contents

09/04/24

ジョルジャ・マレーシア

第5ステージはスタートから積極的に攻める走りをしたが逃げは決まらず、ゴールスプリント勝負になり、アンカー列車はゴール500mで先頭にでて、飯島、山本、福田の順番でスプリントしたが一瞬のタイミングが会わず惜しくも福田が6位。激しい位置取り争いでゴール前先頭に出れる力があるので、残りのステージに期待したい。今第6ステージがスタートしました。