contents

12/02/09

Tour of Qatar ( UCI 2.HC ) 2/8 第4ステージ

Tour of Qatar ( UCI 2.HC ) 第4ステージ
2月8日(水)第4ステージ 144km ( Al Thankhira - Madinat Al Shamal )
大会の詳細はこちら

ディレクター  :久保信人
ライダー    :井上和郎、清水都貴、西薗良太、吉田隼人、
         LEBAS Thomas、SYS Klaas、Lemair Alexandre、SONNERY Blaise
メカニック   :Yamn David、Grux Erwan
マッサージャー :Fleury Jaques、Bizet Alain
ドクター    :内田彰子
フォトグラファー:大前稔
マネージャー  :田代恭崇

中東Qatarで開催される、UCI(国際自転車競技連盟)アジアツアー6日間のステージレース。BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAMが出場できる最高カテゴリーのHC。コースは砂漠の平坦で風が非常に強く、スプリンター向きのコース設定。プロツアーのRABOBANK, SKY, BMC, OMEGA-PHARMA-QUICK-STEP, RADIOSHACK-NISSAN, LIQUIGAS-CANNONDALE, GARMIN-CERVELO, KATUSHA, GREENEDGE, FDJ-BIGMAT, LOTTO-BELISOL, プロコンチのPROJECT 1T4i, FARNESE VINI-SELLE ITALIA, アジアチームとしてCHAMPION SYSTEM, RTS, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM の計16チーム128選手が参加する。2012シーズン初レースが最高カテゴリーで期待と不安が入り交じるが、世界に挑戦するチームの幕開けを飾るレースです。

2月8日(水)
第4ステージはAl ThankhiraからMadinat Al Shamalまでの144kmのロードレース。
11時30分、ドーハから車で移動する事1時間、東海岸の港町のAl Thankhiraに到着。
今日はここをスタートし、カタールのほぼ最北端のMadinat Al Shamalにゴールする。総合成績を争う選手達は今日が勝負所らしい。風向き次第ではバラバラになる可能性が高い。気温は25℃ぐらいで風はやや昨日より強く、カタールに来て初めての南東風約5m。この風向きでどうレースを動くのだろう。今日のチームの動きは昨日と同じ、前半の逃げに送り込み、チームとしてレースに参加し、可能な限り後半まで勝負すること。

12時25分 をAl Thankhiraをスタート。
いきなりAlexandre選手がパンクのトラブル。リアルスタートには間に合ったようで安心したが、パンクのトラブルが他チームでも続発。スタートして12km、アタックもかかり横風区間で遅れる選手とパンクで遅れる選手10人程のグループが集団後方に。Alexandreと西薗選手が含まれている。集団もいくつかのグループに分断しながら横風区間を進む厳しい展開。Alexandreと西薗選手を含む遅れたグループから先頭集団は遥か前方に位置しこれで終了かと思われたが、清水選手とLOTTO-BELISOLのBAK Lars選手の2名が逃げを決め先頭集団は一気にスローダウン。約40km地点でAlexandreと西薗選手も無事に集団に復帰。逃げの2名は追い風区間で集団に最大7分差を付けて進みます。2回目のスプリントポイント81km地点を過ぎると方向がかわり横風と道が悪い区間に入るとメイン集団のペースが上がり、タイム差がみるみる縮まり105kmの補給地点付近でついに吸収されました。風が更に強まりゴールまで残り30kmを切ると集団は5つ程に分断され、先頭はOMEGA PHARMA-QUICK STEPのBOONEN選手を含む約20名。アンカーの選手達は第3、4グループで走ります。ゴールは30名から更に絞られ、数人のゴールスプリントでBOONEN選手が優勝。アンカーの選手は第4、5グループで無事にゴールしました。

明日の第5ステージはCamel Race TrackからAl Khor Cornicheまでの160km。
最終日の第6ステージは例年あまり動きが無いようなので、明日が総合成績に関わる重要なステージになるため、前半から激しい動きが予想されます。明日もまた挑戦です。


一番手前、Alexandre選手が乗るRMZ
2.8.no0.jpg


清水選手が乗るのは軽量モデルのRIS9
2.8.no1.jpg


スタート前、ミーティングに加わるDENIS監督(今回はASOスタッフ)
2.8.no2.jpg


ゴール地点を通過するアンカーの選手達
2.8.no3.jpg


第3ステージリザルト
1位 BOONEN Tom OMEGA PHARMA-QUICK STEP
2位 VEELERS Tom PROJECT 1T4I + 00' 00"
3位 CANCELLARA Fabian RADIOSHACK-NISSAN + 00' 00"
4位 FLECHA GIANNONI Juan Antonio SKY PROCYCLING + 00' 00"
5位 STEEGMANS Gert OMEGA PHARMA-QUICK STEP + 00' 04"
6位 MAES Nikolas OMEGA PHARMA-QUICK STEP + 00' 11"
7位 OFFREDO Yoann KATUSHA TEAM + 00' 14"
8位 EISEL Bernhard SKY PROCYCLING + 00' 14"
9位 FARRAR Tyler GARMIN – CERVELO + 00' 14"
10位 STANNARD Ian SKY PROCYCLING + 00' 36"

44位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 45"
85位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 45"
106位 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR + 6' 38"
103位 SONNERY Blaise BRIDGESTONE ANCHOR + 6' 38"
110位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 6' 38"
114位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 6' 38"
115位 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR + 6' 38"
116位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 6' 38"


総合成績
1位 BOONEN Tom OMEGA PHARMA-QUICK STEP
2位 FARRAR Tyler GARMIN – CERVELO + 00' 31"
3位 FLECHA GIANNONI Juan Antonio SKY PROCYCLING + 00' 34"
4位 STEEGMANS Gert OMEGA PHARMA-QUICK STEP + 00' 36"
5位 EISEL Bernhard SKY PROCYCLING + 00' 45"
6位 VEELERS Tom PROJECT 1T4I + 01' 00"
7位 CANCELLARA Fabian RADIOSHACK-NISSAN + 01' 06"
8位 NAVARDAUSKAS Ramunas GARMIN – CERVELO + 01' 09"
9位 KRUOPIS Aidis GREENEDGE CYCLING TEAM + 01' 10"
10位 BLYTHE Adam BMC RACING TEAM + 01' 14"

82位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 04' 47"
98位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 08' 20"
103位 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR + 09' 38"
111位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 16' 10"
112位 SONNERY Blaise BRIDGESTONE ANCHOR + 19' 08"
116位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 20' 26"
117位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 20' 57"
119位 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR + 22' 02"