• TOP
  • フィッティングシステム

ANCHOR FITTING SYSTEM

トップレーサーからホビーサイクリストまで 広がったパーソナルマッチング











ライダーの能力を最大限に引き出す。これこそアンカーが追い求めるバイク作りだ。その理想のために、アンカーラボではライダーとバイクの最適な関係を研究し続けている。トップレーサーからホビーサイクリストまで数々のライディングポジションを分析した結果として見えてきたのが、理想のライディングポジションは単純にライダーの体型から導き出されるものではなく、体力レベル、ライディングの習熟度によって変わってくるということ。さらに、ライダーのパワーやペダリングスキルでも最適なフレーム剛性が異なることも発見した。つまり、ライダー1人、1人に最適なポジションと剛性が必要であり、それはすなわちアンカーが目指す「パーソナルマッチング」という考え方だ。

その理想は昨年発表されたカーボンフレーム「RMZ」で実現された。アンカーラボにおける長年の研究を元に構築された「アンカーフィッティングシステム」は、専用ソフトウエアとフィッティングマシンによって、ライダーの体型、レベル、好みに応じた最適なライディングポジションと剛性レベルを提案。最適なライディングポジションとフレーム剛性は、フレームのフルオーダーという形で実現される。RMZではジオメトリーはトップチューブを5㎜、コラムスペーサーは1㎜単位で調整され、ハンガー下がりやハンドリングも自分の好みに設定可能だ。そして、フレーム剛性は7段階から自分に最適なレベルを選ぶことができる。「パーソナルマッチング」によって最適なライディングポジションとフレーム剛性を手にすることで、今まで以上にライダーとバイク互いのパフォーマンスを限界まで引き出すことに成功している。

RMZで確立したこのアンカーフィッティングシステムは、今年、そのフィッティング部分のテクノロジーをRIS9以下のオーダーモデルに継承する。これはRMZのような細密なフレームジオメトリーと剛性オーダーをする内容とは少々主旨が異なる。購入前にフィッティングシステムを体験することで自分に最適なライディングポジションを知り、それに最も近づけることができる車種をオーダーする、もしくは購入するバイクの理想的なセッティングを見つけるためのシステムである。現在の一般的なバイク購入手順といえば、好みのモデルとサイズを選び、手元に届いてから自分に合うライディングポジションに調整する。しかし、アンカーのオーダーモデルにおけるフィッティングシステムは、注文時点で最適ポジションが求められているので、箱から出して調整するだけでベストフィットな走り出しができる。そして何より、間違ったフレームサイズやポジションとなる心配が全くないのが最大のメリットだ。

こうした2つのオーダーシステムの詳しい手順は以下で説明するが、その内容はポジションの再現性のリアルさと、オーダーの明確さを追求している。パソコン上で各部の数値を随時確認できるのはもちろん、ポジションを求める際の目安となる各部の関節角度もライダーのレベルによって段階的に数値化されているのは、ユーザーも納得しやすく安心してオーダーできる。そして、実走感に優れるフィッティングマシンはポジションの再現性に優れているので、セッティングの精度が高く、しかも納得行くまで何度でも突き詰めることができるだろう。

最適なポジションを見つけることは上級者でさえ難しい。しかし、アンカーラボの膨大な研究の蓄積から導き出される「アンカーフィッティングシステム」は、入門者でもベストなライディングポジションを容易に手に入れることが可能であり、遠回りをせずにスキルアップが可能だ。さらに、ポジションに悩んでいるアベレージライダーにとっても、最適なポジションの発見は自信を持ってライディングに挑めるだろう。そして、レースでの活躍を狙う上級者なら、RMZのオーダーシステムがさらに細かいフィッティングと剛性のマッチングを提供し、今まで以上に効率的な走りを可能にしてくれるはずだ。2つのオーダーシステムを駆使してアンカーは全てのサイクリストの能力を余すことなく引き出す。

アンカーフィッティングシステム オーダーの手順 オーダーモデルの場合 RMZの場合