contents

17/06/03

【ツール・ド・熊野2017】01ステージ/BGT攻めるも大久保は4位に


(MS)


レース名:ツール・ド・熊野 Tour de Kumano
開催日:2017年6月1日(木)〜4日(日)
6月2日 第1ステージ 赤木川清流
開催地:和歌山県〜三重県
距離:114.1km

Photo: Hideaki.TAKAGI (HT)、Midori SHIMIZU (MS)

ツール・ド・熊野、第1ステージ。大久保陣、鈴木龍がゴールスプリントに挑むグループで走り続け、鈴木のアシストで大久保が勝負に挑みましたが、4位となりました。悔しい1日となりました。



先頭:大久保陣 (HT)

「今日は大きな逃げが決まるかもしれない」との水谷監督の推測、スタートしてみればその通りとなり、序盤から18名からなるグループが逃げを確定。その中にBGTことブリヂストン アンカー サイクリングチームのチーム員4名、石橋学、西薗良太、鈴木龍、大久保陣がいます。これは大きく有利な展開となりました。



先頭:石橋学 (HT)

途中石橋が落車を喫してしまい先頭から脱落、3名となりましたが、途中の山岳賞ポイントを鈴木龍が2度とも獲得。まずは確かな動きを見せています。そして終盤までこのままの形で推移します。



鈴木龍 (MS)

そしてラスト8km、なかなか速度が上がらなかった後方メイン集団は、このままでは前方グループに追いつけないことが判明。ここから先頭グループの動きが活発になり、ホセ・ヴィンセント・トリビオ選手(マトリックス・パワータグ)が渾身のアタック。それにBGTの3名はうまく対応しきれず、最期のスプリントに脚を貯めていた大久保も積極的に動かざるを得なくなりました。



(HT)

それに加え、ゴール直前での大久保へのマークは厳しく、鈴木が懸命にアシストしたものの大久保の脚は少し足りず、4位という結果となりました。

「ただ、勝負に出て実際に勝てる場所にいることは評価したいです。勝利が手に届く場所にいれば、勝利は手にできますから」(水谷監督)



山岳賞ジャージ獲得:鈴木龍 (MS)


【リザルト】第1ステージ 赤木川清流

1 入部 正太朗(シマノレーシングチーム)2:33'30"
2 阿部 嵩之(宇都宮ブリッツェン)+0:00
3 ホセ・ヴィンセント・トリビオ(マトリックス・パワータグ)+0:00
4 大久保陣(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:00
7 鈴木龍(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:00
13 西薗良太(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:00
38 面手利輝(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+1:22
61 石橋学(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+1:22
76 ダミアン・モニエ(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+1:22



(MS)


総合順位

1 入部正太朗(シマノレーシング)2:34:12
2 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)+0:03
3 オスカル・プジョル・ムニョス(チーム右京)+0:07
4 鈴木龍(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:07
6 大久保陣(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:09
9 西薗良太(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0:12
46 面手利輝(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+1:33
66 石橋学(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+1:35
67 ダミアン・モニエ(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+1:35


(MS)

山岳賞 総合
1 鈴木龍(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)4pts