• TOP
  • アンカーについて
  • 科学的解析

ANCHOR TECH NOTE

科学的解析

「人」を知り、感覚を数値化する

小さな力で最大限の推進力を得るために、バイクは軽さと強さを兼ね備えて進化し続ける。しかし、どんなに高性能なバイクでも、それがライダーにマッチしなければ性能を存分に発揮できない。つまり、バイクの開発には製品への技術的な手法はもちろん、ライダーとなる「人」そのものの理解を深めることも必要不可欠だとアンカーは考える。 人を知るには2つの要素がある。まずはライダーそのものを探ること。我々はペダリングスキル、ライディングポジション、最大酸素摂取量といった要素を、社内の研究施設「アンカーラボ」において測定し、科学的に解析する。その数値化されたデータは、走行パフォーマンスを高めるためのライディングフォームと、フレームジオメトリーの追求に生かされる。 もう1つはライダーの言葉を読み解くこと。製品テストはブリヂストンアンカー サイクリングチームのプロライダーによって行なわれるが、例えば彼らが言葉にする「高剛性」という表現一つをとっても、その解釈のレベルは人によって異なる。ゆえに、その言葉を指標とするための作業工程は欠かせない。以前はフレームビルダーや開発者、ライダーの経験や勘に頼る曖昧な解釈だった部分を、「アンカーラボ」では科学的解析によって正確に数値化している。

 

フレーム性能を最大限に引き出す

理想のフレームは、ライダーの力を余すことなく推進力に換えること。そこに大きく関係する要素が応力。フレームは走行中、ペダリングやコーナリングをはじめ様々な方向から大小の力を受け、ねじれながら進んでいる。これをどう制御するかで性能の特性が決まるといっても過言ではない。アンカーでは90年代初頭に「Neo-Cot」(ネオコット)フレームの開発に際して、応力の基礎研究を行なった。そして、かかる応力にしたがってチューブの断面形状を均一としない「最適形状理論」を構築し、Neo-Cot が誕生した。さらに当時のNeo-Cotフレームは、3種類の剛性を選ぶことができた。これは体力レベルや好みにより、ライダーに最適な剛性は1つと限らないとの研究結果によるものだ。その先端的設計は、現在のフラッグシップで7つの剛性を選べるオーダーカーボンフレーム、「RMZ」が提唱する「パーソナルマッチング」の原型となっている。科学的解析と最先端の技術の融合から生まれるアンカーのプロダクツ。高性能なバイクを生み出す背景には、常にライダーの声を聞こうとするアンカーの姿勢がある。「人」が何を感じ、何を求めているかを探り、科学的解析による数値化で必要な性能の核心が見えてくる。

NEW HUMAN GEOMETRY
人間の骨格は一人ひとり全く違い、ペダリングの癖、ポジションもさまざま。フレーム素材、形状、ジオメトリー、様々な要素が絡み合う中に日本人に最も適したバイクという回答をアンカーは見いだす
HIGH MODULUS CARBON
ノーマルカーボン繊維より弾性率が高いハイモデュラスカーボン繊維。ノーマルカーボンと変わらない剛性ならより軽く、同じ積層数で成型した場合、重量はそのままに剛性を格段にアップすることが可能となる。
PERSONAL MATCHING
専用のフィッティングマシンとフィッティングソフトを用い、個別に合わせたフレームジオメトリー、剛性を導き出す。
PRO USE
勝利を目指すアスリートの為のスペック。コストを度外視して、勝つことのみを追求したモデルの証。
NEO-COT
チューブ内側の段差を解消するスピニングバテッド工法、パイプ自体をふくらましラグ化させるなど最適形状理論に基づいて設計されるネオコット。パイプから自社生産するオリジナルスペックのクロモリフレームはアンカーの原点でもある。
TPC [Three PIECES Carbon]
モノコック製法と接着技術の組み合わせにより、自由度の高いフレーム形状・サイズ展開を可能にする。
UCI承認マーク
UCI(国際自転車競技連合)登録レースで使用することが承認されているフレーム。 ※新商品から取得中だが、既に製造・販売されたフレームは、UCI登録レースで使用することが可能。