contents

19/05/24

【TOJ2019】第6・富士山ステージ/ヒルクライムステージで石橋12位、総合順位を上げる

チーム ブリヂストン サイクリング 公式Facebookはこちら

レース名:2019 ツアー・オブ・ジャパン /第6・富士山ステージ 
開催日:2019年5月24日(金)
開催地:静岡県小山町・ふじあざみライン
UCIカテゴリー:2.1
コース長:36.0km =(パレード 6.2km)、8.5km+8.3km+19.2km
TEAM BRIDGESTONE CYCLING 参加選手:石橋学、窪木一茂、黒枝士揮、徳田優、平塚吉光、孫崎大樹

photo: Midori SHIMIZU

ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)第6・富士山ステージ、ヒルクライムのステージにて、TEAM BRIDGESTONE Cyclingの石橋学が12位となりました。目標としている総合順位を24位から11位まで上げる走りでした。



TOJ 第6・富士山ステージは、上りヒルクライムステージです。東京2020オリンピック、ロードレース競技のゴール地点である富士スピードウェイからふじあざみラインを登り、標高2000mまで登ります。

ほぼ上りだけのコースであるため、選手間のタイム差も大きくなりがちです。そのため個人総合成績を狙う選手が着実にタイムを狙い、そしてここでの好タイムは総合成績に大きく影響します。



(石橋)


TEAM BRIDGESTONE Cyclingでは、石橋がそう。上りが得意なクライマー資質の石橋は今日が一つの勝負どころ、着実なタイムを出して、総合順位争いを有利にしたいところです。

平均斜度10°、最高斜度22°のふじあざみラインを20kmほど登る、個人の脚質に関わるコースとはいえ、通常のロードレースと同じくチーム間の戦略は駆使されます。

パレードスタートは須走の商店街から始まり、リアルスタートは富士スピードウェイ内。


この外周周回コースを2周してからふじあざみラインに向かうのですが、先頭付近で登り始めるのがやはり有利。そこで周回中には、孫崎大樹、窪木一茂を中心にチームで位置取りを行い、石橋は先頭付近で登り始めます。



(平塚、徳田、孫崎)


「ステージ優勝狙いの選手に喰らいつくのではなく、総合上位を狙う選手たちのパックから遅れないように、を意識して走りました。コース途中の急勾配までは無理せずに、後半は(傾斜が)緩くなってなってくるので、もし遅れていたら切り詰めて稼ぐということを考えていました。

最後はパックがバラけていくのは想像できていたし、実際そうなっていったので、最後は自力の走り、自分の走りに切り替えたという感じです。

本当はもう少し前に行きたかったですし、まだ行けるかなとも思ったんですが、明日明後日のことも考えて走りました。体は結構動いていたので、明日の修善寺ステージもいい感じで走れると思います」(石橋)



(石橋)

明日の第7・伊豆ステージは、今日の富士山ステージに引き続き、TEAM BRIDGESTONE Cyclingのホームステージとなります。

昨年に静岡県三島に本拠地を移転し、伊豆周辺にて練習を積むTEAM BRIDGESTONE Cycling。ありがたくも少しずつ増えてきた地元の方々の声援に応えるためにも、日本サイクルスポーツセンターでの優勝を目指します。



(左から平塚、窪木、黒枝、石橋、徳田、孫崎)


【リザルト】ツアー・オブ・ジャパン 第6・富士山ステージ 2019/5/24

1 クリス・ハーパー(チーム・ブリッジレーン)1:222:24
2 メトケル・イヨブ (トレンガヌ・INC.・TSG・サイクリング・チーム)+0:28
3 ベンジャミン・プラデス(チーム右京)+0:43
12 石橋学(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+1:52
41 平塚吉光(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+10:15
57 孫崎大樹(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+14:15
71 徳田優(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+26:01
79 窪木一茂(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+28:52
82 黒枝士揮(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+32:43

*個人総合順位
1 クリス・ハーパー 13:50:42
2 ベンジャミン・プラデス +0:45
3 メルケル・イヨブ +0:46
11 石橋学(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+2:10
51 孫崎大樹(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+29:35
56 平塚吉光(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+34:18
61 窪木一茂(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+43:33
80 徳田優(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+1:19:22
81 黒枝士揮(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+1:22:03

*チーム総合
1 マトリックスパワータグ 41:37:28
10 TEAM BRIDGESTONE Cycling 42:14:40


(平塚)