contents

17/05/29

【ツアー オブ ジャパン2017】08:東京/初山が山岳賞、大久保がステージ3位


レース名:NTN presents 20th Tour of Japan ツアー オブ ジャパン
UCIカテゴリー:2.1
開催日:2017年5月21日(日)〜28日(日)
第8最終ステージ 東京都千代田区〜大田区  5月28日(日)
距離:112.7km

photos: Hideaki TAKAGI



ツアー・オブ・ジャパン、8日間のステージを締めくくるのが東京ステージ。帝国ホテル前の日比谷公園をスタートしパレードラン、大井ふ頭での7km周回コースで勝負を決めます。この日の観客動員数は11万2000人だったと発表されています。

このステージで大久保陣が3位に入り、初山翔は総合山岳賞を獲得、また西薗良太が総合成績で日本人最上位となりました。



レース序盤は、各チームのアタックが繰り返されますが、集団はそれをすぐに吸収します。中盤過ぎにようやく11人の逃げが完成。ここに、初山翔、大久保陣の2選手が乗りました。



「チーム同士の闘いで全体が消耗したところの多めの逃げが決まった。人数が多いですから、集団が追うのも難しい。去年もこのコースでは先頭は逃げ切っているので、翔にはなるだけ陣を引いて貯めるように指示をしました」(水谷監督)



(大久保陣)


そのまま前方の11名の逃げは、最終周まで集団に追いつかれることはありません。このまま逃げ切りになるのか、というラスト3km地点で、ヨン・イラストルサ選手(バーレーン・メリダ)が飛び出し、それを追った阿部嵩之選手(宇都宮ブリッツェン)がそのままの順位でゴール、その後ろで大久保が3位となりました。



「逃げている最中は、初山がずっと自分のことをアシストしてくれてて。このまま行けば最後勝てるかなと思ったんですけど、2人が前に行っちゃってから、残された後ろは互いに牽制に入ってしまって、2人を行かせてしまいました。。。まあ悔しいですけれど、そこまでの展開としては、よかったと思っています」(3位・大久保陣)


「結局ロードレースの6日間はすべて逃げた。今日もむきになって逃げに乗ることができた。チームのスプリンターの大久保陣のためにも走り、彼が3位に入って嬉しい。今回当初は山岳賞狙いではなかったが京都で取れたことから目標をこの山岳賞にスイッチした。このタイトルは自分のキャリアにとって重要になると思います」(総合山岳賞・初山翔)


「今日のレースは今まで走ってきた東京ステージの中で一番激しいものだった。チーム右京の総合成績が逆転される可能性のあるような重要な逃げが何度かできていた。大会参戦にあたって富士山の上位者のタイムはグランツールで活躍できるくらいのものであり、自分はそこまで届かないからステージを狙うことにしていました」(日本人選手総合最上位・西薗良太)


「TOJ全体的に、目標であった区間優勝は達成できませんでしたが、それ以上にみながきちんと走ったことを評価したい。レースは毎回勝てるものではないですから。これから熊野、コリアと続き、全日本までこの調子を保てればと思っています」(水谷監督)

【リザルト】第8ステージ東京 112.7km

1 ヨン・イラストルサ(バーレーン・メリダ)2時間14分47秒
2 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)+0:00
3 大久保陣(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:05
13 鈴木龍(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:05
20 西薗良太(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:05
55 ダミアン・モニエ(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:29
57 石橋学(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:47
64 初山翔(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+1:02

総合順位
1 オスカル・プジョル(チーム右京)19:00:52
2 ネイサン・アール(チーム右京)+1:40
3 ハミッド・ポルハーシェミー(タブリーズ・シャハルダリ・チーム)+1:42
12 西薗良太(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+4:03
29 ダミアン・モニエ(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+22:19
30 鈴木龍(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+23:57
36 初山翔(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+29:11
38 大久保陣(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+33:08
43 石橋学(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+39:08


個人総合山岳賞
1位 初山翔(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)41点


ーーーーーーーーーーーー