contents

16/06/01

【2016 ツアーオブジャパン】04 いなべステージ 130.7km

レース名:ツアーオブジャパン 2016
日付:2016年6月1日(水)
開催地: ステージ4 三重県いなべ市
 阿下喜駅前→下野尻交差点→農業公園(梅林公園)周回コース
 <パレード2.8㎞> + < 9.1㎞ + 15.2㎞ x 8周 = 130.7㎞>

13307274_1713571172231231_3080367572675629683_n.jpg


4日目を迎えたツアーオブジャパン。レース展開も大きく動かず、ゴールスプリント勝負に持ち込まれることが多かったここまでの4ステージ。ここで海外・イラン勢が動きました。

風の強い一日であった第4ステージ。一部細く集団が分裂するようなポイントがあるものの、
レース序盤から、モハンマド・ラジャブルー選手(ピシュガマン サイクリングチーム)メヘディ・ソフラビ選手(タブリーズ シャハルダリ)、佐野淳哉選手(マトリックス・パワータグ)の3名がアタック。集団はじわりと差を詰めつつもこの3名の逃げを容認し、一時は7分までタイム差は広がります。

その後、佐野選手は落ちていきましたが、ラジャブルー選手、ソフラビ選手はペースを緩めず、その後のいくつかのアタックもかわしてゴールに飛び込み、ラジャブルー選手が勝利を収めます。

ブリヂストン アンカー サイクリングチームは、この序盤での3人の逃げにタイミングを合わせ追走を載せられず、またその後のアタックも成功することなく、不完全燃焼なステージとなりました。

レース中盤の動向を決定する第4いなべステージでしたが、イラン勢2名の活躍が目立った一日となりました。第5ステージ、飯田はアップダウンも多く、通年、力の差がでるステージです。ここでブリヂストン アンカーは、とにかく前に出て、積極的なレース展開から勝利をもぎ取るという心づもり。飯田第5ステージでは、なにか大きな動きが見られるかもしれません。


【リザルト】
ツアーオブジャパン 第4ステージ いなべ
開催日:6月1日(火)
距離: 130.7km

1 モハンマド・ラジャブルー ピシュガマン サイクリングチーム 3:23:25
2 メヘディ・ソフラビ タブリーズ シャハルダリ +0:00
3 ダニエル・アレクサンデル・ハラミリョ +0:49

10 トマ・ルバ ブリヂストン アンカー サイクリングチーム +0:49
19 西薗良太 ブリヂストン アンカー サイクリングチーム +0:49
27 初山翔 ブリヂストン アンカー サイクリングチーム +0:49
55 内間康平 ブリヂストン アンカー サイクリングチーム +02:49
55 ダミアン・モニエ ブリヂストン アンカー サイクリングチーム +02:49
67 井上和郎 55 内間康平 ブリヂストン アンカー サイクリングチーム +11:21