contents

17/05/28

【ツアー オブ ジャパン2017】07:伊豆 スタートから逃げ続けた初山とモニエ

5月27日(土)に静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンターで行われた122kmの第7ステージ伊豆。ダミアン・モニエと初山翔がスタート直後から先頭を引き続るも最後に力負け、5、6位となりました。



レース名:NTN presents 20th Tour of Japan ツアー オブ ジャパン
UCIカテゴリー:2.1
開催日:2017年5月21日(日)〜28日(日)
第7ステージ 静岡県伊豆市 日本サイクルスポーツセンター 5月27日(土)
距離:122km

photos: Hideaki TAKAGI

2020年にはトラックレースとMTBの五輪会場となる、伊豆・修善寺の日本サイクルスポーツセンターを舞台とする伊豆ステージ。残す最終東京ステージがすべて平地のスプリンター向けコースとなるため、総合に向けた大きな勝負はこのステージで決まるとも言われています。パレード走行がなく、スタートと共に勝負が始まります。



「今日の作戦は、西薗が上位をキープすること、初山が後ろに行きすぎないように、とのことでしたが、蓋を開けてみれば初山は、後ろに行くどころかスタート直後からダミアンと4人の逃げを作っていきました」(水谷監督)

初山とモニエを含む逃げは、レース中盤、全10周中5周目最大4分にまで集団との差を広げました。後方の集団は、総合順位に絡む選手がいないとのことで、この逃げを容認する方向でしょうか。



伊豆・修善寺サイクルスポーツセンター内のコースは、集団でスピードを上げられる箇所が限られてくるため、実は逃げている選手に有利に働くことが多いコースです。それを見越したか、8周目に集団から2名の選手がアタックをかけ前方グループを捕らえにかかります。

それとほぼ同タイミング、2周を残して逃げの4名からマルコス・ガルシア選手(キナンサイクリングチーム)がアタックしグループは崩壊。反応しきれなかった初山とモニエは後方に取り残され、そのまま追走にも抜かれ5、6位に終わりました。



(ダミアン・モニエ)


「とはいえ、前半から逃げる行為には、計り知れない恐怖があります。しかしここしか勝負できないところで勝負する、その勇気を評価したいと思います。成績にはつながらなかったですが、こういう走りを続けることが、勝利につながります。その努力を続けることが大切だとも思っています」(水谷監督)



「今TOJで初めて着順だけを狙って走ったステージ。かなりいい感触で勝負するも最後は力負けして6位でゴール」(初山のFACEBOOKより)


そして明日、最終の東京ステージに挑みます。


【リザルト】 第7ステージ伊豆 122.0m

1 マルコス・ガルシア(キナンサイクリングチーム)3:30:53
2 クリス・ハーパー(アイソウェイ・スポーツ・スイスウェルネス)+1:39
3 マルコ・カノラ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)+1:52
5 ダミアン・モニエ(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+3:08
6 初山翔(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+3:54
21 西薗良太(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+4:25
36 鈴木龍(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+13:51
54 石橋学(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+15:27
56 大久保陣(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+15:27

個人総合成績
1 オスカル・プジョル・ムニョス(UKO)16:45:48
2 ハミッド・ポルハーシェミー(TST)+1:42
3 ネイサン・アール(UKO)+1:52
13 西薗良太(BGT)+4:15
29 ダミアン・モニエ(BGT)+22:07
32 鈴木龍(BGT)+24:09
36 初山翔(BGT)+28:28
40 大久保陣(BGT)+33:24
44 石橋学(BGT)+38:41


個人総合山岳順位 第7ステージ終了時点
1 初山翔(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)41点


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー