contents

12/08/30

8/25-26 Coupe De France MERIBEL XCO

2012年8月25日(土)26(日)フランスのMERIBELで行われたCoupe De FranceにMTBチームの平野選手と沢田時選手が参戦しました。

平野選手と沢田選手のレースレポートをご紹介します。

【平野選手レースレポート】
Coupe de France #4–Méribel (エリート男子) UCI Classe1- XCO
結果  45位
開催日 8月25日(土)
開催地 フランス 
天候  晴れ

コースプロフィール / コンディション 
1周回6kmの長めのコース設定で、石や根が多いテクニカルなセクションが多い。コースはドライで土埃が立つ。周回数は5周。

☆ レポート

今回参加のフランスカップは、日本に置けるJシリーズみたいなもの。今年最後のシリーズ戦という事もあり、フランス人にとっては気合いが入るレース。フランス人意外にもイタリア人やスペイン人が参加しているレースだった。僕にとっても、今回の遠征では最後の海外レースになる。良い走りをしたい所だ。


スタート位置は最前列。しかし、招集に行くのが遅かった為、一番左側に着く事になった。今回のスタートループは、スタート直後から大きい右コーナーで始まる。明らかに右側が有利だと思われる。

スタートの笛が鳴り、最初のコーナーを抜ける頃には案の定、ずいぶんと後ろの方に後退し、50〜60位くらい。そして、そのままシングルの上りへと入って行く。

上り・下り・押しが続き、やっと長い上りへと入る。1番の抜かし所だ。ここしかないと踏んで、前へと進んで行く。しかし上り返しでチェーンを落してしまい、また再び後ろへと後退。更に後ろへと後退してしまう。下りは攻めようとしたが、前が詰まって逆効果だった。

1周目を終え、だいぶ体力を消耗。しばらく踏めず、我慢。長い上りで再び踏んで前へと順位を上げるが、下りで前が詰まりリズムと体力を無駄使いして行く。

3周目も、同じ長い上りで頑張って順位をあげる為にダンシング。しかし、4周目からは猛烈にペースが落ち、踏む気力が無くなる。そこからは長い上りも、シッティングでチマチマ踏んで行く。集中力・肩と腕がもうガタガタだ。最周目ももう力が入らず、そのまま後退して行く。力が入らない。これはスタミナ切れか? 水分の補給不足か? エネルギーの補給不足か?分からないが、もう力は入らなかった。

ペースダウン要因としては、
1.スタートミスで1周目に体力消耗を大きくしたのと。
2.追い込み続ける体力が足りてないのと。
3.水分・エネルギーの補給の不足。(レース後の食欲が凄かったから)
4.ミネラル・ビタミンの不足。(レース後にサラダ・フルーツへの欲求が大きかった)
5.などなど原因は考えられるが、原因を考えても仕方ない時もあるので、考え過ぎる
  事は禁物だと思う。上手く行く時は上手く行くし、上手く行かない時は上手く行か
  ない物だ。上手く行く時は、上手く行ってない事も上手く行く物。一々理由を付け
  るのは面倒な気がする。

今回の感覚自体は悪いものでは無かったし、もっと良いリザルトを残せると思っていた。今回も噛み合なかったが、噛み合ったら良い結果を残せると思っている。僕みたいなタイプは噛み合わせるのが得意でないし、意識して出来る人ではないと思っている。噛み合わせる努力よりも、噛み合った時に前へ行く為の準備だけ怠らずにして行こうと思う。だから深く考えずに走ろうと思う。
それはプロらしくないかも知れないが、1番僕らしい走りだ。


そして今回、自分の走りに付いて気がついた事が、、、
1.ダンシングで走るのが、自分の得意とする走りである事。
2.シッティングで走る事が、自分の苦手な走り方である事。
3.シッティングである程度走れないと、ダンシングが死んでしまう事。
4.テクニカルなセクションより、セクション・セクションの繋ぎで1番タイム差が生まれ
  るという事だ。

使用機材
バイク      ANCHOR プロトタイプ
コンポーネンツ SHIMANO XTR
ホイール     SHIMANO XTR
フォーク     SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル SHIMANO PROシマノプロ
ステム SHIMANO PROシマノプロ
シートポスト SHIMANO PROシマノプロ

サングラス KABUTO(OGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット KABUTO(OGK)レジモス スペシャル・チームカラー
シューズ    SHIMANO SH-M315
インソール   友永さん特性インソール! (ERGO・MOTION) エルゴモーション!
ウエア      Wave One

サプリメント   SAVAS(明治製菓)
ピット イン リキッド
SAVASスポーツウォーター
パワーアミノ2500

【沢田選手レースレポート】

大会名:   Coupe De France VTT :MERIBEL
開催日:   2012/8/26
開催場所:  フランス・MERIBEL
カテゴリー: ジュニア
リザルト: 6位
天 候:   晴れ
コースコンディション:ウェット

