contents

15/02/09

アンカーチーム初戦「ツール ド フィリピン(UCI2.2)」総合優勝


レース名 : Le Tour de Filipinas
カテゴリー : UCI 2.2 ASIA TOUR
開催日 : 2015年2月1〜4日
開催地 : フィリピン、バターン州
距離:STAGE1 - BALANGA TO BALANGA BATTAN 126Km
   STAGE2 - BALANGA TO IBA, ZAMBALES 154.70Km
   STAGE3 - IBA TO LINGAYEN 150.10Km
   STAGE4 - LINGAYEN TO BAGUIO CITY - VIA KENON ROAD 101.70Km
   Totale Distance : 532.20Km
結果:総合優勝 トマ ルバ
   総合3位 ダミアン モニエ

s_10334266_1551646578423692_885144162141308024_n.jpg


ツールドフィリピン第1ステージ、トマ3位入賞!
【レース解説】STAGE1 - BALANGA TO BALANGA BATTAN 126Km
アンカーチームのシーズンインを告げるツールドフィリピン第1ステージが晴天の中、スタート!バタン半島を反時計周りのコースで、前後半以外はアップダウンの厳しいコースレイアウト。レース途中に通過する町などは交通規制がしっかりされてなく、ヒヤリとさせられる場面もあったが無事通過し、本格的なアップダウンに入っていくと、勾配のキツイ坂が永遠と続き選手を苦しめる。そんな中、ゴールまで60kmを残してトマがアタックを決め2人でゴールを目指す。途中に数人のグループに捕まるが後半には脱落者も多く、最終的に4人のゴールスプリント勝負になり3位でゴール。メイン集団には3分以上の差を付け、トマの総合優勝に向け、好発進となった。
【レース結果】
区間
1位 SHEPPARD Eric, ATTAQUE TEAM GUSTO, 3:16:13
2位 GALEDO Mark John Lexer, TEAM 7-ELEVEN ROADBIKE PHILIPPINES +0"
3位 LEBAS Thomas, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM ”+0"
38位 HATSAYUMA Sho, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +03:16”
40位 MONIER Damien, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +03:16”
46位 TSUBAKI Hiroshi, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +03:16”
51位 TERASAKI Takero, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +08:54”

総合
1位 SHEPPARD Eric, ATTAQUE TEAM GUSTO, 3:16:13
2位 GALEDO Mark John Lexer, TEAM 7-ELEVEN ROADBIKE PHILIPPINES +3"
3位 LEBAS Thomas, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM ”+4"
38位 HATSAYUMA Sho, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +03:26”
40位 MONIER Damien, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +03:26”
46位 TSUBAKI Hiroshi, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +03:26”
51位 TERASAKI Takero, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 09:04”

ダミアンが140kmを逃げ切り、10人のゴールスプリントで4位入賞。
【レース解説】 STAGE2 - BALANGA TO IBA, ZAMBALES 154.70Km
第2ステージは昨日の起伏が厳しいステージ後半を逆走し、ラスト100kmは殆どフラットなレイアウト。前半から積極的に攻めたダミアンは早くも20Km辺りでアタックを決め、最終的に10人程になった逃げ集団は後続集団に2分前後のタイム差を付け展開。残り100Kmを過ぎた辺りからからメイン集団をコントロールするチームがいなくなりメイン集団は完全に諦めたかの様になり、逃げグループとのタイム差は一気に7分以上迄に広がる。
しかしラスト30kmを過ぎた辺りから、優勝候補のイランチームが鬼引きを始めタイム差を一気に縮める。有り得ないスピードで追うイランチームに対して、ダミアンの逃げグループも諦めずにタイム差をキープし、ラスト5Kmでは2分迄に縮められるが逃げ切りは確定。
ラスト4kmで逃げグループからTEAM NOVO NORDSIKの選手がアタックを決め独走優勝。ダミアンもラスト3Kmでアタックするが決まらず惜しくも4位でゴールし、総合成績は8位に浮上する。
【レース結果】
区間
1位 AMBROSE Scott, TEAM NOVO NORDISK, 3:16:13
2位 ORANZA Ronald, PHILIPPINE NATIONAL TEAM, +13"
3位 YEUNG Ying Hon Ronald, ATTAQUE TEAM GUSTO, +13”
4位 MONIER Damien, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +17”
27位 LEBAS Thomas, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +01:36”
30位 TSUBAKI Hiroshi, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +01:36”
38位 HATSAYUMA Sho, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +01:36”
48位 TERASAKI Takero, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +01:36”

総合
1位 SHEPPARD Eric, ATTAQUE TEAM GUSTO, 7:07:31
2位 GALEDO Mark John Lexer, TEAM 7-ELEVEN ROADBIKE PHILIPPINES, +3"
3位 LEBAS Thomas, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +4"
8位 MONIER Damien, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +02:07”
35位 HATSAYUMA Sho, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +03:26”
37位 TSUBAKI Hiroshi, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +03:26”
48位 TERASAKI Takero, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +03:26”

