contents

17/06/16

【ツール・ド・コリア】03 鈴木がスプリントポイントを稼ぎ、前進


レース名 : ツール・ド・コリア (Tour de Korea)
カテゴリー : UCI 2.1
開催期日 : 2017年6月14〜18日
開催地 :6月16日  ステージ3 Muju › Yeongju
距離 : 167.8km
ブリヂストン アンカー サイクリングチーム 参加選手:
大久保陣、面手利輝、鈴木龍、初山翔、堀孝明、ダミアン・モニエ

photos: Tour de Korea Official

今日もゴールスプリントでの勝負となりました。レース前半から、いくどもアタックが繰り返され、そのたびに潰されるという状況を繰り返していました。タイム差が数秒という僅差のレースとなったので、うかつに逃げは容認しない方向のようです。

そして中盤になり、5名ほどの逃げが成功しました。その中に鈴木龍が入っています。後半に入るまでなんとか追いつかれずにいたのですが、やはり今日は集団の意思は強くほどなく吸収。その逃げている感に、鈴木はスプリントポイントを獲得、ボーナスタイムを稼いで少しでも順位を上げる方向です。



というのも、今回は総合優勝が目的ではないのですが、総合順位25位までの選手は、UCIポイントを獲得できます。世界舞台を目指すロードバイク選手にとって、UCIポイントがある、というのはある意味世界に向けたパスポートのようなもの。UCI公認レースの出場や年間ランキングなど、さまざまな場面で選手は、そしてチームはUCIポイントの有無とその数を問われます。そのため、ロード選手であるならまずは獲得しておきたいのがUCIポイントなのです。

ひとつでも上の順位となれば、ポイント数も多くなる。スプリント、山岳ポイントに重きを置く戦略を取っている理由は、そこにあります。UCIポイントに関して詳しくは、ツアー・オブ・ジャパン(日本で最も多くUCIポイントを獲得できるレス)の基礎情報紹介ページをご参照ください。http://www.toj.co.jp/?tid=100450


スプリントポイントを獲得した鈴木の走りが映っています。

そして最終的にゴールスプリントに。ですがラスト2km、初山翔が落車に巻き込まれてしまいます。大事には至らず、またゴール前2kmということで、同タイムゴールとみなされました(ステージの着順は、ゴール順となるため後方に)。総合順位は、ダミアン・モニエが4位、初山はモニエから1秒遅れで10位となっています。まさに数秒で順位が大きく入れ替わります。総合トップと4位のモニエとの差は、たったの8秒。残り2ステージ。勝負の行方は、全く想像がつきません。


ゴール前2km,落車を喫した初山の姿、そしてゴールスプリントの模様が映っています。


【リザルト】
2017/6/16 - Tour de Korea (2.1) Stage 3 - Muju › Yeongju (167.8km)

1 SUNDERLAND Scott IsoWhey Sports SwissWellness team 3:45:00
2 JONES Brenton JLT Condor +0:00
3 SEO Joon Yong KSPO +0:00
32 OKUBO Jin/大久保陣 Bridgestone Anchor Cycling Team +0:00
33 SUZUKI Ryu/鈴木龍 Bridgestone Anchor Cycling Team +0:00
41 MONIER Damien/ダミアン・モニエ Bridgestone Anchor Cycling Team +0:00
108 HORI Takaaki/堀孝明 Bridgestone Anchor Cycling Team +3:32
109 HATSUYAMA Sho/初山翔 Bridgestone Anchor Cycling Team +0:00


[総合順位] ステージ3 

1 MIN Kyeongho Seoul Cycling Team 12:50:59
2 GIDICH Yevgeniy Vino - Astana Motors +0:08
3 AVILA Edwin Team Illuminate +0:10
4 MONIER Damien/ダミアン・モニエ Bridgestone Anchor Cycling Team +0:13
10 HATSUYAMA Sho/初山翔 Bridgestone Anchor Cycling Team +0:14
18 SUZUKI Ryu/鈴木龍 Bridgestone Anchor Cycling Team +2:02
70 OKUBO Jin/大久保陣 Bridgestone Anchor Cycling Team +9:42
109 HORI Takaaki/堀孝明 Bridgestone Anchor Cycling Team +24:35