contents

16/04/22

【ツール・デュ・フィニステール】トマと鈴木が先頭集団でゴール

レース名;ツール・デュ・フィニステール2016(Tour du Finistère)
UCIカテゴリー:1.1
日時:2016年4月16日(土)
開催地:フランス/ カンペール
距離:192.9k
ブリヂストン アンカー サイクリングチーム出場選手/
井上和郎、内間康平、鈴木龍、椿大志、初山翔、ダミアン・モニエ、トマ・ルバ

cyclisme-un-petit-tour-et-s-en-vont_2856148.jpg


写真は
http://www.letelegramme.fr/finistere/pleyben/cyclisme-un-petit-tour-et-s-en-vont-18-04-2016-11034630.php
より

4月16日に開催された、ツール・デュ・フィニステール(Tour du Finistère)に、出場しました。このレースは、例年4月中旬、フランスはカンペールで開催される、ワンデイレース。UCIカテゴリーは1.1、1986年から開催されている、歴史あるレースです。

各国の強豪チームも多く出場するこのレースは、前半から積極的にアタックが繰り返され、コンディションの悪い選手が少しずつちぎれていくという、地脚が求められる展開となりました。北フランスならではの丘が続く地形のコースで、その丘に差し掛かるたびと行ってもいいほどアタックがかかります。先頭が後方を振りちぎるかのように、集団は長く分断。すべてのライダーに、とても厳しい展開となりました。ブリヂストン アンカーの選手たちも、高いスピードを維持するメイン集団から遅れては追いつき、といった具合に苦しいレースを強いられます。

レース終盤は、カンペールの町周辺に設置された5kmほどの周回コースを、クリテリウムのように5周ほどする設定。ここからが本格的なサバイバルとなります。この終盤に差し掛かるまえに集団は一気にペースを上げ、このスピードに対応しきれなかったチーム員はここで一気に離れ、レースを降りることとなりました。

ゴールラインに向け本気となった一団に残ったのは、トマ・ルバと鈴木龍の2名。高いスピードの中、この2人で協力し合う体制は取りにくく、それぞれが残った脚で勝負をかけることとなりました。登り基調でのゴールスプリントの中、最後まで食らいついたものの、2名は勝負に絡むことはかなわず、それでもゴールスプリントに向かった集団の一部としてゴールを果たしました。

ゴールでの動画です。Ligue Nationale de CyclismeのYoutubeより。トマが22位、鈴木が37位にてゴールしています。


「ヨーロッパで最初の年であるにも関わらず、鈴木が勝負を挑める位置まで残り続けられたというのは、大変評価できるものです。最後の最後の真剣勝負に持ち込むまでは、まだ少し経験が足りないとは思いますが、ここからレース本番での地力を重ねていけば、今後に大きく期待できます」と水谷監督は、鈴木の走りを評価します。

そしてその鈴木を超えて、ゴールスプリントへの『勝ち逃げ』集団にまで喰らいついていたトマは、UCIポイントを獲得、今シーズンの仕上がりの良さを、少しずつではありますが、証明しています。

また内間康平は、春先特有のアレルギー症状に悩まされ、ここのところ、なかなか全開で戦うことができません。調子が上がりつつある初山翔は、このレースを「全く踏めなかった」と振り返っています。

「トマと鈴木の2人は今のところ、1クラスでも通用する選手であるというのが確かなものとなりました。今後はこの2人の力と同じくするよう、チーム全体のバランスが取れればいいのかなと思っています」(水谷監督)

【リザルト】

04/16/2016 - Tour du Finistère (1.1)
1 PLANCKAERT Baptiste Wallonie - Bruxelles 4:34:55
2 DUMOULIN Samuel AG2R La Mondiale +0:00
3 GENIEZ Alexandre FDJ +0:00
22 LEBAS Thomas/トマ・ルバ Bridgestone Anchor Cycling Team +0:00
37 SUZUKI Ryu/鈴木龍 Bridgestone Anchor Cycling Team +0:22
DNF INOUE Kazuo/井上和郎 Bridgestone Anchor Cycling Team -
DNF TSUBAKI Hiroshi/椿大志 Bridgestone Anchor Cycling Team -
DNF UCHIMA Kohei/内間康平 Bridgestone Anchor Cycling Team -
DNF HATSUYAMA Sho/初山翔 Bridgestone Anchor Cycling Team -
DNF MONIER Damien/ダミアン・モニエ Bridgestone Anchor Cycling Team -