contents

11/08/29

シマノ鈴鹿 国際ロード

2日間で開催された、シマノ鈴鹿ロードは、
大会のメインレースとなる国際ロードは2日目の日曜日に行われ、
アンカーチームは、狩野、山本、普久原、井上、清水良行、金子、
に加えMTBクロスカントリーの辻浦選手の7名が参加。

スタート前、今季で選手引退を表明した山本雅道選手に
シマノレーシングの鈴木真理選手より花束が渡される
セレモニーが行われた。

レースはスタート直後から、各チームの選手が激しくアタックを繰り返し、
アンカーも全選手が序盤から動き、全ての逃げにメンバーを送り込み、
逃げを決める動きをしたが、レースがハイペースで進み逃げが決まらない。

中盤、狩野、普久原を含む16名の逃げが30秒ほどリード。
後続の集団も動きが良くタイム差は開かない。

逃げのグループも必死でペースを上げながら、最終的には13名の
グループとなり、後続との差を50秒以上開く頃には、
メイン集団のペースも下がり、13名の中から優勝争いを決める展開となった。

終盤、逃げグループからけん制とアタックが繰り返され、
普久原を含む9名が残り、更にラスト周回では、5名が抜け出し
これを追いかける普久原を含む3名の集団となった。

この不利な状況で普久原は粘りの走りで、ゴール手前のS字コーナー手前で合流。
ここからジェレミー・ロワ(FDJ)、畑中(シマノレーシング)、盛(愛三工業)が
抜け出し、ゴールスプリントとで畑中が優勝。

粘りの走りでゴール前集団に追い付いた普久原は、最後まで諦めず
6位でゴール。欧州遠征の疲れもあるなか、大健闘の走りをしてくれました!

次回のレースはツール・ド・北海道までは、乗り込み期間となります。
今後もアンカーチームの応援よろしくお願い致します。

■結果
1位 畑中 勇介(シマノレーシング)
2位  盛 一大 (愛三工業レーシング)
3位  ジェレミー・ロワ(FDJ)
4位  西薗 良太 (シマノレーシング)
5位  マリウス ヴィズィアック(マトリックスパワータグ)
6位  普久原 奨(ブリヂストンアンカー)
11位 狩野智也 (ブリヂストンアンカー)
18位 辻浦圭一 (ブリヂストンアンカー)
20位 井上和郎 (ブリヂストンアンカー)
22位 金子友也 (ブリヂストンアンカー)
91位 山本雅道 ((ブリヂストンアンカー)
100位 清水良行 (ブリヂストンアンカー)

■今季で選手引退表明をした山本雅道選手にスタート前、花束が贈られました。
%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%BC%95%E9%80%80-s.JPG

■チームの走りに貢献した清水良行選手
%E8%89%AF%E8%A1%8C-s.JPG
写真中央
■序盤から逃げの展開を作った辻浦選手
%E8%BE%BB%E6%B5%A6-s.JPG
左から3番目
■序盤から積極的に動いた井上選手
%E4%BA%95%E4%B8%8A%E9%80%83%E3%81%92-s.JPG
写真右先頭(井上)、5番目(金子)

■序盤から積極的に動き、逃げに乗った普久原、狩野
%E9%80%83%E3%81%92%E3%81%B5%E3%81%8F-s.JPG
%E7%A6%8F%E4%B9%85%E5%8E%9F-s.JPG
%E9%80%83%E3%81%92%E7%8B%A9%E9%87%8E-s.JPG

■最後まで粘り6位入賞した普久原選手
%E9%88%B4%E9%B9%BF%E8%A1%A8%E5%BD%B0-s.JPG