contents

12/11/25

ツールドおきなわ

11月25日(日)ツールドおきなわUCI 1-2
例年シーズンを締めくくるレースとして定着しているこのレース。
今年は更に2週間遅く開催となり、11月最終週の開催となった。
天候は晴れ、風もさほど強くなく、環境としては走りやすいコンディションが揃った。
チームは昨年、一昨年と優勝を逃している清水、初参加ながらタフなレースに強い西薗、
走力に自身のある井上、スプリントに持ち込めば吉田、過去優勝経験もあり勝ち方を知っている伊丹と
その選手も可能性を秘めており、他チームから最もチェックされることが予想された。

レースはスタートからドラパックとマトリックスの2名が先行しタイム差を開いていく
その後数名が加わり6名の逃げ集団が出来るが、エース級が入った決定的な逃げは無いため、逃げ手段を容認し1回目の山岳を通過。
タイム差は8分まで開いた所でメイン集団は少しずつタイム差を詰め始めるも、なかなか追いつかない。
メイン集団では井上選手が強烈な牽引を行ないタイム差を削っていき最後の勝負所のダムの登りへ
ダムの登りで先頭集団は完全に崩壊、メイン集団も分裂し18名の先頭集団が形成された。
アンカーからは清水と西薗の2名が入り集団から抜け出すべくアタックを仕掛けるも
集団から抜け出すことが出来ずそのまま集団スプリントへ
昨年のジャパンカップクリテリウムを優勝したドラパックのスプリンターのパルマが優勝し、アンカーは清水の16位と西薗の18位となった。

今回のツールドおきなわでロードチームの2012シーズンは終了!
皆様応援ありがとうございました!

また来年も応援宜しくお願いします!

1位 トーマス・パルマー(ドラパックサイクリング)5時間32分16秒
2位 畑中勇介(シマノレーシング)
3位 中島康晴(愛三工業レーシングチーム)
15位 清水都貴
18位 西薗良太 +04