contents

11/09/13

山本幸平 世界選手権レポート

世界一を決めるレースが今年も終わった。
僕の2011年シーズン一番の目標レースが、この世界選手権大会だった。
会場入りは、イタリアのワールドカップの翌日のレース当日13日前にスイス;シャンペリーに来た。
まず1週間は、標高1600M地点を拠点に高地トレーニングをしては、会場へ下って行き、
コースを試走してスムーズに走れるライン取りを細かく見ては試した。
今回は、初めて歩きでコース1周もコーチとしてみて、自転車では感じる事の出来ない感覚を磨いた。
レース6日前に日本代表チームの泊る宿へ移動をして、高地トレーニングを終えた。
身体が、疲労しているのを感じるが、コーチと話して、予定通りだと言うので、
順調だと自分に言い聞かせて残りの数日を過して行こうと決めた。レース前日の最終練習でも、
いつものレース前の身体と比べると疲労が残っているのを感じる。
またコーチと話をしてみるが、これで良いのだと言う。コーチと僕の身体の回復力を信じて、レース当日を迎えた。
朝の目覚めは、とても良い。今回はスタート時間が16:30の為、遅めの朝食を9時過ぎに食べた。
その後、軽く自転車を漕いでみた、身体は完ぺきに回復したとは言えないが、もう走るしかない、
そして、ここでもコーチと僕の身体の回復能力を信じて、信じきって最後の昼寝タイムを過した。
レースは、やってきた。もう、あとは走るだけ。今まで思い描いてきた走りをゴールするまで実行する事だけだった。
スタート位置は、4列目でのスタートとなった。いつものワールドカップよりも前でのスタートとなるし、
ポジション取りも、うまくいった。スタートループ+7周回。
僕の世界選手権大会が始まった!
スタート音と共に身体が良い反応で動いてくれた。ポジション取りも上手く行き、
イメージしていたスタートダッシュが決まる。TOP10以内で進んでいたと思う、良い位置で進むが、
世界のTOP選手は踏み所も分かっており、僕のイメージしていた様には行かなくなってきた。
前に行かないと必ず混雑に巻き込まれると思っていた箇所の手前で、うまく前に行く事が出来ないでレースが進んでしまった。
大混雑までは行かないものの、スムーズに走る事が出来ないままのスタートループ終了。
順位は、かなり落としていたと思う。が、これもイメージしていた事で身体が反応してくれている。
試走の段階で見ていたラインをしっかりと走る様に心がけるのと、休まない事。ペダリングを止めない事。
この日の為に、どれだけの時間を費やしたのか?!想いを出し切る事、エネルギーを出し切ること!
天候が変わり、雨になった。嬉しくなった僕。悪コンディション程、僕には向いているのだ。
身体は中盤過ぎで苦しくなっているが、気持ちのエネルギーはフル充電されているので、ペースは乱れないで進む。
毎周回15位前後グループとすれ違う区間があって、同じ差が続いていたが、ここを詰める事が出来なかった。
イタリアのワールドカップも同じ経験をした。この部分を練習する必要がある。応援が聞こえる。
ペダルを踏み続けてゴールへ向かう。
少しでも前に行きたい。そんな想いが最後の最後まで持つ事が出来ている。
ラスト周回へと入る。
今出来る最高の走りをする事。気持ちを出し切る事。そして、少しでも前でゴールしたい気持ちがある。
最後まで応援が聞こえる、自分に負けられないよ。
ゴールするまで、しっかりと思い描いていたイメージに近い走りでゴールする事が出来た、僕の世界選手権大会となった。

走りでは、やはり勢いあるパワーが必要、それが出来ると集団に追い付き展開が出来て休める所が増えると思う。
そして、順位を見ると、もっと上を狙っていたので満足は出来ない。
今年の目標であったワールドカップTOP10も実行出来なかった。

想いはあるが、まだ、達成出来ていない。

でも、僕には、実行出来る環境がある。
皆が、挑戦出来る環境を整えてくれている。
僕は、走るしか出来ない!
来シーズンに向けて、しっかりと練習をして、
世界のTOP選手と並び、競り合う僕がいる事。
その姿を、日本の皆に見せたい。
そして、アジア人だって出来ると言う所を見せたい。

挑戦して行きます。

ありがとう。

リザルト
Rank Name Nat. Age* Result PaR PcR
1 Jaroslav KULHAVY CZE 26 1:44:30 300 300
2 Nino SCHURTER SUI 25 1:45:17 250 250
3 Julien ABSALON FRA 31 1:45:56 200 200
4 José Antonio HERMIDA RAMOS ESP 33 1:46:39 180 180
5 Lukas FLÜCKIGER SUI 27 1:48:59 160 160
6 Florian VOGEL SUI 29 1:49:26 140 140
23 Kohei YAMAMOTO JPN 26 1:52:54 62 62


バイク:ANCHOR(プロトタイプ)
コンポーネンツ:SHIMANO XTR
フォーク:SR SUNTOUR AXON 100mmストローク QLOC150mm
ハンドル:OnebyESU
ステム:OnebyESU 
シートポスト:OnebyESU
サングラス:OAKLEY Radar
レンズ:OAKLEY Clear Photochromic
ヘルメット: Kabuto Redimos
ウエア:Wave One
インナー:CRAFT
インソール:ERGOMOTION 友永さん特注
サプリメン:SAVASレース中ボトル Savas Sports Water,
補給 Savas PIT INリキッド,レース後 Savas Power Amino2500


DSC03357.JPG