contents

14/04/24

TOUR DU LOIR ET CHER 第3~5ステージ

TOUR DU LOIR ET CHER

【参加選手】
1 内間 康平
2 MONIER DAMIEN
3 寺崎 武郎
4 椿 大志
5 初山 翔
6伊丹健治


【第3ステージ】SAVIGNY SUR BRAYE - VENDOME 208.0Km
アンカーまたも敗北!

伊丹健治選手。毎日がバイクぺーサーだったらしい。
1491737_1428784500709901_9042566190676421427_n.jpg


Tour du Loir et Cher、今大会最長の第3ステージ。
いつも通り前半から11人の逃げが決まり、アンカー勢は1人も逃げに送り込む事が出来ず最悪な展開となる。しかも今大会初めてタイム差が最大8分以上まで開き、勢いのある逃げグループは衰えずにタイム差は縮まらない。後半から康平を最後のゴールスプリントで勝負させる為に、健治、翔、大志が他チームと先頭に加わり追撃を挑むが、最終的に4人の選手に逃げ切られアンカー敗北に終わる。
このレースでアンカー勢は何ができるのか、第4ステージこそ一番登りが厳しいステージ、果たして実力は発揮できるのか?

【成績】
1位, BRIGGS Graham, Rapha Condor JLT. 04h56’40''
2位, MYGIND Rasmus, Team Trefor - Blue Water. +0’’
3位, VAN GOETHEM Brian, Metec - Tkh Continantal Cycling. +0’’

27位, UCHIMA Kohei, Bridgestone Anchor Cycling Team. +1’03"
98位, MONIER Damien, Bridgestone Anchor Cycling Team. +1’03"
132位, HATSUYAMA Sho, Bridgestone Anchor Cycling Team. +5’42’’
139位, TSUBAKI Takero, Bridgestone Anchor Cycling Team. +6’01"
149位, ITAMI Kenji, Bridgestone Anchor Cycling Team. +7’ 31’’


【第4ステージ】ANGE - ANGE 165.0Km
第4ステージ、康平が不発に終わる。

スタート前の選手達
1926842_1427228527532165_7383104181982283720_n.jpg

Tour du Loir et Cher、今大会アンカーが狙っていた第4ステージ。
スタートして直に山岳賞があり、ゴール迄に葡萄畑を登る箇所が多い難関ステージ。ダミヤン、翔、健治で積極的に展開し逃げに乗る作戦でスタートするが上手く行かない。集団のペースが驚くほど速く、しかも道が狭いために苦戦するアンカー、その中で最後のゴールスプリントの為に足を貯めていた康平が上手くメイン集団に残る。最終周回に入りスプリントに挑む康平だったが、登りと位置取りで足を使い切り不発に終わり3秒遅れの55位でゴール。

【成績】
1位, GULDHAMMER Rasmus, Team Trefor - Blue Water. 03h53’06''
2位, MALDONADO Anthony, AVC Aix en Provence. +3’’
3位, MENUT David, E.C. Armée de Terre. +3’’

55位, UCHIMA Kohei, Bridgestone Anchor Cycling Team. +3"
100位, MONIER Damien, Bridgestone Anchor Cycling Team. +13’34"
106位, HATSUYAMA Sho, Bridgestone Anchor Cycling Team. +13’34’’
107位, ITAMI Kenji, Bridgestone Anchor Cycling Team. +13’34 ’’
タイムオーバー, TSUBAKI Takero, Bridgestone Anchor Cycling Team.


【第5ステージ】BLOIS VILLE - BLOIS 97.0Km
康平がまた不発に終わるが、手応えあり。

今回スプリンターを勤めた康平。マシンはRMZを使用。
10308168_1428851197369898_7152085210678380448.jpg

Tour du Loir et Cher、長く厳しかったレースも今日が最後。
アンカーの作戦は康平のゴールスプリント一本に絞りスタート、そしてレース前半の展開も決まったように数人の逃げが形成され、それを1分前後で泳がせる集団。アンカーのアシスト勢は、常に康平が良い位置で走れる様に助け、特に最後の集団ペースアップ時で如何に康平が足を使わずに好ポジションをキープ出来るかが本日のキーワードであった。ラスト3周で集団が一つになり位置取りが活性化、そこで康平は上手くポジションを落とさず周回をこなす、そしてラスト1周でも絶好のポジションで入った康平だが、残り500mで先頭にでてしまい最後の300mは完全に失速してしまう。今日は残念ながらアシストとの連携が後もう一歩の所でアンカープレーは崩れてしまった。
今回このレースでアンカーが学んだ物は多い、高いレベルの壁、戦略等、これから課題になる物は山程ある。これを機にさらに強くなる事を目指し走っていくアンカーを宜しく。

【成績】
1位, GULDHAMMER Rasmus, Team Trefor - Blue Water. 02h08’05''
2位, EISING Tijmen, Metec - Tkh Continantal Cycling. +0’’
3位, BARBERO CUESTA Carlos, Euskadi. +0’’

71位, HATSUYAMA Sho, Bridgestone Anchor Cycling Team. +20’’
73位, UCHIMA Kohei, Bridgestone Anchor Cycling Team. +20"
93位, MONIER Damien, Bridgestone Anchor Cycling Team. +49"
105位, ITAMI Kenji, Bridgestone Anchor Cycling Team. +2’38 ’’

【総合成績】
1位, BRIGGS Graham, Rapha Condor JLT. 19h36’01''
2位, MYGIND Rasmus, Team Trefor - Blue Water. +08’’
3位, VINTHER Troels Ronning Team Cult Energy Vital Water. +54’’

51位, UCHIMA Kohei, Bridgestone Anchor Cycling Team. +1’39"
92位, MONIER Damien, Bridgestone Anchor Cycling Team. +15’39"
101位, ITAMI Kenji, Bridgestone Anchor Cycling Team. +23’ 56’’
109位, HATSUYAMA Sho, Bridgestone Anchor Cycling Team. +39’44’’