contents

07/05/11

ツール・ド・熊野 第1ステージ

第1ステージは新宮駅前をローリングスタートして、繁華街をパレード走行した後、
正式スタート地点までの18㎞は雄大な熊野川沿いを走る。
119名の大集団は、スタート、ゴール地点で一度停止してから正式スタート。

15㎞を7周する周回コースは、道幅が狭く各選手は先頭付近でレースを展開。
1周目から、アンカーは攻撃を仕掛け積極的に動きを見せるが
この動きに同調するメンバーが少なく、有力な逃げグループが
出来ない。ラスト3㎞で単独アタックした飯島も集団に吸収され
大集団ゴール。スプリント力のあるTEAMミヤタの鈴木真理選手が
優勝。アンカーのメンバーも集団で無事ゴール。

チームの仕上がりは、いい感じなので明日の山岳ステージでも
積極的にレースを動かす走りをしていきます。

レース後、飯島選手、三瀧選手は宿までの35㎞をクールダウン。
125㎞走った後に、35㎞もクールダウン?と思われる方もいますが
選手それぞれタイプ、調整方法があります。車で帰った選手は
宿舎でクールダウンをしています。レース後は、マッサージを受け
明日のレースに備えます。

ツール・ド・熊野
第1ステージ 結果
1、鈴木真理(チームミヤタ)
2、綾部勇成(愛三工業)
3、辻善光(マトリックス・パワータグ)
4、大内薫(スキルシマノ)
5、三船雅彦(マトリックス・パワータグ)
6、角令央奈(鹿屋体育大)

ブリヂストンアンカー
飯島、田代、普久原、三瀧、嶌田
集団ゴール

SANY0908-s.JPG

SANY0912-s.JPG