contents

18/05/21

【2018 TOJ】01 堺/ツアー・オブ・ジャパン開幕 TT窪木16位

レース名:ツアー・オブ・ジャパン 第1ステージ 堺
開催日:2018年5月20日
開催地:大阪府堺市 大仙公園周回コース
コース長:2.6km 個人タイムトライアル

チーム ブリヂストン サイクリング参加選手
石橋学、大久保陣、窪木一茂、原田裕成、堀孝明

photo:Satoru KATO


(大久保陣)


2018年5月20日、国内最大級のステージレース、ツアー・オブ・ジャパンが開幕しました。

全8ステージで大阪から東京まで、その戦いの場を移していくステージレース(詳細はこちらにて)、まずは個人タイムトライアルです。ツール・ド・フランスを始めとする世界の主要ステージレースも、その多くが個人タイムトライアルから始まります。

開催地は、世界を代表する自転車パーツメーカー『SHIMANO シマノ』のお膝元とも言える場所である堺市。そのコースは古代日本を象徴する仁徳陵古墳の南に位置する、大仙公園を1周する2.6kmのもの。高低差のほぼないコースです。

天候は晴れ、気温は23度と過ごしやすくもあったため、大仙公園に設置されたイベント会場には、街の中で開催されるこのロードレースを見ようと、発表によると77000人もの観客が来場しました。実際、コース脇に設置されたフェンス脇は観客で埋められています。

チーム ブリヂストン サイクリングからは、現在ロードレースに参戦する5名が参戦。レース前に「調子もいいです」とコメントしていた窪木一茂が表彰台を狙い、チーム内では最上位を得ましたが結果16位。日本人選手としては、今年のレース、ゴールスプリントをよく争う岡篤志選手(宇都宮ブリッツェン)に次ぐ2位でした。


(窪木一茂)


「消化不良でしたね。気持ちを切り替えてステージレースに、カラダも気持ちも上げて臨みます」(窪木)

先のクリテリウムで優勝した原田も「タイムトライアルの結果では、海外選手とはまだ差がありますね」と言っています。しかし、その現状をまずは理解し、そしてそれを少しでも埋めること。それがチームのスローガンとも言える「CHASE YOUR DREAM」、夢を追い続け叶えることの第一歩となることでしょう。

明日、21日から本格的なロードレースとなります。第2ステージは京都。京都府京田辺市のコースです。ネットでのライブストリーミングも行われます。

チーム ブリヂストン サイクリング選手たちの名前を呼ぶ、皆さまの熱い声を、直に(そしてネット越しにも!)選手に聞かせてください。



(原田裕成)


【リザルト】
1 イアン・ビビー(JLTコンドール)0:03:12
2 マルコ・カノラ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ)+0:01
3 オリバー・ウッド(JLTコンドール)+0:01
16 窪木一茂(チーム ブリヂストン サイクリング)+0:04
48 原田裕成(チーム ブリヂストン サイクリング)+0:10
80 大久保陣(チーム ブリヂストン サイクリング)+0:17
81 石橋学(チーム ブリヂストン サイクリング)+0:17
84 堀孝明(チーム ブリヂストン サイクリング)+0:17