contents

17/06/26

【2017年全日本選手権】ロードレース:鈴木龍4位、失意のBGT

レース名 : 第86回 全日本自転車競技選手権大会ロード・レース
開催期日 : 2017年6月25日(日)
開催地 : 青森県 階上町
距離 : 210km
ブリヂストン アンカー サイクリングチーム 参加選手:
石橋学、大久保陣、面手利輝、鈴木龍、西薗良太、初山翔、堀孝明



年に一度、その年度の全日本チャンピオンを決定する、1位の優勝のみが価値を持つ大会、それが全日本選手権です。出場できるのは、日本国籍を持つ選手のみ。ダミアン・モニエを除いた7名のBGT選手が出場します。

2日前のタイムトライアル競技では西薗良太が優勝、全日本チャンピオンのタイトルを2年連続で獲得しました。そして本日のロードレース競技は、昨年は初山翔が優勝、全日本チャンピオンのタイトルを保持していました。



(初山翔)


ですが、今年はそのタイトルを逃しました。結果からいうと、鈴木龍の4位が最高位。そして完走は鈴木と石橋学(12位)の2名のみ。順位だけを見ると残念な結果となってしまいましたが、チームは全力で、なすべきことを行いました。

最大の優勝候補だった私たちブリヂストン アンカー サイクリングチームでしたが、描いていた作戦はリアルスタート直後、レース開始から10分ほどで大きく崩れてしまいました。



午前8時のスタートは、青森県階上町(はしかみちょう)町長が先導するパレードランから始まります。そして実際のスタートとなる10分後、その直後の下りのコーナーで堀孝明が転倒し数名の選手を巻き込んでしまいますが、その中に、初山、大久保陣らが含まれていました。

初山はその転倒で鎖骨を骨折、堀とともにレースリタイアを余儀なくされます。

落車の中でホイールを壊してしまった大久保は、すぐさまホイールを交換。チームカーのカーペーサーで最後尾から集団まで復帰しましたが、そこで体力をほぼ使い切りペースを落とし、レースを降ろされました。



(大久保陣)


今回のコースは15kmほど、2度の急な登攀と下りを含む高低差の大きなものでした。チームプレーというよりも、周を重ねるごとに力の尽きた選手がレースから降ろされていく『サバイバルレース』になると予想され、事実そのとおりとなります。

序盤から3名の選手を、しかも今回のエースであった初山を失ったBGT。残された鈴木龍、西薗、石橋学、そして面手利輝の4名は、それぞれに勝利を願った働きを見せます。

しかし、まず献身的に3名を引くべく走った面手が中盤に力尽きリタイア。そして登りでのアタックに反応し続けた西薗が、途中熱中症にて体調を落とし、終盤直前に大幅にタイムを落としてリタイア。



(鈴木龍)


鈴木は中盤から積極的に先頭での逃げに乗り、レース展開を率いて行きますが、一方で石橋は後方集団から抜け出せず、鈴木のサポートが出来ません。

調子の上がり続ける鈴木の脚と走りでも、先頭に居続けたことで少しずつ消耗していきます。


レースは残り3周を残して抜け出した畑中勇介選手(チームUKYO)が、後方との差を縮めることなく独走でゴール、初の全日本チャンピオンを獲得しました。2位争いのゴールスプリントに鈴木龍は挑みますが、後方から何度も浮上してきた別府史之選手(Trek Segafredo)に追いつくことが出来ず、4位に甘んじました。

昨年の大いなる喜びとは真逆の、失意の全日本選手権となりました。

このレースでは、優勝を逃した選手、すべてが敗者です。ブリヂストン アンカー サイクリングチームの選手、それぞれのレース後の声を拾いました。


初山翔(1周目にリタイア)
「調子は良かったし、コースも僕向きだったと思うし、本気で狙っていただけに残念です。僕にはこれしか言えません」


堀孝明(1周目にリタイア)
「左コーナーを曲がり切れず、オーバースピードで膨らみ、コースアウトしました。初山さんを始め、色んな選手を巻き込んでしまい、申し訳ない気持ちです」


大久保陣(序盤にてリタイア)
「力不足でした。最初にアクシデントはありましたが追いつけたので、そこから自分に力があれば、最後まで残れたと思います。その点で力が足りなかったということだと感じています」



面手利輝(中盤にてリタイア)
「エースの初山さんがいなくなったのは大きなアクシデントでした。陣さんもそのアクシデントに巻き込まれ、とたんに人数が減ってしまいました。そこで、龍と西薗さんで勝負できるように、自分は彼らのサポートを担って走りましたが、力不足でした。もっと力をつけて、来年は全員で、このレースに帰ってきたいです」



西薗良太(終盤にリタイア)
「最初からいきなりのトラブルで、かなり嫌な感じになったのですが、気を取り直して、僕、龍、学を軸に戦おうと切り替えました。

途中、小競り合いを繰り返しながらやっていましたが、龍の入った良い逃げができて、それを追走する形で本格的な動きが始まりました。

そのときにクライマー系の選手が動き出し、オーバーペースで集団が分裂しました。僕も反応したんですが、何度か繰り返すうちに反応できなくなりました。そのあたりから体調がおかしくなり、軽い熱中症だったのか、取り残されてしまいました。

結果としては残念ですが、正直チームとしてはやることはやったかな、と思います。いままでいろんな練習や我慢をしてきたことが、一つの形となったレースでもあったので、一方で清々しい思いもあります」


石橋学(12位)
「終盤は動きづらかったです。最後は(スプリントに長ける)龍で行ったほうがいいと思ったていたので、それを狙いましたが、途中から動くに動けない展開になってしまいました。やっぱり1位じゃないと、意味がありません。自分のコンディションは悪くなかっのですが、でも全日本は勝つしか勝ちではないので、次を狙うしかないですね」



鈴木龍(4位)(右)
「このレースは、勝つ以外になかったので、悔しいです。チャンピオンジャージをまた来年、チームに取り返すため、これからのひとつひとつのレースを大事に、がんばっていこうと思います。(それでも今日、最もがんばっていたが、との声に)でも結果は付いてきませんでした。足りなかったです」



安見(マッサー)
「今日は、とても忙しいレースだったと思います。やり残したことはないか、常に考えて動いており、そしてやりきった感はあります。で、その上の結果だと思うので、何も言うことはありません。明日は、ぐっすり寝たいと思います」



水谷監督(左端)
「残念です。本当に残念です。ただ、みんながやれることを行ったのは確かです。次の目標を目指し、前に進んでいきます」



【リザルト】 2017/6/25 全日本自転車競技選手権大会ロード・レース

1 畑中勇介(Team UKYO)5:32:46
2 別府史之(Trek Segafredo)+1:43
3 木村圭佑(シマノレーシング)+1:44
4 鈴木龍(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+1:44
12 石橋学(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+2:06
-- 西薗良太(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)DNF
-- 面手利輝(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)DNF
-- 大久保陣(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)DNF
-- 初山翔(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)DNF
-- 堀孝明(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)DNF