contents

15/11/09

初山、山岳賞で表彰台/2015ジャパンカップ

レース名 : 2015年ジャパンカップ サイクルロードレース in UTSUNOMIYA
開催地 : 栃木県宇都宮市森林公園周回コース
開催日 : 2015年10月18日(日)
距離:144.2km (10.3km x 14周)

ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム 参加選手
西薗 良太、初山 翔、ダミアン・モニエ、トマ・ルバ、寺崎武郎

=========
s_0c8942ab0ecc3f087d74caca493aba00.jpg


宇都宮郊外の森林公園で行われる『ロードレースの祭典』ジャパンカップ。昨日の宇都宮市街クリテリウムでは43000人の観客を集めたジャパンカップ、メインのロードレースは82000人に膨れ上がった。午前10時のスタートゴール脇には観客は鈴なりだが、山岳コース脇では、登りをアタックする選手の息遣いが確かに聞こえる。

s_328c917acde8f615d5d15f8b904154cf.jpg


スタートからダミアン・モニエが飛び出す作戦だった。他のチームも考えは同じだったようで、一気に7名の選手がスタート直後に前に出る。そこに海外チームが集団にフタをしたため、レース直後の登りを終えた時点であっさりと7名の逃げが容認され、そのままレースの大半をリードした。

s_cbd466dddcf812b7b69ef37896dea0fe.jpg


その下りで落車が発生、そこにトマ・ルバが巻き込まれ、その後1周は走るもののリタイア。その後安定した走りを続ける集団に、初山を含む3名が追走集団を作り先頭を取り戻し、そのまま初山は12周目の山岳賞を獲得する。

s_a61db254c6a28004058abe437d1f0529.jpg


その後の下りで初山を含む集団は捕らえられ、新城幸也(日本ナショナルチーム)を含む4名にてゴールスプリントへとなだれ込み、バウケ・モレマ(トレックファクトリーレーリング)が優勝、初山がアジア人3位の成績となる14位でゴールした。

s_82abee5189ed4155d04c1afa1d11b5ea.jpg


前日17日のクリテリウムで絶好調ぶりを見せた初山。前週末、インドネシアでのツールドシンカラ最終ステージにて優勝の表彰台、昨日、今日とも表彰台に上がった初山。その調子の良さは、会場のアナウンスでも伝えられていた。その初山のコメントだ。

------------

ーー昨日の賞に続き今日の山岳賞、狙っていた?

山岳賞を目指して飛び出したのではなく、自分の成績を狙って飛び出したものでした。あくまでも最後の成績を狙うエースとして、作戦を実行しました。

結果として成績にはつながらなかったですけど、決して無駄な動きではなかったと思います。走りについてきた『おまけ』のようなものですけど、もし少しでも多くの人に喜んでもらえたなら、悪くなかったかなと思います。

s_8f401fdbc0ad00b6e0617ce8757d4a94.jpg

ーー12週目で、飛び出したのは

宇都宮ブリッツェンの選手から「アタックするけど」と声をかけてもらって。まだちょっと(タイミングが)早いんじゃないかなと思ったんですけど、行くしかないと。調子は良かったんで、可能性にかけて、勝負しました。

s_34894ca04e9cb1743f280e6a353783fb.jpg


ーー先週末、今週末と、調子がいい

ツールドシンカラでのステージ優勝は、ぼくの中では大きなものです。それに、昨日今日と、狙ったわけではないのに表彰台に上がったというのは、自分に今、なにか、なにかが来てるのかな、とは思います(笑)。

s_140b2fd16a915f0fd707ac22ac24c12f.jpg

------------

チームとしての結果にはつながらなかったかもしれないが、その存在感と感動を示したブリヂストン・アンカー サイクリングチーム。これからも常に熱い走りで感動をお届けする。

s_3a4197e920422d3b27bb02d7f8123155.jpg

==========

リザルト: 2015 ジャパンカップ ロードレース
2015年10月18日(日)

1位 MOLLEMA Bauke/バウケ・モレマ トレック・ファクトリー・レーシング/3:53:40
2位 ULISSI Diego/ディエゴ・ウリッシ ランプレ・メリダ   +0:00
3位 ARASHIRO Yukiya/新城 幸也 日本ナショナルチーム   +0:00

14位 HATSUYAMA Sho/初山 翔 ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム  +01:54
23位 NISHIZONO Ryota/西薗 良太 ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム  +02:03
38位 MONIER Damien/ダミアン・モニエ ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム  +07:43
41位 TERASAKI Takero/寺崎 武郎 ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム  10:51
DNF LEBAS Thomas/トマ・ルバ ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム