contents

12/04/06

4/1 Tour de Maroc(UCI 2.2)第10ステージ

Tour de Maroc(UCI 2.2)
3月23日(金)〜4月1日(日)にモロッコで開催される国際自転車競技連盟公認UCIアフリカツアーのステージレース大会。
ディレクター : 久保 信人、LEPROUX DENIS
メカニック  : Yamn David
ドクター   : 内田彰子
ライダー   : 清水 都貴、西薗良太、伊丹 健治
         LEBAS Thomas、 SYS Klaas、SONNERY Blaise
4月1日(日)
第10ステージ 132km

 長い10日間の戦いも最終日。最終日は海沿いをカサブランカまで北上し、カサブランカのビーチリゾート地区で5kmの周回を6周してゴールする。アフリカンオーガナイズには選手もスタッフも苦戦したが、ことレースのコースレイアウトやゴールの配置はどこもすばらしく、良くこれだけの中心街をレースの為に封鎖できたなと感心する。
 最終日は周回まではパレード走行となり、海沿いの周回コースにはいってレースが始まった。ゴールスプリントではチャンスがないと見越した清水都貴は何度もアタックし逃げを試みるが、ゴールスプリントに持ち込みたい南アフリカ、トルコの列車がそれを許さない。結局いつもどおり南アフリカが10ステージ中9ステージを制覇するという、前代未聞の完全制覇を成し遂げ、ツールドモロッコの幕を下ろした。
 初出場のブリヂストンアンカーサイクリングチームは、体調不良などに悩まされ、3人の完走となったが、山岳賞ジャージ4日間、伊丹のステージ3位、清水のステージ6位9位を収めることが出来た。
このあとなか1日おいて3日間のワンデーレース、Challenge Phosphatier(UCI1.2)に参戦する。


第10ステージ成績:
1位 Brown Arran MTN
2位 Yuriy Metlusenko Start Cycling 同タイム
3位 Janse Van Rensbourg MTN
45位 清水都貴 BGT
46位 Sonnery Blaise BGT
86位 伊丹健治 BGT


個人総合成績:
1位 Brown Arran MTN
2位 Yuriy Metlusenko Start Cycling 同タイム
3位 Janse Van Rensbourg MTN
45位 清水都貴 BGT
46位 Sonnery Blaise BGT
86位 伊丹健治 BGT


チーム総合成績:
1位 MTN Qhebeka 南アフリカ
2位 National Maroc
8位 Bridgestone Anchor Cycling Team