contents

17/10/11

【記者発表】ブリヂストンが2020東京五輪トラック短距離競技自転車サプライヤーに


10月10日、ブリヂストンサイクルが日本代表自転車競技チームがトラック短距離競技で使用する自転車の供給に向けて共同で開発を進めることを発表しました。

ブリヂストンサイクルがフレーム開発を行うのは、トラック競技の種目、ケイリン、スプリント、チームスプリントの3種目です。2020年の東京で、日本ナショナルチームのトラック競技短距離種目では、ブリヂストンのフレームが使われることになりました。


発表会に登壇したのは、こちらの3名です。

日本自転車競技連盟(JCF) 橋本聖子会長(左)
ブリヂストン 西山麻比古 執行役副社長(中)
ブリヂストンサイクル 関口匡一 社長(右)

そしてこの3名をサポートする形で、


中野浩一  選手強化委員長(右)
ブノア・ヴェトゥ  トラック競技ヘッドコーチ(中)

の2名がJCFより参加。それぞれに今契約に関する言葉を述べました。


日本自転車競技連盟(JCF) 橋本聖子会長 (概要)

「東京開催ということもあり、日本が世界に誇るブリヂストンさんのノウハウや、連携強化のお願いを、ヴェトゥコーチ、中野強化委員長と共にあらゆる問題点の解決に取り組み、このように契約の記者会見を行う運びになりました。

機材はブリヂストンさん。エンジンとなるのは私たちJCFのものとしまして、オールジャパンとなって、2020を目指すチャンスだと思っています。より素晴らしい自転車の普及活動を2020を通過点として進めていきたいです。皆さまに感動を与える自転車競技を目指してまいりますので、よろしくお願いいたします」



ブリヂストン 西山麻比古 執行役副社長 (概要)

「ブリヂストンは世界150カ国以上で事業を行うタイヤ会社に成長いたしました。そして国際オリンピック委員会の、ワールドワイドパートナー13社のうちの1社となりました。また東京2020パラリンピックではゴールドパートナーという位置づけです。『Chase your dream』、夢に向かって挑戦する、といった意味合いになりますが、その取り組みを進めてまいります。

2017年1月に、『ブリヂストンサイクルで日本ナショナルチームの自転車を開発してもらえないか』という声がけを頂き、関係者が集まり1ヶ月以上かけ議論した結果、日本代表自転車競技チームのトラック短距離競技で使用する自転車の供給を行うことになりました。

日本の技術を持って、日本のチームをサポートする、ということを本当に嬉しく思い、ブリヂストングループが総力を結集して、新たな競技用自転車を開発していきます。既に、ヴェトゥ ヘッドコーチとの話のもと、順調に開発が進んでいます。ご期待いただきたい」



ブリヂストンサイクル 関口匡一 社長(概要)

「トラック競技短距離用の自転車を開発するにあたり、3つの技術が重要です。解析・予測技術、評価の技術、そして設計技術です。これらを、これまでブリヂストングループの中で培ってきた4輪、2輪のレースからの経験、そして自転車競技における解析技術をもって、さらに応用発展させていきます。

1:解析・予測
 選手の踏力、空気抵抗、伝達状況など、走行時にかかる力を、ブリヂストン中央研究所が長年培ってきた解析予測技術と、ブリヂストンサイクルが持っている機材の開発技術とを組み合わせ、最適なものを造りだす《PROFORMAT》を使用します。

2:評価
ブリヂストンサイクルが培ってきた、人が感じるという面での評価を、自転車競技への各種レースでの評価と合わせて展開していきます。

3:設計
素材の活用を始め、これまでのブリヂストングループの経験知識をフルに投入し、勝利につながる自転車を作っていきます。

これまでさまざまな世界大会に、選手と一緒に参加させてもらってきました。持てる技術を結集して、金メダルを取ることを目標として、ヴェトゥコーチ、中野選手強化委員長のアドバイスを即座に反映できるチーム編成をしていきます。我々の長年の経験を、最大限の出力へつなげていきます」

機材開発の詳細に関しては、「改めて適切なタイミングで発表する」とのことです。