contents

17/11/14

【ツール・ド・おきなわ2017】レースを積極的に操るも勝利を逃す

レース名:ツール・ド・おきなわ2017
日時:2017年11月12日(日)
UCIカテゴリー:アジアツアー1.2
開催地:沖縄県沖縄本島北部 やんばる
距離:210km


ブリヂストンアンカーサイクリングチーム出場選手:
西薗良太・初山翔・鈴木龍・石橋学・新城雄大

シーズン最終戦となるツール・ド・おきなわ。ブリヂストン アンカー サイクリングチームは、レース全体をたくみにコントロールしましたが、最後のスプリントの局面でチャンスを逃しました。



207.7km、おおよそ210kmという総距離は、日本のワンデーレースのなかでも最長レベルのもの。数々のドラマを生んできた、シーズン最後を締めくくるにふさわしいビッグレースです。



レース序盤から選手たちは積極的にアタック。予想よりも早い段階から、6人の逃げが決まりました。

「レースがキツ過ぎるか、ユル過ぎるか、そのどちらかだと厳しい、と思っていましたが、今回はユル過ぎて、厳しい展開になってしまいました」(西薗良太)



レース序盤から選手たちは積極的にアタック。予想よりも早い段階から、6人の逃げが決まりました。

「十数分の逃げが出来るが、最終的には吸収される」それはツール・ド・おきなわでしばしばみられる展開のため、逃げメンバーの顔ぶれを確認し、ブリヂストン アンカーチームは集団待機をしました。

ラスト60キロ付近で逃げは捕まり、集団はひとつに。レースは振り出しに戻り、再びアタック合戦が始まります。
BGTも有力な選手にはチェックを入れ、逃げをつぶす動きをします。


「序盤は動かずに、後半勝負。そういう作戦ではあったんですが。途中までアンカー率が高いなかで、逃げのなかで、毎回乗っていたし、最終的に人数が増えて、追いついてくる人が増えてきて」(石橋学)

ラスト50キロ付近で、新城雄大も自らアタックします。その後吸収されるが作戦通り積極的に動きました。

「ミーティングでは、前で展開するという話はしており、あの時は作戦通り。そこまでみんな他の選手の脚を使わせるために動いていて。自分の動きもそのひとつで、前に出たらそのまま出られたので、踏み続けました。その後、上りの区間で吸収されてしまいましたが」(新城雄大)



ラスト20キロで20名ほどに絞られた集団。BGTからは4選手、西薗、初山、鈴木と石橋が残りました。

ラスト10キロ弱の羽地の上り区間、スプリントを避けたいチームのアタックがかかりますが、決定的にはならず。ツール・ド・おきなわとしては珍しく多くの選手が残ります。

「最後に人が残りすぎて、ウチとしては有利な手が打てなかったのが反省点」(西薗)



「最後1kmぐらいで。龍が3、4番手にいて。みんなも龍でやるつもりで、3番手ぐらいにいたんで、これで完璧だと思ったんですが、なぜか龍が埋もれてしまって。何があったのかよくわからないんですが」(初山翔)

勝負は、ゴール前600メートルほどの直線で決まりました。

「最終局面で、アタックされて、集団が棒状になって。(石橋)学を先頭に、佐野さん(佐野淳哉選手=マトリックスパワータグ)、で自分がいて。自分としてはいいポジションだなと思っていました。

そして、今からスプリントだっていう直前のタイミングで、佐野さんがスルスルって抜け出して。そのタイミングで前の選手が(スプリントを)辞めちゃって。その時点で、自分の脚を使う判断ができず、スプリントの体制に入りましたが、できませんでした」(鈴木龍)



レース中盤をほぼコントロールしてきたチームでしたが、、最終局面では残念ながら佐野選手の飛び出しというか、そのタイミングの巧みさにやられてしまった感がありました。

みんなできることはやったので、悔いがあるわけではない、という各選手ですが、結果がついてくれば最高だったかなという思いもあります。



「個人的には、最後のレースだったんで、どういう気持ちになるのかなと思っていましたが、いつもどおりでしたね。やることは変わらないですからね」(西薗)

これで、2017年ブリヂストン アンカー ロードチームの公式ロードレースは終了しました。まずは今日までのみなさまのチームへの多大なるご声援に感謝いたします。



【リザルト】
2017/11/12 ツール・ド・おきなわ Toour De Okinawa UCI(1.2)

1 佐野淳哉 (マトリックスパワータグ)5:28:48
2 コース ヨルン カーズ(WTCA) +0:00
3 畑中祐介(チーム右京)+0:00
11 初山翔(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:01
16 鈴木龍(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:04
17 西薗良太(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:06
21 石橋学(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:18
46 新城雄大(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+15:04