contents

10/11/22

アジア大会 MTBクロスカントリー!

先日行われたアジア大会。
惜しくも2位となった山本幸平よりレースレポートが届きました!

---以下本人レポート------------------------


第16回 アジア競技大会

結果:
1,Chan Chun Hing (香港)2:11:33
2,Kohei Yamamoto (日本)2:11:49
3,Duan Zhiqiang(中国)2:14:06

バイク:ANCHOR XIS 9
フォーク:ROCKSHOX SID
ハンドル:Ritchey Super logic Carbon Low Rizer
ステム:OnebyESU ジェントル ステム 110mm 
シートポスト:OnebyESU ムンク シートポスト ブラック
ホイル:Shimano WH-M975
シューズ:Shimano SH-M310SE
ペダル:Shimano PD-M970
サングラス:OAKLEY RADAR
ヘルメット: OGK REDIMOS
サプリメント:レース前 BCAAタブ10粒 Feタブ 2粒 Caタブ 2粒 SAVASウォーター, レース時 SAVASウォーター,レース後 SAVASアクアホエイプロテイン(アセロラ味)

4年に一度開催されるアジア競技大会に参加してきた。
いつものレースとは違い、他競技の種目も同時に行なわれるアジア一の大きな大会だ。
行動も国から支給されたスーツやウエアに身を包み選手村へ移動をする、
空港にはアジア大会特設カウンターも設けられて、セキュリティーを何度か通過しないと、
たどり着けない。オリンピックと同じ感じだった。

そして、レース結果から言うと、2位で終えて来ました。
今回の会場は、中国は広州の選手村からバスにて約40分の所、
ダフシャン森林公園内で行なわれました。
レースは、5.4kmを8周回する発表、予想よりも長いレースになると感じた。
コースレイアウトは、細かなアップダウンの連続するハイスピードなレイアウト。
上りも長くダラダラでは無くて、短くて急な登りが無数になった。
下りはテクニカルでは無いものの、
縦の動きが出来ないと自転車をプッシュ出来ずに減速してしまうので休む事の許されない
集中力が必要なコースだった。

スタート前、僕の家族を含めて日本から応援をしに来てくれた方が
会場の中に入れない事が分かり、とても残念に思ってしまったが、
これも安全にレースが行なわれる為のルールだと言い聞かせて、
気持ちを納めてスタート位置に着いた。
11月の後半のレース。今までには無い長いシーズンの最後のレース。
身体と気持ちを高める事が、ギリギリ間に合ったと言う気持ちで不安ではなくて、
やってやろう。楽しみっと言う気持ちな中だった。
スタートは、現地時間13:30.
ピストルの音と共に身体が反応していった。上手く先頭に立ち、レースを進めていく。
フィードゾーン(ボトル交換や機材交換が可能なピットエリア)が設けられており、
スタート・フィニッシュ地点に1箇所、そして約2km先に2箇所目が設けられていた。
呼吸も荒れることなく冷静にレースを進めていった。
1周目を全て先頭で走って皆の様子を伺った。2周目に行く時点で3人となっていた。
優勝したChan Chun Hing (香港)と今年のアジア選手権大会でバトルしたWang Zhen(中国)と僕だ。
このメンバーになることは、予想していた事だったのでレースを進めやすかった。
2周目に入った所で、Chan Chun Hing (香港)が先頭に立ち、
ペースを上げていった。僕は3番手でレースを進めていった。
後ろに付き、また様子を見ていた。2周目はハイペースだったが、
皆がまとまって3周目へと入っていった、
ここでWang Zhen(中国)のバイクがカチャカチャと音を出していた、
後ろを走っていてもトラブルに巻き込まれそうだったので、2番手へ上がってレースを進めた。
すると案の定、Wang Zhen(中国)は後退していった。
後で聞くとワイヤートラブルだったとの事だった。そこからは2人勝負に持ち込まれた。
4周目へ入る。僕はジッとChan Chun Hing (香港)の後ろで様子を伺って走っていた。
身体の動きが先ほどよりも悪いと判断した。

さぁここから僕のレースだ!!と心が湧いた。

そのタイミングと同時にChan Chun Hing (香港)が下りでバランスを崩して減速した、
そのちょっとした隙に交わして先頭に出て、ペースアップをした。
良し!このまま行ければ最高だ。と思っていた。
5周目へ単独で入っていった、
15秒くらい遅れてChan Chun Hing (香港)が来た。コンディションが最高の状態だと、
このまま逃げられるのだが、その様なコンディションでは無かった。
ペースを上げて見たものの伸びない、結局追いつかれてしまって一緒に走る事になった。
これは2年前のアジア選手権大会とレース展開が似ていた。
彼と僕は最後まで競って、ラスト1kmで僕がアタックして勝った時と。。。
もう、レース後半、疲れが溜まって来ている。足が攣ってしまっていた。
6周目へ入った。この周はメンタル的に弱気になっていてパワーを上手く出せなかったが
7周目へ入って、気持ちを切り替えることが出来た。7周目は、

絶対に勝つ。
ここへ何をしに来たのか?!そればかり言い聞かせていて、
身体は疲労していたが、気持ちで走っていた。7周目後半で考えていた事、
ラスト1周に入っての前半区間でアタックを掛けて、
そこから自分自身でも驚くくらいのパワーみなぎる走りでゴールを目指すという事。
が、実際には、フャイナルラップへ入っても身体が動かなかった。

ようやく動いたのは、第2フィードゾーンだった。
ここで最後の水分補給をしてアタックをした。何とか前には出たものの、
Chan Chun Hing (香港)を引き離す事は出来なかった。
そこからの走りが負けに繋がってしまった。
そのままハイペースを保って自分を信じて走っていけば良かったのかな~と思うのだか、
ペースを少し落ち着かせてしまったのだ。
その隙を見抜かれて下りから登りに差し掛かる所で後ろから強引な部分もあったが
交わされてしまったのだ。あと3kmくらいの所だった。ここで前に行かれたのが参った。
そこから激坂区間が続き、先頭の方が有利なのだ。
僕は後方にいる為、すこしタイミングを見て走らなければいけなかった。
一番の急坂ポイントでChan Chun Hing (香港)はスムーズに通過したが、
僕は少し遅れを取ってしまって、その差を縮めようと思い、
ペースアップしたがその反動で足を攣ってしまい、
バイクを押さないといけない箇所が出来てしまいタイム差が出来てしまった。
そこからも、勝ちを信じて前を追うが、差を詰める事が出来ないまま最後の下りへ。
諦めては無いが、無情にもゴールアナウンスが聞こえた。

あ~。このレースは、負けた。
今回、Chan Chun Hing (香港)と一緒に走って感じた事は、
僕よりも彼の方がこのレースに対する気持ちが強かった事。
一瞬の気の緩みが負けへと繋がってしまった。
彼を称えると共に、僕は僕。新たな目標へと走り出す決意をしたのだ。

今回のレースは、日本代表として走る事が出来た。
皆の想いを形にする事が出来なかったのが非常に残念だった。申し訳ないです。

この負けを、受け止める事と、その悔しい想いを胸に残し、更なる高みへと精進していきます。

来シーズンの 山本 幸平 も 引き続き、応援宜しくお願い致します。

000_dv868375_600.jpg