contents

18/06/10

【Jプロツアー第9戦】那須塩原クリテリウム、周回賞を獲得の窪木が転倒後に8位


レース名:第2回 JBCF 那須塩原クリテリウム/Jプロツアー第9戦
開催地:栃木県那須塩原市
開催日:2018年6月9日(土)
コース長:2.3km x 27周 = 62.7km

チーム ブリヂストン サイクリング参加選手:
石橋学、大久保陣、窪木一茂、近谷涼、橋本英也、原田裕成

photo: M.SHIMIZU

国内ロードレースのシリーズ戦《Jプロツアー》の第9戦目、那須塩原駅からの目抜き通りをコースとした都市型ロードレース『那須塩原クリテリウム』。95人出走中、完走は16人という厳しいレースで窪木一茂が8位となりました。窪木は上位集団からの飛び出しを狙い走りましたが、表彰台には届きませんでした。



東北新幹線の停車する那須塩原駅前をクリテリウムコースにした、という表現が最も当てはまるこの那須塩原クリテリウム。クリテリウムとは、短い周回長コースで行う、短めのロードレースという感覚です。

駅からまっすぐ伸びる大通りをそのままイベント会場とし、その奥にT字状のクリテリウムコースを設置。チーム ブリヂストン サイクリング(UCIコード:BGT)の出場するJプロツアーではこのコースを27周、合計62km強を走ります。



観客の目前を何度も何度も走る、周長の短いクリテリウム。見た限り沿道のフェンスには隙間がないほど観客が張り付いています。これからの時代、スポーツの街中開催という対するポテンシャルを、改めて目の辺りにします。



(中央:近谷、右:橋本)


さて、これまで5名の選手で国内ロードレースを戦ってきたチーム ブリヂストン サイクリング。日本ナショナルトラックチームでの活動を一段落させたBGTチーム員たちが、ロードレース活動に注力します。

このクリテリウムは、2018年アジア選手権個人パシュート優勝の近谷涼、オムニアムでアジア選優勝・世界選10位の橋本英也を走者に組み入れた最新BGT編成での参加となります。



(左から窪木一茂、橋本英也、近谷涼、原田裕成、石橋学、大久保陣)


レーススタート、様子見速度の集団から始まったレースでしたが、レースの1/4、6周目を終える頃には、すでに集団は前方と後方とに別れていました。今日の成績を狙う選手と、調子振るわず明日に備える選手とを分ける印象です。



(左:石橋、中央:原田)


レース前半、BGTからは大久保陣、窪木一茂、近谷涼、橋本英也の4名が前方集団、その前側に位置しています。途中、橋本が「位置取り、ポジションはよかったのですが、吐き気がしてしまい」と後方へ、大久保、窪木、近谷の3名が前方で耐え続けます。



(中央:近谷、右:大久保、最右:橋本)


レース後半になると、走っている選手はもう半分以下となりました。周長の短いクリテリウムは、ちょっとタイム差が開くとすぐにDNF(Did Not Finish)となりレースを降ろされます。前方集団に食らいつくしか、レースを完走する術はありません。



中盤に近谷が、窪木と大久保、2名の前に出て3周ほどを全力で引き、休ませます。
「今日は全体的に、集団前方に位置できていたのはよかったと思っています。中盤に2人を引きましたが、引いたあとはは、耐えきれずに終わってしまいました。もう一度回復して、前に出られればよかったと思っています。課題です」(近谷)



(先頭:近谷、左:窪木)


近谷に引き上げられた窪木は、その後に大久保の力も借りて速度を更に加速させ、先頭パックに合流します。が、その後にコーナーで後輪が滑り転倒してしまいます。



(中央;大久保、中央左:窪木)


しかしクリテリウムで適応される『ニュートラル』制度により(トラブルなどにより後逸した選手が他と同周回でレースに戻れる、周長の短いクリテリウムならではの措置)集団へ復帰し、再び前を狙い、レース中4回設けられた周回賞(定められた周回のトップ)を獲得します。

「転倒したあと、気持ちが折れそうになったんですが、沿道から名前が声が何度も聞こえ、また力が湧いてきたのを感じました」(窪木)



(窪木)


しかし最終局面へと向かう中、大久保は最後までレースに粘り続けますが、耐えきれずに後方へ。そして窪木も途中、いくどもアタックを掛け前集団へのブリッジ(乗り移り)を図りますが速度が足りず、7人を前方に残したまま第3集団の頭でゴール。8位の結果となりました。



明日の那須ロードレースは、2018年BGTロードレース初の8名参加となります。ご期待ください。



女性のトップクラス、『Fクラス』には、先日、ベルギーのパラサイクリングW杯にて優勝した野口佳子が参戦。合宿中に体調を崩してのリカバリーの期間でしたが、本日レース復帰。

高い速度域で進んだレースに後半は反応しきれずDNFとなった野口でしたが、前半は積極的に前に出て速度を上げたり、他の選手と協力し合ったりするなど、レースの中でしか磨けない技術を改めて確認していました。


(野口佳子)


【リザルト】 2018/06/09

《第2回 JBCF 那須塩原クリテリウム/Jプロツアー第9戦》
1 ホセ・ビセント・トリビオ(マトリックスパワーダグ)1:25:18
2 アイラン・フェルナンデス・カサソ(マトリックスパワータグ)+0:26
3 松田祥位(EQUAS)+0:26
8 窪木一茂(チーム ブリヂストン サイクリング)+1:08
-- 大久保陣(チーム ブリヂストン サイクリング)DNF
-- 近谷涼(チーム ブリヂストン サイクリング)DNF
-- 橋本英也(チーム ブリヂストン サイクリング)DNF
-- 原田裕成(チーム ブリヂストン サイクリング)DNF


《Fクラスタ》

1 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)1:02:05
2 伊藤杏菜(Live GARDEN VICI STELLE)+2:18
3 大岩明子(ブラウブリッツェン)+2:41
-- 野口佳子(チーム ブリヂストン サイクリング)DNF