• TOP
  • 製品コンセプト
  • ROAD
  • RT9

RT9

アンカーの技術力を結集した、タイムトライアルマシン
全てをゼロから開発した、 TTバイク

アンカー初のタイムトライアルバイクとなるRT9。最速を求めるタイムトライアルバイクは、スポーツバイク開発における技術力の結集であるとアンカーは考えている。このRT9の開発にあたりまず行ったのは、バイク作りに対する考えを一度ゼロとし、そこから再構築を始めたことである。RT9開発で重きを置いたのは、フロントフォーク、ダウンチューブ、チェーンステーの3部位。これらからなるバイク下部の総合性能を見直すことから始めた。このバイク下部は、人間でいうと脊椎に当たるものだとアンカーは考える。マシンの走行安定性、全体の剛性、加速感。全てはこの『脊椎』から生まれる。


ペダリングの力を失わない、左右非対称構造

BB周辺の剛性を高めて、ペダルからの大きな入力にも耐える強固なフレーム構造を確保。これは長くトラックレーサーを作ってきた経験、実績と細かな応力測定を基にした『適切な剛性感』から得たものだ。チェーンステーは左右非対称、ドライブ側のチェーンステーを角状にして、チェーンにかかる強大な力を受け止める。さらにはリアセンターを極限まで縮め、高剛性化による俊敏性も高めた。


低重心化、エアロ効果、SSサイズの存在
タイムトライアルバイクでは、高速時の安定性、ダンシング時に車体を振ったときの軽さなどが重要になるため、バイク全体の低重心化が大切となる。そのため2つのパーツをフレーム下部に配置した。まずはリアブレーキ。シマノのダイレクトマウントブレーキ装着を標準仕様としてBB下部にブレーキを配置。そして変速は電動変速のシマノDi2専用設定とし、そのバッテリーをBB下部よりフレームへ内蔵。重量のあるパーツを下方に配置し低重心化を図った。空気抵抗を軽減するエアロ形状にも大きく気を配る。前面投影面積を最小限にするフレーム形状のみならず、フレームセット付属のステムとシートポストは整流効果を大きく意識したオリジナル品。これも理想の形状を追求するだけでなく、実用性も考えたものだ。またロードバイクで培ったスモールサイズの開発経験を活かし、小柄なライダーにも乗りこなせるSSサイズも用意した。


開発思想を具現化した新機軸グラフィック
RT9のグラフィックは、開発思想そのものを力強く、そしてシンプルなグラフィックで表現する。トップチューブ上に施された差し色のカラーリングは、路面と平行に配置したことで、全体のスピード感を与えつつ、トップチューブを薄く、しなやかに感じさせる視覚効果を持たせた。フレーム下部はグロスブラックにまとめ高い剛性を表し、フレーム裏側に入る一本のラインは、全日本選手権を2度制したタイムトライアルモデルの内に秘めたる力強さを表現している。