します。


==================================


*パラサイクリング 500mタイムトライアル-決勝

  1 藤井 美穂 [WC2] (楽天ソシオビジネス株式会社) 52.430 34.33 1

【藤井選手のコメント】


500mは、自己新記録が出なかったので、ちょっと残念でした。自己記録は50秒703、今日は52秒430なので、2秒ほど遅かったですね。

雨も降っていましたし、屋外コースということでちょっと怖かったんですが。でも、雨のお陰で、脚が回る感じがしましたね。風もなかったですし。このまま、3km個人パーシュートでも、風がない状態が続いてくれれば、これ以上雨が振らなければいいなと思っています。



4月の合宿のころから、けっこういい感じに調子も出来上がってきています。特に今年に入って1週間程度の長めの合宿ができるようになったので、学んだこと、練習がしっかり身についています。この調子でさらにタイムを上げていけるといいですね。


==================================


*パラサイクリング 1kmタイムトライアル-決勝

  1 藤田 征樹 [MC3](日立建機株式会社) 実測1:17.076(係数100.00)タイム 1:17.076
  2 相園健太郎 [MC2] (全日本空輸株式会社) 実測1:23.619(係数 96.54) タイム 1:20.726
  3 川本 翔大 [MC2](大和産業株式会社)実測1:24.227(係数 96.54)タイム 1:21.313

*注:パラサイクリングには、障害の度合いによって変わる係数があります。実測のタイムにその係数を掛け、出た数値で順位を競います。


【相園選手のコメント】



今日は初めての外のバンク、雨という天候、そしてこの低い気温。すべての条件が初めてでなれないものばかりだったので、コンディションづくりもうまくできませんでした。機材もフロントホイールにバトンホイールを履くと、風に煽られたりするのでノーマルのホイールに変えたりといったものを体感したり。そのため、1kmでは自己ベストから6秒落ちの1分23秒台。いろいろと厳しかったです。



3km個人パーシュートも4分半以上かかってしまって、タイムは全然伸びていかなかったですね。完全燃焼といった感じではないのですが、今後、屋外の会場で走るときの経験になったかなとは思いますね。


==================================


*パラサイクリング 個人パーシュート-決勝

1 藤田 征樹 [MC3](日立建機株式会社)実測3:53.885(係数100.00)タイム3:53.885
2 川本 翔大 [MC2] (大和産業株式会社)実測4:14:057(係数96.54)タイム4:05.267
3 相園健太郎 [MC2] (全日本空輸株式会社)実測4:46.984(係数96.54)タイム4:17.746
4 藤井 美穂 [WC2](楽天ソシオビジネス株式会社)実測5:24.943(係数85.01)タイム4:36.234


【川本選手のコメント】


今日の走りは、悪くもなく良くもなく。つまりまあ、良くないということなんですけれども(笑)。

この会場は、自分も初めての屋外だったので、楽しみ半分、怖さ半分といったところでした。そして実際に走ってみると、タイム的に納得いくものが全然出ませんでした。

ただ、ここでの記録はこれからのひとつの参考基準になる数値だと捉えています。これを機会に、屋外バンクでも自己ベストを出せるように、と思っています。



いま乗っているフレームは、少しずつ自分のものになっていく感じがいいですね。これのお陰でこの間のロサンゼルス(パラサイクリング トラック世界選手権)でもメダルが取れたなと思います。これからもまた、よろしくお願いいたします。


【藤井選手のコメント】


3km個人パーシュートは、自分としては今日の全力を出し切れたと思うので、悔いはありません。それに、雨の中で走るのも初めてでしたが、がんばれたんだなと思いました。雨でも走れたという経験が、これからの自信にもなると思います。


==================================