contents

17/04/14

【ツール・デュ・ロワレシェール】ステージ1 欧州レース参戦の難しさ

レース名 : ツール・デュ・ロワレシェール(Tour du Loir et Cher) 第1ステージ
カテゴリー : UCI 2.2
開催地 : Blois › Mont-Près-Chambord
開催日 : 2017年4月12日
距離 : 154.5km

ブリヂストン アンカー サイクリングチーム 出場選手:
石橋学、大久保陣、面手利輝、鈴木龍、堀孝明、ダミアン・モニエ



フランス中部にあるロワール地方にて行われるステージレース、ツール・デュ・ロワレシェール(Tour du Loir et Cher)にブリヂストン アンカー サイクリングチームが出場しました。

フランスでのレース出場は、BGTチームにとっては、活躍と修行、両方の意味合いを持たせた参戦となります。

「世界レベルのロードレースで直面するさまざまな厳しい状況。これらを備えたフランスでのUCIレースを数多く経験することで、あらゆる局面に耐えられる身体と精神を備えてほしいと考えています」(水谷監督)



そのレース名にも冠されるロワール=エ=シェール県は、自然豊かで美しい地域です。「フランスの地方」という言葉でイメージされる風景をそのまま体現するような地形が続きます。

それはすなわち、幹線道路ではなく生活道路が続く、起伏の少ないフラットな地形ということ。道は太くなり、細くなり、左右に振られるワインディングのような箇所も多く点在します。こういった地形を読み、予測し活かして走らないことには、結果長く棒状になる集団の前に位置することすら難しくなります。

単に坂を登れる、直線で速度を保てる、といったフィジカルな面だけではなく、自身の強いポイントを活かせる場所に居続ける、という感覚的な勝負強さも必要となります。一言でいうと「総合的なバランス」、となりますが、つまりはこういうことです。

その第1ステージでは、上記のような地形の利と運を活かしきれた7名の選手たちが逃げを決め、そして逃げ切りました。終盤に発生した集団の落車にて、集団は大幅にスピードを落とし、逃げを捕まえきれませんでした。

こういったことが起こるのが、欧州ロードレースの常識です。予定調和ではなく、ハプニングをも見越した走りを行う。その地力こそが必要とされるのです。しかしこの7名の勝ち逃げに、BGTは選手を載せることが出来ませんでした。最高位は、集団でゴールした鈴木龍の33位。

必要とされたのは、並み居る強豪チームを封じつつ集団をコントロールし、スプリンター選手をゴールスプリントに絡ませること。アジアツアーではその動きを行えるBGTチームですが、欧州レースでは、まだその力を発揮しきれていません。

「強豪を相手に集団をコントロールすること。これを実行できる脚と経験、感覚を養いつ付ければ、不可能だと思っていたことも、可能になる。これは明らかな事実であり、この事実を、とにかく選手は理解し、試みて、実現してもらいたい」と水谷監督は、必要なステップを一歩ずつ重ねることの大切さを、繰り返し説きます。


その集団落車に、堀孝明が巻き込まれました。堀は左腕を骨折し、ここでレースを終えました。フランスで手術を行う予定です。

堀の心情については、追ってご報告できるかと思います。



【リザルト】
2017/04/12 - ツール・デュ・ロワレシェール
第1ステージ 
58th Tour du Loir et Cher (2.2)
Stage 1 » Blois › Mont-Près-Chambord (154.5km)

1 SHAW Damien An Post Chain Reaction 3:32:23
2 ROSTOLLAN Thomas Equipe Cycliste Armée de Terre +0:04
3 VAN RHEE Joey Destil - Jo Piels Cycling Team +0:07
33 SUZUKI Ryu/鈴木龍 Bridgestone Anchor Cycling Team +0:47
39 OMOTE Toshiki/面手利輝 Bridgestone Anchor Cycling Team +0:47
142 ISHIBASHI Manabu/石橋学 Bridgestone Anchor Cycling Team +0:47
149 OKUBO Jin/大久保陣 Bridgestone Anchor Cycling Team +0:47
153 MONIER Damien/ダミアン・モニエ Bridgestone Anchor Cycling Team +0:47
DNF HORI Takaaki/堀孝明 Bridgestone Anchor Cycling Team -