contents

12/07/30

7/29 TOUR ALSACE(UCI2.2)FRANCE 最終第6ステージ

7/24-29 TOUR ALSACE (UCI 2.2) France

スイスとの国境に近いフランス アルザス地方で開催される、UCI第2カテゴリーの6日間で7レース行われる TOUR ALSACEに参戦します。
出場チームはプロコンチネンタルチームのTEAM EUROP CARを筆頭に、世界のコンチネンタルチームRABOBANK,KATUSHA,LEOPAD-TREK等全27チーム、162名が参加。フランス開催される第2カテゴリーでは参加選手、コース共に最もレベルが高く、コースは起伏が多く、山頂ゴール2回、個人タイムトライアルもあり、総合力が試される大会です。昨年の総合優勝者は今年のツール・ド・フランスでステージ優勝したThibaut Pinot。

ディレクター : 久保信人、LEPROUX DENIS
ライダー   : 清水 都貴、西薗良太、伊丹 健治、
         LEBAS Thomas、SYS Klaas、SONNERY Blais、

メカニック  : トマ
マッサー   : ジャック、ミッシェル
ドクター   : 内田彰子
栄養士    : 柴田麗

7/24(火) プロローグ チームタイムトライアル 4.2km (SAUSHEIM- SAUSHEIM)
7/25(水) 第1ステージ146.3km (HUNINGUE- HUNINGUE)
7/26(木) 第2ステージ 153,8km (STRASBURGE-BISCHOFFSHEIM)
7/27(金) 第3ステージ 160.3km (BEAUCORT-COLMAR)
7/25(土) 第4ステージAM 84.6km (BOLLWILLER-MARKSTEIM) 山頂ゴール
7/25(土) 第5ステージPM 個人タイムトライアル 17.7km CERNAY-CERNAY
7/26(日) 第6ステージ 156.7km (RIBEAUVILLE-BALLON D’ALSACE) 山頂ゴール

大会の詳細はこちら

7/26(日) 第6ステージ 156.7km (RIBEAUVILLE-BALLON D’ALSACE)
山頂ゴール

最終第6ステージはRIBEAUVILLEからBALLON D’ALSACEまでの156.7km。1300mの山を越え、最後1100mの山がゴール。前半から登って下ってを繰り返す今大会最大の山岳コースです。チームは今日も前半からの逃げに送り込み優勝を目指す作戦です。完走する事も難しいコース設定です。

天候は晴れ、気温はやや涼しい感じです。12:00 RIBEAUVILLEをスタート、
95kmを走り、1300mの山岳地点の前にも1000m程を2回越えてくる。その山岳地点を先頭の15名程にクラースとトマ選手が入りやってくる。クラース選手が山岳ポイントを2位通過。ゴールまでそのまま行き、クラース選手が7位でゴール。トマ選手は最後両足を攣り脱落してしまいました。この厳しいコースで全員が完走、フェアプレー賞で伊丹選手がポディウムで表彰されました。これで6日間のツアーアルザスが終了、個人総合成績はクラース選手の17位がチームでの最高位でした。


スタート前のチームピット
2012.07.29.no1.JPG


ミーティング中の選手達
2012.07.29.no2.JPG


久保、ドゥニー監督
2012.07.29.no3.JPG


表彰を受ける伊丹選手
2012.07.29.no4.JPG


第6ステージリザルト:
1位 FUMEAUX Jonathan ATLAS PER
2位 REMME Stian JOKER MERIDA
3位 OLIVIER Daan RABOBANK CT

7位 SYS Klaas BGT +25
38位LEBAS Thomas BGT +3:54
49位 SONNERY Blaise BGT +6:46
66位 NISHIZONO Ryota BGT +16:33
80位 ITAMI Kenji BGT +18:49

総合リザルト:
1位 TIERNAN-LOCKE Jonathan ENDURA RACING
2位 PLIUSCHIN Alexandr LEOPAD-TREK +26
3位 BARGUIL Warren CC ETUPES +2:17

17位 SYS Klaas BGT +17:38
39位 SONNERY Blaise BGT +25:28
54位 LEBAS Thomas BGT +32:32
59位 NISHIZONO Ryota BGT +44:51
90位 ITAMI Kenji BGT +59:50