椿が120kmを逃げ切り惜しくもラスト1kmで捕まるが、初山がゴールスプリントで4位入賞。
【レース解説】STAGE3 IBA TO LINGAYEN 150.10Km
第3ステージは前半からアタック合戦となり、アンカー勢も逃げに乗る作戦で積極的に攻撃にでるがマークが激しく決まらない。30kmを過ぎた辺りで集団が一瞬落ち着いた隙に椿が絶妙なアタックを決め、3人となり直ぐにタイム差を付け120km先のゴールを目指す。
メイン集団はリーダーチームとフィリピンチームがコントロールし、タイム差は最大8分迄に広がり逃げ切る可能性は十分。椿も調子は良く、逃げのメンバーは皆、協力的でラスト20kmでもタイム差は3分以上。しかしラスト10kmを切った時点でスプリンターを有するチームがペースアップを図り、タイム差は一気に1分を切ってしまい惜しくもラスト1kmで捕まってしまう。最後のゴールスプリントは初山がチームメイトのアシストを受け惜しくも4位でゴール。残りは山岳ラストステージ、タイム差は4秒で逆転を狙う。

【レース結果】
区間
1位 SALLEH Harrif, TERENGAANU CYCLING TEAM, 3:38:35
2位 SOHRABI Mehdi, TABRIZ PETROCHEMICAL TEAM, +0"
3位 THOMEL Tino, RTS-SANTIC RACING TEAM, +0”
4位 HATSUYUMA Sho, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +0”
9位 TERASAKI Takero, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +0”
19位 LEBAS Thomas, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +0”
35位 MONIER Damien, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +0”
52位 TSUBAKI Hiroshi, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +0”
総合
1位 SHEPPARD Eric, ATTAQUE TEAM GUSTO, 10:46:06
2位 GALEDO Mark John Lexer, TEAM 7-ELEVEN ROADBIKE PHILIPPINES, +3"
3位 LEBAS Thomas, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +4"
8位 MONIER Damien, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +02:07”
20位 TSUBAKI Hiroshi, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +03:23”
27位 HATSAYUMA Sho, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +03:26”
48位 TERASAKI Takero, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +09:04”

ツールドフィリピン第4ステージでトマが総合優勝を決める!
【レース解説】 STAGE4 - LINGAYEN TO BAGUIO CITY - VIA KENON ROAD 101.70Km第4ステージは101.70kmと短いが、登りゴールの難関ステージであり各チームのリーダー勢は逆転を狙ってのスタート。前半から5人の逃げグループが形成され、タイム差は直ぐ5分以上に広がりメイン集団はリーダーチームがコントロール。しかしリーダーチームのスピードは遅くタイム差は広がる一方、ラスト50kmを切った時点でタイム差は8分以上になり、そこでトマの逆転を目指しアンカーチームが主導権を握り寺崎と椿で追走を始める。
絶好調の二人は登り基調にもかかわらず時速50Km以上の鬼引きでタイム差を一気に詰める。最後の峠麓では逃げグループを完全に射程距離内にまでに追い詰めレースを振り出しに戻す。ラスト6kmの急勾配に入った時点でアンカーとイランの正真正銘の勝負が始まり、トマはダミアンと初山のアシストを受けながらイランのアタックに耐え切りゴール。
トマのタイム差は2人に逃げ切られるが僅か42秒差、しかしイランの強豪達と3分29秒のアドバンテージを持っていたトマが今季初レースで初優勝を飾り、アシストに尽くしてくれたダミアンも総合3位に入ることができた。今季初レース初優勝のアンカー、皆様の熱い応援のお陰で勝利を収める事ができました、今後も宜しくお願いします。
Merci beaucoup!!
【レース結果】
区間
1位 POURSEYEDIGOLAKHOUR Mirsamad, TABRIZ PETROCHEMICAL TEAM, 2:54:01
2位 ASKARI Hossein, PISHGAMAN GIANT TEAM, +2"
3位 LEBAS Thomas, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +42”
7位 MONIER Damien, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +54”
29位 HATSUYUMA Sho, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +4'34”
45位 TSUBAKI Hiroshi, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +10'01”
56位 TERASAKI Takero, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +21'51”
総合
1位 LEBAS Thomas, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, 13:40:49
2位 GALEDO Mark John Lexer, TEAM 7-ELEVEN ROADBIKE PHILIPPINES, +1'57"
3位 MONIER Damien, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +02:19”
29位 HATSAYUMA Sho, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +07:18”
36位 TSUBAKI Hiroshi, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +12:42”
52位 TERASAKI Takero, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +30:13”
チーム総合
1位 TABRIZ PETROCHEMICAL TEAM, 41:12:13
2位 BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM, +01”
3位 PISHGAMAN GIANT TEAM, +01:10”