contents

17/06/16

【ツール・ド・コリア】02 モニエと初山が逃げに乗り、初山が6位に


レース名 : ツール・ド・コリア (Tour de Korea)
カテゴリー : UCI 2.1
開催期日 : 2017年6月14〜18日
開催地 : ステージ2 Gunsan › Muju
距離 : 156.8km
ブリヂストン アンカー サイクリングチーム 参加選手:
大久保陣、面手利輝、鈴木龍、初山翔、堀孝明、ダミアン・モニエ

photos from : Tour de Korea Official photos http://www.tourdekorea.or.kr/tdk2017/elite/index.asp



ステージ2は山岳ステージ。厳しい山岳賞が2回あるコースレイアウトで、全般に登坂では厳しい展開が予想されていました。

そこにダミアン・モニエが序盤に決まった大きな逃げを逃さず捕まえました。昨日に続き5名のグループで、前半のレースを先導します。そのまま逃げは続き後半、初山翔を含む9名が後方のメイン集団から抜け出し、この5名を捕まえて14名の中程度グループとなります。ここから終盤にかけていくつかもみ合いがあって結果、19名のグループが勝ち逃げとなりメイン集団を大きく引き離しました。



「初山のこの動きは、去年なら見られなかったものです」と水谷監督は評価します。「今年は、ツール・ド・アゼルバイジャンあたりからそういった逃げを見極めるセンスというか、そういったものが磨かれ、実行されているように感じます」

そしてゴール前6km地点で、韓国の選手が1人で逃げ出します。この逃げをどう見たのかグループは一時泳がせながらも静観し、気がついたときには時既に遅し、その「かならず勝つ」という気迫のこもった走りでステージ優勝を獲得しました。2位集団は2位スプリントとなり、ここでオールラウンドに動ける初山が6位を獲得しました。



モニエの成績は総合4位となり、初山が9位。ただ全てが数秒でのタイム差内での出来事、順位は簡単にひっくり返る可能性があります。ボーナスタイムという地道な積み重ねが順位を上げていく、昨日のレポートで水谷監督が指摘した事柄が、まさに目の前にあります。

残す3ステージ、BGTチームはどう戦うのでしょうか。残念なことに面手利輝がこのステージでリタイア。序盤にかけた上り坂でアタックでかえって脚が売り切れてしまい集団より遅れていた所、周囲の選手たちがつぎつぎと落車しリタイア。面手ひとりで100km先のゴールを目指していた所、タイムアウトとなった模様です。



【リザルト】

2017/6/15 - Tour de Korea (2.1) Stage 2 - Gunsan › Muju (156.8k)

1 MIN Kyeongho Seoul Cycling Team 3:41:26
2 GIDICH Yevgeniy Vino - Astana Motors +0:04
3 AVILA Edwin Team Illuminate +0:04
6 HATSUYAMA Sho Bridgestone Anchor Cycling Team +0:04
11 MONIER Damien Bridgestone Anchor Cycling Team +0:04
31 SUZUKI Ryu Bridgestone Anchor Cycling Team +1:55
84 OKUBO Jin Bridgestone Anchor Cycling Team +9:32
110 HORI Takaaki Bridgestone Anchor Cycling Team +20:53
DNF OMOTE Toshiki Bridgestone Anchor Cycling Team -

[総合成績 GC] Stage 2

1 MIN Kyeongho Seoul Cycling Team 9:05:59
2 GIDICH Yevgeniy Vino - Astana Motors +0:08
3 AVILA Edwin Team Illuminate +0:10
4 MONIER Damien/ダミアン・モニエ Bridgestone Anchor Cycling Team +0:13
9 HATSUYAMA Sho/初山翔 Bridgestone Anchor Cycling Team +0:14
22 SUZUKI Ryu/鈴木龍 Bridgestone Anchor Cycling Team +2:05
75 OKUBO Jin/大久保陣 Bridgestone Anchor Cycling Team +9:42
107 HORI Takaaki/堀孝明 Bridgestone Anchor Cycling Team +21:03