contents

18/07/08

【ジャパントラックカップ】I=Day1 マディソン25kmにて、窪木・橋本ペアが2位に

レース名:第5回寛仁親王記念ワールドグランプリ国際自転車競技大会 2018ジャパントラックカップ I / II
開催日:2018年7月6日(金)〜8日
開催地:静岡県伊豆市 伊豆ベロドローム
チーム ブリヂストン サイクリング出場選手:
太田りゆ、窪木一茂、橋本英也
  / 今村駿介、沢田桂太郎(ともに日本ナショナルチームとして参加)

photo: More Cadence

世界の強豪が伊豆ベロドロームに集結するUCIトラックレース、ジャパントラックカップ。3日間に渡るレース期間の初日、窪木一茂と橋本英也のペアがマディソン25kmにて2位を獲得しました。



(左:橋本、右:窪木)出展:More Cadence


3日間に渡り、オリンピック種目であるトラック競技を開催していく2018年トラックカップ。東京2020オリンピック・パラリンピックの会場となる伊豆ベロドロームでの開催となります。開催前の国際レースとあって、バンクの走り心地を確かめようと、各国から強豪選手が多く参加。世界レベルの走りが展開されました。

この初日、6日(金)に行われた男子マディソン25kmに窪木と橋本のペアが出場。序盤からアメリカナショナルチームが重ね、周回遅れも取るなか、2位にオーストラリアナショナルチーム、3位にチームブリヂストンと続いてきます。

そして最終周回の2倍となるポイントを橋本が1位で通過し、オーストラリアを逆転。2位を獲得しました。



(左から:窪木、橋本)出展:More Cadence


窪木と橋本がペアを組むのはこれが初めて。また窪木は今年前半は主にロードレースへ参加してきました。

「単に2位を獲ったということだけではなく、世界強豪のなかでレースを有利に展開し、そして獲得した2位だと感じました。これからが楽しみです」(六峰監督)



(左:沢田、右:今村)出展:More Cadence

また男子マディソン25kmには、今村駿介、沢田桂太郎のペアも参加、11位に。



(太田りゆ)出展:More Cadence
太田リユは女子スプリントとケイリンに出場。ケイリンでは敗者復活にて敗退、スプリントは予選13位という結果となりました。


【リザルト】
●男子エリートマディソン-決勝(25km) 2018/7/6
1 ダニエル・ホロウェイ/エイドリアン・ヘグヴァリー
(アメリカ合衆国ナショナルチーム) 70pts
2 窪木一茂/橋本英也
(チーム ブリヂストン サイクリング) 51pts
3 サミュエル・ウェルスフォード/クランド・オブライアン
(オーストラリアナショナルチーム) 43pts
9 沢田桂太郎/今村俊介
日本ナショナルチーム -20pts

●女子エリートスプリント 2018/7/6
1 ゾン・ティエンシー(CHN)
2 カーリー・マキュロッチ(AUS)
3 ナターシャ・ハンセン(NZL)
13 太田りゆ(チーム ブリヂストン サイクリング)

●女子エリート ケイリン 2018/7/6
1 カーリー・マキュロッチ(AUS)
2 リン・ジュンホン(CHN)
3 チョ・サンヨン (KOR)
13 太田りゆ(チーム ブリヂストン サイクリング)