 Coupe De France最終戦。このレースが世界選手権に向けた最後のレースとなる。
ジュニアのレースは日曜日の14時半スタート。金曜日に会場に到着したが、その日は自転車には乗らず、風呂に入ったり、軽く歩いたりして移動の疲れを取ることに専念した。レース前日、土曜日はコース試走。身体のコンディションが非常によく、いくらでも走っていたくなるような感覚。明日はいいレースが出来るという確信を得た。

 会場のMERIBELは前回ワールドカップ最終戦が行なわれた場所からすぐ隣の町。そのため今回も標高1500m程の高地だが、ワールドカップ後に高地トレーニングに取り組んでいるため、今回は高地の影響はないはず。むしろ他の選手より有利なぐらいだと感じていた。コースはフランスらしく、長い登りと作り込まれた下りが組合わさっていて走り応えがあり、最高に面白いコース。ジュニアクラスはエリートのレースで使われたコースよりも更に長い、一周8km程のコースを3周回で行なわれた。

 スタートは一列目。スタートしてすぐに右コーナーがあるため、一番右側に並んだ。ピストルの合図で一斉にスタート。かなり出遅れてしまったが、そこまでポディションを落とさずには済んだ。スタート位置が良かったからだろう。15番手程でスタートループを回る。長い登りに入る前に2人抜き、さらに登りで5人追い抜いた。身体に余裕があるのを感じる。前回のワールドカップとは全く違う感覚だ。ゲレンデを一気に下った後、再び長い登りへ。この登りは石が多くてテクニカルな上に、斜度がキツく、先頭で走る方が有利な場所だ。あまり前の選手にくっ付きすぎないように注意しながら、難しいセクションでは無理せずランニングに切り替え、流れを断ち切らないことを意識した。この走り方が上手くいき、さらに2人追い抜いて、5番手に上がる。少し前には4番手の選手、その先には3番手を走る世界チャンピオンの姿が見えるが、この差がなかなか縮まらない。コース後半、テクニカルなシングルトラックに入ったが、ここで重大なミスをしたことに気づく。愛用しているOGKのサングラス、スタート時の強い日差しから目を守るために今回は色の濃いミラーレンズを選択していた。しかしシングルの中は日陰になっていて薄暗く、路面の状況がよく分からずに下りでスピードが出せない。4番手の選手には置いて行かれ、せっかく抜いた6番手の選手には追い付かれてしまった。やってしまったと思いながらもサングラスを外して5番手パックで走る。日差しが強くて辛い場所もあるが仕方がない。2周目も変わらず5番手パック。2人でレースを進めて行く。後ろで走りを観察するが、この選手は下りのコーナリングやライン取りが上手く、後ろにつくとスムーズに下って行ける。登りは斜度がキツいところは速いが、斜度が緩んだ時にスピードも緩むという弱点を見つけた。お互いのスピードが落ちたところで先頭交代するという形で一緒に走り、後ろに迫っていた7番手の選手を突き放した。そして最終周回。最初の登りは後ろに付いて走り、ゲレンデを下りきった所で後ろからアタックした。そのまま長い登りに入り少し差を広げる。10秒程の差で最後の下りへ。前を走る4番手の選手も見えてきたが、ゴールまでには間に合いそうにない。逃げ切って5番手になることが目標だ。コース最後の難セクション、根っこが張り出した難しい登り返し。最初の2周は失敗して脚をついていた。しかしここでまた脚をついてしまったら、追い抜かれてしまう。思い切っていったら成功!しかしここで油断してしまった。最後の最後、下りの出口で右側から強引に抜かれてしまう。ゴール前の直線で必死に追い上げるが届かない。6番手でゴールとなった。

 最後競り負けてしまったのは悔しいが、あれは油断が生んだ自分のミス。次は絶対に繰り返さないし、次に同じ状況になった時には絶対に負けない。今回反省しなければならないのはスタート。身体の状態は良かったのに、なぜスタートのキレは悪かったのか。そこをもう一度見直して、世界選手権に備えたい。あと2週間、やれるだけのことをやって世界のトップ10入りを目指します。応援宜しくお願い致します。

使用機材
バイク       ANCHOR プロトタイプ
コンポーネンツ  SHIMANO XTR
ホイール     SHIMANO XTR
フォーク     SR SUNTOUR AXON 80mm(サンツアー)
ハンドル SHIMANO PROシマノプロ
ステム SHIMANO PROシマノプロ
シートポスト   SHIMANO PROシマノプロ

サングラス KABUTO(OGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット KABUTO(OGK)レジモス スペシャル・チームカラー
シューズ    SHIMANO SH-M315E

ウエア     Wave One
サプリメント  SAVAS(株式会社明治)
ピット イン リキッド・ SAVASスポーツウォーター・パワーアミノ2500。 


2012.08.30.MTB.no1.jpg


2012.08.30.MTB.no3.jpg