contents

14/04/14

ワールドカップ第1戦 ジュリアン9位、沢田24位の好発進!

4月13日国内のJシリーズ第2戦が開催されるなか、ワールドカップシリーズが開幕。
初戦の南アフリカ大会を走り終えた沢田選手からレポートが届きました。
ジュリアンは9位と上位でゴール。沢田選手も自身最高位の24位でゴールしUCIポイントも獲得。

大会名:   UCI World Cup #1 Pitermaritzburg
開催日:   2014年4月13日
開催場所:  南アフリカ・Pitermaritzburg
カテゴリー: U23
リザルト: 9位 ジュリアン
       24位 沢田
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

いよいよ2014年シーズンのワールドカップが開幕した。
開幕戦の舞台は南アフリカのPitermaritzburg。去年の世界選手権が開催されたコースでもあり、急なアップダウンを繰り返しながら、下りには人工のロックセクションが多々あって非常にタフで難しいコース。まさに現代のXCコースと言った感じだ。去年はこのコースで完走すらできなかった悔しい思いがあるので、そのリベンジを果たすという強い気持ちを持って南アフリカにやってきた。

ヨーロッパからの長旅を経て火曜日には南アフリカに到着したので、休息日も挟みながらじっくりとコースを走り込むことができた。また今年からチームメイトとなったフランスチャンピオンのジュリアンと一緒に走ることで、下りでのライン取りなどを教えてもらい非常に得るものが多かった。コースは去年と比べると登りは短くなり、下りはハイスピードな区間が増えた印象。しかし登りが短くなったということは、それだけ短時間でハイパワーを出すインターバルが増えたということであり、決して楽になったわけではない。

U23のスタート時には気温は30℃近くになっており、苦しいレースになるという覚悟を持ってスタートラインに並んだ。U23カテゴリー2年目の今年はスタート位置が上がって3列目と悪くない位置だ。

ピストルの音で一斉にスタート。路面が乾燥し切っているために砂埃が物凄い。課題であるスタートはまだパワー負けしている感が否めず、3列目スタートの好位置から少し順位を落としてしまう。目の前で起きた落車をギリギリでかわし、細い登りでは少し渋滞が発生したがバイクから降りること無く切り抜けることが出来た。

順位は30番手あたり。だが前にはまだまだ沢山の選手が見える。ここからだと自分に言い聞かせて、最初の長い登りに入る。調子は良くしっかりと踏むことが出来たので、前にいた大きなパックに追い付くことができた。ここには10人近い選手がいるため、このパックの前に出られれば大きく順位を上げることが出来る。しかし脚に強い負担がかかるスイッチバックの登りで耐え切れずに再びこのパックから離されてしまった。一旦追い付くことができたのは去年から成長できた部分であるが、ここで前に出るもうひとパワーが必要だと感じた。

1周目は28番手で通過。今回の目標は20位以内、最低でもUCIポイント獲得圏内の25位以内に入ること。調子は悪くないので上げていけるはず。パックに乗り遅れたことで序盤から単独での走行が多くなってしまったことが悔やまれるが、前にはまだ選手が見えている。

その選手達を少しずつかわしていきながら、順位を上げていく。得意の傾斜面の登りではダンシングでパワフルに走るように心がけ、前にいた2人のパックに追い付くことが出来た。
26位の選手とほぼ同時にレース中盤に入っていく。最近は2時間を超えるレースが続いていたため、この時点でも少しだが身体に余裕があった。一緒に走っていた選手を登りで引き離し、トラブルでペースを落とした選手を抜いて単独24番手となる。数十秒前にはスイスの選手がいるが、なかなか差を詰めることが出来ない。そして単独24番手で最終周回へ。

さすがに最終周回は余裕が無く、後ろから先ほど追い抜いた選手が少しずつ差を詰めてきているのが分かった。とにかくこれが最終周回だと自分を奮い立たせて走り続ける。最後の登りも追い込み切り、下りは脚がガクガクな状態でなんとかこなす。最後までスプリントで追い込んでゴール。ワールドカップでの自己最高位となる24位でフィニッシュとなった。

2014年最初のワールドカップを終えて、去年から成長できている部分を多く感じることができたレースであった。スタートは課題であるが1周目の中盤で一度セカンドパックに追い付けたことなど、少しずつではあるが改善されてきている。また去年までは良いレースができているときほど後半に力が無くなって順位を落としてしまうことが多かったが、今回は一度追い抜いた選手に抜き返されることはなく、タレずに最後までペースをキープできた。

次のレースは2週間後のワールドカップ第2戦、オーストラリアのケアンズで開催される。明日から早速オーストラリアへ向けて移動であるが、レースまでは2週間と時間があるため、これからの過ごし方でパフォーマンスは大きく変わってくるはず。良くもなれば悪くなる可能性もある。時差もある中でしっかりと自分をコントロールして、気持ちを切らさずに良い時間を過ごしていこうと思う。

今回ワールドカップの開幕を迎えるにあたって沢山の応援とサポート、本当にありがとうございました。
こうして南アフリカ、オーストラリアと世界中でレースをさせてもらえる環境に感謝の気持ちでいっぱいです。
次戦は今回果たせなかったトップ20入りを目標に頑張ります。

BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM
沢田 時

使用機材
バイク      ANCHOR XR9

コンポーネンツ   SHIMANO XTR
ハンドル     SHIMANO PRO
ステム SHIMANO PRO
ペダル      SHIMANO XTR
シューズ    SHIMANO SH-XC90

ヘルメット KOOFU  スペシャル・チームカラー(U23チャンピオン仕様)
グローブ     Kabuto PRG-3(レッド)

ウエア     Wave One レジェフィット

サングラス OAKLEY Racing Jacket
         レンズ positive red

サプリメント  SAVAS(株式会社明治)
レース中:SAVASスポーツウォーター 
               ピットインリキッド
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

photo_R.jpg