contents

17/10/11

【ツアー・オブ・イラン2017】 第3ステージ ダミアンが逃げ、鈴木が5位に

レース名 : ツアー・オブ・イラン Tour of Iran
カテゴリー : UCI Asia Tour 2.1
開催地 : Iran, Tabriz Azerbaijan.
開催日 : 10月8~13日 全6ステージ
8日  Stage 1, Tabriz ~ Urmia. 144.1km.
9日  Stage 2, Urima ~ Aras. 209.4km.
10日 Stage 3, Aras ~ Tabriz. 155.1km.
11日 Stage 4, Tabriz ~ Sarein. 196.2km.
12日 Satge 5, Sarein ~ Tabriz. 191.7km.
13日 Stage 6, Tabriz ~ Tabriz. 114km.
総距離 1010.5㎞

【レース解説】 10日 第3ステージ、 Aras ~ Tabriz. 155.1km.

今日のステージはこれまで続いたきつい山岳ポイントはなく、比較的に穏やかなレイアウト。ブリヂストン アンカーとしての作戦は、前半の大逃げに気を付け、そして後半のアタック合戦に集中すること。

レーススタートからアタックの応酬が繰り返されるが、今日は集団が大きく2つに割れやすく、気が抜けない状態が続く。



途中ダミアン・モニエがスローパンクで車輪を交換するが、メカニック中山の素早い対応で無事に集団復帰。レース40km地点を過ぎた辺りで、4人の逃げが決まり、タイム差は最大4分30秒迄に広がる。

ただ総合成績上位の選手は逃げておらず、リーダーのVINOチームは余裕を持って集団をコントロールする。そしてスプリンターを擁するチームも逃げ集団の追走に加わり、タイム差を縮める。



(ダミアン・モニエ)


ラスト20kmで1分30秒程のタイム差、完全に射程距離内に入った山岳ポイントで、イラン選手が渾身のアタックを決め、それと同時に集団は活性化した。アタック合戦が始まりブリヂストン アンカー勢も総攻撃する中でダミアンが絶妙なタイミングでアタックを決め、集団とのタイム差を20秒程まで開く。

イラン選手が独走、その後ろをダミアン、そして20秒後にメイン集団という状況。しかし惜しくもダミアンはラスト500mで集団に捕まり、表彰台を逃す。優勝はタブリーズチームのサファザデ選手、鈴木龍が集団スプリントで健闘してステージ5位でゴール。(水谷監督)


(石橋学)


【ステージ結果】

1位, SAFARZADEH Saeid, Tabriz Shahrdary Team. 4h02:30’’
2位, YATES Theodore, Drapac Pat`s Veg Holistic Deve. +28’’
3位, GANJKHANLOU Mohammad, Pishgaman Cycling Team. +28’’
5位, SUZUKI Ryu/鈴木龍, BRIDGESTONE ANCHOR. +29’’
24位, MONIER Damien/ダミアン・モニエ, BRIDGESTONE ANCHOR. +29’’
47位, HATSUYAMA Sho/初山翔, BRIDGESTONE ANCHOR. +29’’
48位, ISHIBASHI Manabu/石橋学, BRIDGESTONE ANCHOR. +29’’
49位, ARASHIRO Yudai/新城雄大, BRIDGESTONE ANCHOR. +29’’

【総合成績】
1位, VOLOSHIN Alexey, Vino - Astana Motors. 11h40:18’’
2位, DAVIDENOK Ilya, Tabriz Shahrdary Team. +4’’
3位, RUIJGH Rob, Tarteletto - Isorex. +4’’
23位, HATSUYAMA Sho, BRIDGESTONE ANCHOR. +1’25’’
25位, MONIER Damien, BRIDGESTONE ANCHOR. +1’29’’
38位, ISHIBASHI Manabu, BRIDGESTONE ANCHOR. +18’50’’
45位, SUZUKI Ryu, BRIDGESTONE ANCHOR. +21’12’’
53位, ARASHIRO Yudai, BRIDGESTONE ANCHOR. +21’12’’