contents

17/12/17

【ルックバックBGT2017】西薗良太「自分がうまくいったレースよりも、チームのことや難しかったレースのことのほうが記憶に残りますね」


2017/10/20 ジャパンカップ前夜祭 photo: M.Shimizu


【ルックバックBGT2017】、年齢順ではないですが、次はダミアンに続く年齢の、西薗良太が2017シーズンを振り返ります。

最も得意としている全日本選手権タイムトライアルを、2016年に続いて2連覇した2017年。それだけではなく、TOJ南信州ステージでの日本人最上位、ツール・ド・熊野での総合4位、ツール・ド・北海道での総合2位と、国内メジャーレースでの総合順位上位も多く、確かな地脚を証明できたシーズンでした。


2017/6/23 全日本タイムトライアル表彰 photo: K.Tsuji


タイムトライアルでの日本一の戦略と脚、ロードレースでの巧みなさばき。レーサーとしていわゆる『心技体そろった』印象のある西薗ですが、2017年をもって、引退を表明しました。

一度は引退していたものの、3年前にブリヂストン アンカー サイクリングチームのプロレーサーに復帰。『頭脳派』BGT選手として3シーズンを走り、今シーズンはチーム全体をまとめる要としての役目も担っていた西薗。選手生活として最後のシーズンを振り返ります。

ーーーーーーーーー
回答:西薗良太 1987年生まれ



2017/6/23 全日本タイムトライアル photo: K.Tsuji


*2017シーズンの自分を振り返って

全日本選手権TT連覇が今年のハイライトでしょうね。そして地味に国内のUCIレースの総合が安定していました。ロードレースで勝ちがなかったのが心残りではありますが、充実した1年だったと思います。



2017/6/23 全日本タイムトライアル photo: K.Tsuji


*2017シーズンのメインマシンについて

みんなはRS9だと思うので(笑)、RT9! 全日本選手権連覇の立役者です。



2017/6/3 ツール・ド・熊野 photo: H.Takagi


*2017シーズン、最も心に残った出来事

全日本選手権ロードレースが最初の落車から全て歯車が狂ってしまい、思い描いたものと全く異なるものになってしまいました。

あと、プロ選手として最後のレース、ツール・ド・おきなわ。勝てるチームで臨んだだけに本当に悔しいです。
自分がうまくいったレースよりも、チームのことや難しかったレースのことのほうが記憶に残りますね。



2017/10/22 ジャパンカップ アフターパーティ photo: M.Shimizu


ダミアンの次の年齢ということで、若手をまとめないといけない立場で、極力経験を伝えたりすることにも注力しました。僕の選手キャリアは今年で終わってしまうので、現役選手という立場でしか伝えられないことが彼らに残ったかどうかが気がかりです。だけど彼らなら力強く次のステージで羽ばたいてくれることを確信しています!

そして、チームスタッフのみんなにも本当に感謝です。復帰してからの3年間、本当によく信じてサポートしてもらいました。



2017/6/23 全日本タイムトライアル photo: K.Tsuji


現役のチャンピオンとして引退するので、色々と名残惜しいことも多いのですが、次のステージでより大きく羽ばたけるよう、地道にがんばります!



2017/10/22 ジャパンカップ アフターパーティ photo: M.Shimizu