contents

12/02/15

Tour of Oman (UCI 2.HC) 2/14 第1ステージ 「マイヨ・コンバティビテ」獲得

Tour of Oman (UCI 2.HC) 2/14 第1ステージ
大会の詳細はこちら

中東Omanで開催される、UCI(国際自転車競技連盟)アジアツアー6日間のステージレース。BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAMが出場できる最高カテゴリーのHC。砂漠の平坦に山岳ゴールが含まれる、山岳系オールラウンダー向きのコース。プロツアーのRABOBANK, SKY, BMC, OMEGA-PHARMA-QUICK-STEP, RADIOSHACK-NISSAN, LIQUIGAS-CANNONDALE, GARMIN-CERVELO, KATUSHA, GREENEDGE, FDJ-BIGMAT, LOTTO-BELISOL, プロコンチのPROJECT 1T4i, FARNESE VINI-SELLE ITALIA, アジアチームとしてCHAMPION SYSTEM, RTS, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM の計16チーム128選手が参加する。2012Tour of Qatarに続く、世界に挑戦するチームの幕開けを飾るレースです。

ディレクター  :久保信人
ライダー    :井上和郎、清水都貴、西薗良太、吉田隼人、
         LEBAS Thomas、SYS Klaas、Lemair Alexandre
メカニック   :Yamn David、Grux Erwan
マッサージャー :Fleury Jaques、Bizet Alain
ドクター    :内田彰子
フォトグラファー:大前稔
マネージャー  :田代恭崇

2月14日(火)
第1ステージはAl Alam Royal PalaceからWadi Al Hoqayまでの159kmのロードレース。
海岸線に位置するオマーンの首都マスカットのAl Alam Royal Palaceをスタートし、海岸線を北上し、最後は内陸に入ったWadi Al Hoqayにゴールするほぼ平坦のコース設定。
ミーティングではカタールから一歩踏み込んだ内容となり、第4、5ステージの山岳コースで清水、Thoma選手が力を出せるようにチームとして走ることと、今日の第1ステージは井上、吉田、Alexandre選手が前半からの逃げに対応し乗った場合はスプリントポイントをしっかり狙うこと、そしてゴールスプリントは吉田、Alexandre選手で狙うこと等を確認しました。

11時50分首都マスカットのAl Alam Royal Palaceをスタート。
天候は晴れ、気温は25℃前後、風がややあります。コースは海岸線のバイパスを走り、比較的きれいな道です。カタールに続いてAlexandre選手が逃げを決めました。
BMC, KATUSHA, CHAMPION SYSTEMの選手に加えAlexandre選手の計4名は集団に約3分半の差をつけながら逃げます。74km地点の1回目のスプリントポイントをAlexandre選手が1位通過、77km地点の補給所も通過し、集団との差は1分半を保ちながら、128km地点の2回目のスプリントポイントを2位通過し、Alexandre選手が本日の敢闘賞を確定させました。
2回目のスプリントポイントを過ぎて逃げグループの4人はバラバラになり、約140km地点で集団は1つに戻りゴールへ進みました。やや登りのゴールスプリントを制したのはLOTTO-BELISOLのGREIPEL Andre選手。Alexandre選手は集団内でゴールし、ボーナスタイムが加算され総合成績も4位、そしてオマーン国旗をあしらったマイヨ・コンバティビテ(敢闘賞)ジャージを獲得しました。明日の第2ステージはこれを着用して走ります。

チームは大会初日から、メディアと大会関係者へ強烈なアピールを成功しました。

明日の第2ステージはSurからWadi Dayqah Damまでの140.5kmのロードレースです。
スタート地点の街Sur まではマスカットから高速船で2時間の移動です。

スタートを待つRMZRIS9
2.14.no1.jpg

Erwanお決まりスタイル
2.14.no2.jpg

今日はリラックスしているスタート前の選手達
2.14.no3.jpg

今年から加入の吉田選手と西薗選手
2.14.no4.jpg

Erwanが補給を受け渡す直前
2.14.no6.jpg

補給地点を通過する先頭逃げグループ
2.14.no5.jpg

表彰を待つAlexandre選手
2.14.no7.jpg

表彰台は優勝したGREIPEL選手と2位のGALIMZYANOV選手、そしてオマーン国旗をあしらった「マイヨ・コンバティビテ」を獲得したAlexandre選手
2.14.no8.jpg

第1ステージリザルト
1位 GREIPEL Andre LOTTO-BELISOL TEAM
2位 GALIMZYANOV Denis KATUSHA TEAM + 00' 00"
3位 FARRAR Tyler GARMIN – CERVELO + 00' 00"
4位 KITTEL Marcel PROJECT 1T4I + 00' 00"
5位 SAGAN Peter LIQUIGAS-CANNONDALE + 00' 00"
6位 BOUHANNI Nacer FDJ-BIGMAT + 00' 00"
7位 OSS Daniel LIQUIGAS- CANNONDALE + 00' 00"
8位 GUARDINI Andrea FARNESE VINI-SELLE ITALIA + 00' 00"
9位 GALLOPIN Tony RADIOSHACK-NISSAN + 00' 00"
10位 GOSS Matthew Harley GREENEDGE CYCLING TEAM + 00' 00"

26位 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 03"
29位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 03"
32位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 03"
43位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 03"
47位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 03"
78位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 03"
92位 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 03"


総合成績
1位 GREIPEL Andre LOTTO-BELISOL TEAM
2位 GALIMZYANOV Denis KATUSHA TEAM + 00' 04"
3位 FARRAR Tyler GARMIN – CERVELO + 00' 06"
4位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 08"
5位 IGNATYEV Mikhail KATUSHA TEAM + 00' 09"
6位 KITTEL Marcel PROJECT 1T4I + 00' 10"
7位 SAGAN Peter LIQUIGAS-CANNONDALE + 00' 10"
8位 BOUHANNI Nacer FDJ-BIGMAT + 00' 10"
9位 OSS Daniel LIQUIGAS- CANNONDALE + 00' 10"
10位 GUARDINI Andrea FARNESE VINI-SELLE ITALIA + 00' 10"

29位 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 13"
32位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 13"
35位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 13"
46位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 13"
50位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 13"
92位 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 13"

総合敢闘賞
1位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR 5pts
2位 IGNATYEV Mikhail KATUSHA TEAM 4tps
3位 WYSS Danilo 3tps