• TOP
  • 製品コンセプト
  • ROAD
  • RS9

R9

PROFORMATが生んだ、アンカー史上最も軽く最も「進む」レースフレーム
推進力を最大に高めるフレーム設計

アンカーはレーシングバイクである。そのコンセプトを忠実に再現するモデルが、アンカーの最高峰ロードレーシングモデル、RS9である。RS9はその開発の軌跡も、これまでのモデルとは大幅に異なっている。RS9開発の根底にあるのは、PROFORMAT〈プロフォーマット〉の目的、すなわち推進力を最大に高めることだ。剛性バランスや軽さ、素材の見直しなどさまざまなアプローチから推進力を得るという命題に取り組んだ。そして生まれたのが、推進力の高さにこだわったRS9である。その性能の中でも特徴的なのは、後輪の舵角変化の少なさだ。


後輪の舵角変化を最小限に抑えた

ペダルを踏んだとき、人からの入力はペダルを介してBBに伝わる。このとき、BBの位置は、車体中心に対して変化する。この変化の具合を乗り手はいわゆる「ウィップ」であったり「硬さ」として感じるものなのだが、さらにドライブ側のチェーンテンションも加わり、これが結果として「進もうとする方向に対して後輪の方向が微妙にずれ」、それが「進まない」という感覚を乗り手に感じさせることになる。単純に剛性を高めてそれを解決するのも一つだが、「過剰な硬さ」は性能や乗りやすさを損ねるもの。そうではなく、ペダリングの力を無駄なく進むべき方向へと伝える、すなわち車体の推進力を最大化する。それが新しい(RS8を含まない)RSシリーズのコンセプトだ。


新カーボン素材の高弾性率とさらなる軽さ

RS9の全体設計に関わる大きなポイントは2つある。まず1つめが前三角を高剛性化し、BBのフレを的確に抑制したこと。そして2つめが、後三角の剛性を適正にし、BBのフレを後輪に伝えないことである。前後剛性のバランスを適度なしなりの要素とを組み合わせたことで「進む」車体を実現させた。
その設計思想に加え、素材であるカーボンも、日々進化し続けるその性能における新時代ともなる新たな素材を使用する。RS9に採用されたウルトラハイモジュラスカーボン素材は、これまでのハイエンドモデル群に使用していたカーボン素材に比べ、1.5倍以上の弾性率を持つ。これはすなわち、より少ないカーボンシートの積層、素材の量で、理想の剛性、強度と性能を得られるということだ。こういった数々の積み重ねで、一定の条件下で従来品と比べ8秒間で4cm、推進距離を伸ばせた。

ワイヤリングの角度まで細かく検証
細かな部位にもアンカーならではの細かな配慮が施されている。軽量化のためにヘッドセットの下部と一体化されたフォーク。理想的な剛性としなりのバランスをとるリアのループエンド形状。さらにはこれら前後エンド部まで、カーボンにて精密に一体成形され、重量を可能な限りまでそぎ落としている。フレーム内蔵のワイヤリングが入る角度も、細かな計算と繰り返した試作の基に決定された。


完全なロードレーシングマシン

ブリヂストン アンカー サイクリングチームの選手は、自身が乗るRS9について、こう言う。
「登り坂で、その軽さと圧倒的な剛性感で、ひと踏みごとに確かに前に進んでいきます。展開の厳しいレースでも、スタミナを消耗させることなく、後半に脚を残して勝負できます。

ありとあらゆる状況に対応できる、これは完全なロードレーシングマシンです」
このPROFORMATが作り上げたレーシングフレーム、RS9は、2016年の全日本選手権で1、2位を飾る劇的な勝利を成し遂げた。推進力を最大限にまで高めるという、基本に忠実な設計思想の実証である。感覚を数値化し、そこから具現化するというアンカーの技術力が、全日本チャンピオンという結果を導いた。アンカーはRS9、RS6の性能で、あらゆるレーサーの底力を上げてみせる。