contents

18/06/13

【Jプロツアー第10戦】那須ロードレース、巧みなチーム連携で橋本を2位、窪木を3位に

レース名:第2回 JBCF 那須ロードレース/Jプロツアー第10戦
開催地:栃木県那須郡
開催日:2018年6月10日(日)
コース長:7.2km x 15周=108km

チーム ブリヂストン サイクリング参加選手:
石橋学、一丸尚伍、大久保陣、窪木一茂、近谷涼、橋本英也、原田裕成、堀孝明

photo: Satoru KATO // Midori SHIMIZU // Team CAMERA



Jプロツアー第10戦となる那須ロードレース、最大選手登録枠である8名出走となったチーム ブリヂストン サイクリング。チーム員それぞれの持つ地脚を存分に駆使し、優勝こそ逃したものの、橋本英也を2位、窪木一茂を3位とし、窪木はツアー首位となりました。



当日は朝から風のない雨。1周7.2kmのコースは、前半は下り基調、後半はアップダウンを繰り返し、残り1kmからゴールまでは、緩やかに登り続けます。



肌寒さを感じる雨の中スタート、このコースを15周する108km。パレードを終えリアルスタートとなると、主導権を握るべくアタックの応酬が始まります。



(大久保)


参加枠最大の8名選手を擁したチーム ブリヂストン サイクリング、前半は大久保陣、堀孝明がこの繰り返されるアタックに積極的に反応。数名の逃げに乗って飛び出しては、逃げを嫌う今日の集団が吸収、を繰り返します。



(堀)


途中、スプリント力もある近谷が逃げに乗り飛び出す。



(近谷)

下りでのチーム全体のペースアップを一丸尚伍と原田裕成が担い、集団をほぼ掌握。



(原田)



補給所のあたりでは、集団が1つに。



(飯島)


チームがまとまって、『必ず、絶対に、千切れんなよ』と強く言い合います。



レース2/3を終え、残り6周、横山航太選手(シマノレーシング)が逃げ出し、それを石橋学が追う形で飛び出します。

そこにシマノレーシングの入部正太朗選手が乗り、3選手の逃げが決まります。



「今日はこのまま逃げ切って勝つと思いました」(石橋)



(石橋)


集団との差は一気に30秒まで開き、その後1分近くまで開きます。


「正直、今日は、全日本選手権に向けた調整という意味合いもあったので、脚を溜めるというより自分で狙う感じでガンガンいきました」(石橋)



シマノレーシングと2対1とはいえスタミナ野郎・石橋は力強く、横山選手は千切れて後退。

シマノ対ブリヂストン、2名が先頭、石橋の予想通りの展開に。



「チームは安心。全員を先頭に固めて、この後の展開について話し合いました。『今日はマナブの日だな! 勝たせてあげたいな!』と談笑も。『追いついたら全員で10着に入るぞ!』とも」(窪木)



しかし最後の上りを前に二人のペースが落ち、同時に集団のペースが上がっていました。ゴール前2km、逃げ切りを目指した二人はゴール前の上りで集団に吸収されます。

その集団前方には、石橋の渾身の逃げにより他チームよりも脚を溜めながら、全体を掌握したブリヂストン選手が多く控えています。



会場のアナウンスも、「チームブリヂストンには、多くのスプリンターが残っています」とその名前を数え上げます。登り切りで窪木がチェックに入り、集団がまとまって勝負は集団スプリントへ。



「前に残った橋本と話した。『エイヤ行ってくれ!』『オッケ!』エイヤは言い放ってゴールに向けて独走態勢。後ろは牽制。もらったと思いました」(窪木)




しかし結果は、橋本の後ろから刺した木村佳祐選手(シマノレーシング)の勝利。橋本は2位に、そして窪木は3位に。



「ラスト1km位で、木村さんがアタック、僕がそれに反応します。それで前に出たところで、そのまま直前までずっと前のまま引かされてしまいました。相手が1枚上手でした」(橋本)



(中央;橋本、右;窪木)


「最後は悔しいかったですが、トラブルなく2人が表彰台というのは良かったと思います。本当に、チームのメンバーがみんなすごい動いてくれて、最後は石橋さんの逃げでコントロールできましたし。本当にいいチームだと思います」(2位・橋本)

「全員で完走し走りきる事で、チーム全員で次なる目標へとステップアップ、スモールステップで進んでいけると思う。だからこそ、チーム競技である自転車ロードレースは面白いですね。勝ちこそなかったけれど、全員で戦ったと感じられた、今期最高のレースでした」(3位・窪木)



「前半、どこかで乗ろうと代わる代わるみんなで逃げて、マナブが最後に逃げてくれ、結果他のメンバーがみんな残ってスプリントに備えられました。全日本選手権に向けて、いいイメージが作れました」(7位・大久保)

「いつもは吸収されたあとなどに途中で終わってしまうのですが、今日は先輩方が逃げに乗ってというのもあって、最後まで粘りました。アドバイスもいただけましたし、良かったです」(8位・近谷)



「代わる代わるみんなでアタックして、その一人当たりの負担が少なく最後まで体力は残ったし、最後は石橋さんが逃げてくれたり、チーム的に機能した1日だったなという印象でした。なんというか、楽しかったです」(28位・原田)

「雨が好きなので、まずはいい一日でした(笑)。最後の上り坂はちょっときつかったですが、集団の前に入られました。窪木さんの指示を聞き、チームのために動けたかと思います」(32位・一丸)



「今日は良いタイミングで逃げていけて、勝負の仕方もあるなと思っていたので。自分で狙っていくという勝負の仕方でガンガン走っていました。もう少し上げて狙えたかなというのもありましたが、そこは課題ですね。ただ全日本に向け、気持ちのアドバンテージというか、余裕を持たせることができたと思います」(46位・石橋)

「最後、僕はメカトラで完全に止まってしまって遅れてしまいましたが、前半は逃げに積極的に乗っていきました」(52位・堀)



(左:橋本、右:窪木)


窪木はこの3位で、Jプロツアー・ポイント首位となり、リーダージャージの『ルビーレッドジャージ』を獲得しました。


今日のチームは、本当に全員が、その特性を活かした走りを見せました。すべてのチーム員が自らの勝利を目指しながら、その動きを別のチーム員が受け取りつなげていく。選手資質に互いに敬意を払いながら、それを利用し己の勝利も狙う。

そういったチームの動きを、チーム選手たちは感じ、そしておそらく観客の方々にも感じていただけたのではないでしょうか。

ここから、大切な2週間となります。次週は全日本選手権・個人タイムトライアル(6月17日/石川県・志賀町宿女)、続くに全日本選手権・ロードレース(6月24日/島根県・益田市)。日本チャンピオンの称号を獲得できる大会です。チーム ブリヂストン サイクリングは、共に頂点を狙います。

皆様の熱いご声援を、現地にて、Facebookにて、http://facebook.com/team.bridgestone.cycling/ よろしくお願いいたします。



(左から:飯島、堀、一丸、原田、石橋、近谷、窪木、大久保、橋本、六峰)



【リザルト】 2018/6/10 第2回那須ロードレース

1 木村圭佑(シマノレーシング)2:32:08
2 橋本英也(チーム ブリヂストン サイクリング )+0:00
3 窪木一茂(チーム ブリヂストン サイクリング )+0:00
7 大久保陣(チーム ブリヂストン サイクリング )+0:02
8 近谷涼(チーム ブリヂストン サイクリング )+0:02
28 原田裕成(チーム ブリヂストン サイクリング )+0:11
32 一丸尚伍(チーム ブリヂストン サイクリング )+0:26
46 石橋学(チーム ブリヂストン サイクリング )+1:38
52 堀孝明(チーム ブリヂストン サイクリング )+3:32