contents

18/05/14

【Jプロツアー 第8戦】宇都宮ロードレース/窪木、力及ばず14位に

レース名:第2回宇都宮ロードレース
開催日:2018年5月13日(日)
開催地:栃木県宇都宮市 宇都宮森林公園 特設コース
コース長:6.7km x 14周 = 93.8km
チーム ブリヂストン サイクリング参加選手:
 石橋学、大久保陣、窪木一茂、原田裕成、堀孝明

photo: Midori SHIMIZU



(窪木一茂のゴール)


宇都宮市を舞台としたJBCF・Jプロツアー・第8戦。ツアー首位であった窪木一茂はこのレース14位、リーダージャージ『ルビーレッドジャージ』を手放すこととなりました。



(中央右:窪木)


『第2回宇都宮ロードレース』として開催されたJプロツアー第8戦。日本最大級のワンデーレースである『ジャパンカップ』でも利用される宇都宮森林公園の特設コースをアレンジした形で走ります。

コース総長は93.6kmと短め。ジャパンカップと同じスタート・ゴール地点から、少し登ったあたりを最高地点として下りが始まり、一気に下りきってから上下にうねる平地を超え、スタートまで登り返します。

天候は雨予報。夕刻から雨との予報でしたが、結局午前中から軽く雨は振り、レース中盤には本格的に振り始めました。



(中央左:大久保陣、中央右:堀孝明)


レースの速度は早い段階から、激しく上がりました。レース解説は「序盤から前方にいないと、振り落とされてしまうコース」と言っています。

その通りスタート後から前方に出来た集団は、選手の数を減らしたがるかのように高いペースを保ち、序盤から周回ごとに、後方選手の数は減っていきます。

14周の周回、4周目に鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)と安原大貴選手(マトリックスパワータグ)2選手が逃げ出し、そのまま差を広げるのに成功。そのまま6周ほどふたりで逃げ続けますが、追走する集団もそのペースを緩めることなく、1分以上の差を付けさせません。



(左、石橋学、右:大久保)

この追走集団のペースアップにチームブリヂストンから貢献したのが堀孝明と石橋学でした。積極的に前に出て先頭を引きます。

大久保陣は前方に位置し、最後局面での窪木と2名での攻撃に向け、常に前方で待機しています。原田裕成は、なかなか集団後方から上がれず、8周目を終えた時点でレースを下りることとなりました。



(左:石橋、右:堀)


そして10周目、集団は先行する2選手を吸収し逃げ切りを阻止。レース終盤に向かって、集団から飛び出したい各選手のアタックが始まり、先頭集団は細く長く、そして人数を減らしていきます。

このアタックの中で石橋、そして堀が先頭に躍り出て、窪木と大久保を含む最終先頭を作るべく全力を尽くしますが、二人を確固とした先頭にできる前に力尽き、堀と石橋は後方へと下がっていきました。



(堀)


雨は本降りとなり、レースも残り2周を残したあたりで、11名の選手が先頭集団を作り上げました。残念なことにここにブリヂストン選手はいません。しかし、先頭を追走する5名のグループに窪木がいます。その差10秒ほど、先頭は見えていますが、追いつきません。

レースはその後、先頭集団の最終週の登り直前で、土井雪広(マトリックスパワータグ)のアタックに反応した増田成幸選手(宇都宮ブリッツェン)が土井選手を置き去りにし、そのまま独走、優勝のゴールへと飛び込みました。

窪木は先頭グループから1分ほど遅れたグループでゴール、14位という不本意な結果に終わります。ただ、レース後の窪木の前輪からは、大幅に空気が抜けていました。スローパンクでした。


今日のレース、ブリヂストン選手たちは前半から積極的に仕掛けていきましたが、力及びませんでした。次のレースは、日本最大級のステージレース『ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)』です。大阪に始まり8日間をかけ東京へと東行しながら戦いの舞台を毎日変えていきます。

TOJを走るチーム ブリヂストン サイクリングの選手たちへ、ぜひ彼らの名前を呼び、『ブリヂストン!』と激を飛ばしてください。皆さまの熱い声援が、ブリヂストン選手をさらに力強く走らせる力となるからです。


【リザルト】 第2回 JBCF 宇都宮ロードレース 2018年5月13日

1 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) 2:19:54
2 岡篤志(宇都宮ブリッツェン)+0:15
3 入部正太朗(シマノレーシング)+0:17
14 窪木一茂(チーム ブリヂストン サイクリング)+1:08
46 堀孝明(チーム ブリヂストン サイクリング)+7:59
49 大久保陣(チーム ブリヂストン サイクリング)+8:50
-- 石橋学(チーム ブリヂストン サイクリング)DNF
-- 原田裕成(チーム ブリヂストン サイクリング)DNF