contents

16/03/23

【トルコ/イズミール Salcano MTB Cup #1 2016】沢田時レポート

UCIポイントを重ねるべく、トルコ遠征にてMTBレースを転戦するブリヂストン アンカーMTBチーム、沢田時よりレポートが届きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大会名: Salcano MTB Cup #1 – Izmir
開催日:   2016年3月20日
開催場所:  トルコ・Izmir https://goo.gl/maps/AKqYPwAiTZ72 周辺
カテゴリー: UCI Class1
リザルト: 16位
天 候:   晴れ
コースコンディション: ウェット

前戦のアダナのレースから2週間。
トルコ イズミルで開催されたUCI Class1のレースに参戦してきた。


Photo from
http://bisiklet.gov.tr/izmir-mtb-cup-yarislari-20-03-2016/

前回はキプロスの疲労を引きずっていたため調整メインの練習をこなして慌ただしくレースに臨むことになったが、現在は合宿地でもあるトルコの環境にも慣れたことで充実した生活と練習を行なうことができている。やはり幸平さん、星矢さんと一緒にトレーニングできることで得るものは非常に多い。この2週間で順調に調子を上げることができた。練習で上手く走れていることで、一番大切な自分に対する自信も出てきているように感じる。

合宿地からレース会場までは600km近い距離があったため余裕を持って金曜日に移動し、土曜にコース試走を行なった。自然の地形を生かしたシングルトラックと町中のアスファルトを組み合わせたコースで、長い登りと下りが2回ずつ。雨の影響でコースの至るところに水たまりがあって走りにくいが、固い石に覆われた路面が多いために深いマッドコンディションにはならないと予想した。いつも通りの機材セッティングでレースに臨んだ。スタートループを含む5周回のレース。

スタートは3列目から。今回はUCI Class1のレースということで前戦のアダナと比べると選手の層が厚くレベルの高いレースとなる。スタートループは下りを含む緩やかなアスファルトであるのでロードレースのように集団で展開。MTBだと一番重いギヤであっても36T×11Tという組み合わせの選手がほとんど。40km/h以上のスピードが出ればどの選手も脚が回り切っているので、それほどスピードは上がらない。ただシングルトラックの手前では位置取りのためにペースが上がるのは間違いないので、そこまで脚をためておく予定であった。


Photo from
http://bisiklet.gov.tr/izmir-mtb-cup-yarislari-20-03-2016/

しかしここで問題が発生。自分はシングルトラックの入り口を実際よりも手前にあると勘違いしており、早い段階で前に上がり過ぎてしまった。勘違いに気づいた頃に集団はペースアップを始め、2番手の位置から一気に抜かれる。無駄に脚を使った上にシングルトラックの位置取りも10番手ほどと出遅れてしまった。レース役員にスタートループを教えてもらったのに。。まあ運が悪かったということで切り替えるしかない。

シングルトラックの中は予想以上に濡れていて後輪のトラクションがかかり難く、前の選手がバランスを崩すたびにバイクを押して走る状況。そうするうちにトップ集団とどんどん差が開いてしまう。焦っても仕方がないのだが、焦らないと前にはいけない。国内のレースであれば2周目から自分のペースで上げていけばいいのかもしれないが、そんな走り方はここでは通用しない。強引にでも前に上がっていく。

2周目までは10位前後の位置で走れていたが、3周目から5人ほどの集団に付いていけなくなって一気に順位を落としてしまう。本来重いギヤで押し切らなければならない路面でも、トルクがかかっておらずにミスの多い走りとなってしまっている。心拍は落ち着いてしまっているのだが、脚が動かない。完全に調子の悪い時の兆候であるが、単独での走行となってしまったことで悪いリズムから立ち直ることができない。最終周回に一つ順位を落とし、UCIポイントも獲得できない16位という結果に終わってしまった。

スタートループのミスはあったものの、序盤は良い走りができていた。前戦のアダナでも中盤のペースダウンが課題だと感じていたが、今回も同様な課題を突きつけられてしまった。スタートからのペースはそれほど速くは感じないのだが、なぜか中盤に余裕がなくなってしまう。シクロクロスのような短い高出力を何度も発揮する能力はこの冬でかなり向上したが、その感覚があるがために登り口で踏み過ぎてしまっているのかもしれない。短い登りであれば問題ないのだが、長い登りであれば頂上付近で失速してしまっており、全体のペースを上げられていない。

レース中であれば実力を出し切るためにパワーを抑えるようなペース配分も考えなければならないが、練習では今持っているパワーを少しでも長く継続していくことを目標にしてトレーニングしていきたい。練習で力を付け、レースでは最も効率良くその力を発揮する。このことを意識しながら、残り2週間となったトルコ合宿と遠征最後にあるイスタンブールでのUCIレースをしっかりと走り切りたいと思います。

BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM
沢田 時

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー