contents

16/02/10

2016チームプレシーズン合宿初日

2016-02-10_10-56-57.jpg


本日、チーム合同合宿がスタートしました。合宿は、アンカーラボ本部からおよそ50kmほど離れた峠での、登り練習を2度行うことから始まります。峠までの途中、EQUASエカーズ浅田監督のチーム練習とすれ違いました。


2016-02-10_11-23-49.jpg

登り始めには「レーススピード? ノ〜」なんて言っていたトマ・ルバ(写真右)。トマは昨晩10時に日本に着いたばかり。慌ただしく準備し午前10時にスタート。最初は新顔の鈴木龍に前を引かせた5人のチーム員でしたが、トイレ休憩の後は本格的にトマが引き始めます。

2016-02-10_11-05-28.jpg


2016-02-10_12-09-03.jpg


レーススピードはノーだ、と言っていたトマでしたが、斜度が上がっても速度は落ちることはありません。久しぶりに会ったトマに「カラダ絞れてるね」と声をかけたら、「まじめに仕事してるからね」と答えました。

そのうち井上和郎、椿大志と遅れはじめます。ツールドフィリピン(正式名称は、ツール・デ・フィリピナス)には出場しない井上と椿の二人は、2月末からのクロアチアでの開幕に体を合わせているのでしょう。

2016-02-10_12-09-03.jpg


トマと鈴木、そして来日直後のダミアン・モニエの3人が、頂上までスピードを上げます。監督も開発陣も、スプリンターである鈴木がこんなに登れるなんてと、あらためてその調子を開幕戦に合わせて上げてきた鈴木のポテンシャルに驚きます。


頂上が近づき、いよいよウィンドブレーカーの前を開けたトマがダンシングを始めます。そこに付いて行くのがダミアン、ぎりぎりまでついていった鈴木でしたが、頂上近くでちぎられてしまいました。


そんなふうに、アンカーのシーズンは動き出しました。合宿の次に控えているのは、2月15日のチーム発表、チームブリヂストン アンカー サイクリングチームのプレゼンテーションです。